2007/1/31

年齢偽って不妊治療を受けた女性、67歳で双子を出産  ニュース

 昨年末、67歳で双子を出産して
世界を驚かせた女性が、自分の歳をごまかして治療を受けていた ことが明らかになったそう。

というより、67歳って出産可能なの? そっちの方がびっくり。
どう考えても閉経を迎えているだろうし、生理がないってことは妊娠しないはずなのでは・・?

 英国のタブロイド紙『ニュース・オブ・ザ・ワールド』によると、カルメラ・ボサダさんは自分の年齢を、病院の定めた体外受精の年齢制限である55歳と偽り不妊治療を受けたんだそう。

ボサダさんは、昨年12月29日、無事、双子を出産。

年齢について、特に身分証明書の提示は求められなかったとのこと。
それにしても12歳もさば読めるなんてたいしたもの。

 治療にあたった『パシフィック不妊治療センター』は、今回コメントに応じなかったが、彼女を治療したことは認めている。

 同センターによると、34歳未満の女性の治療成功率が56%なのに対し、43歳以上はわずか2%だという。

 ボサダさんは、スペインの自宅を3万ポンド(約700万円)で売却し、そのお金を元に渡米、治療を始めた。

卵子ドナーは「茶色い髪の可愛い18歳」、
精子ドナーは「金髪に青い目のイタリア系アメリカ人

両方とも、カタログの写真を見て選んだの

     不動産の雑誌を見て、家を選ぶのに似ていたわ」とボサダさん。

   これって、小説やテレビドラマの中の話ではないってことが怖い。
 
  結婚はしたくないし、夫も要らない、でも可愛い子供は欲しい。
  そういうキャリアウーマンがどんどん増えているという。
  そして精子はカタログから選んで出産。
  勿論、アメリカの話。

治療は,ホルモン投与から始まり、閉経後18年経っていたボサダさんに生理がきた。
その後、一回目の体外受精で妊娠した、ということらしい。

   閉経後18年、それでもホルモン投与すれば、生理ってやってくるのね〜。
   凄い、としかいいようがない。
   

 過去最高齢での出産となった彼女だが、シングルマザーとして双子の子供を育てることに心配はまったくないと言い切る。

あたしの母は101歳まで生きたの。
きっと私も長生きするわ」、と。





0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ