2007/3/30

オーストラリアまで届く日本の電波  不思議なできごと

おとといの夜のことである。
今日の新聞に載っているんだって!娘から電話があった。

先日記事にも書いた、ヒルトン・インターン・プログラムで娘が取り上げられた記事のこと。テレビは見逃したから、なんとしてでも新聞は見なくちゃ・・と思ってた。

でも、次の日も、次の日も全然載っていなかったのである。
1週間が過ぎ、2週間目、もう諦めていた。新聞も買うのをやめた。

よかった!
買いに行かなくちゃあ。
ところで、今何時? 9時10分前? 急がなくちゃ。オーストラリアは5時にお店が閉まる。でも、スーパーは9時まで開いている。
よし、10分ある。急いで車を飛ばせば間に合う。

ガレージのシャッターを開けようとしたら、
「こんな時間にどこへ行くつもり? って主人。
「こんな時間っって、まだ9時前よ
「ナニ言ってるの!! 10時前だよ!
 ????

....そうなのである。
またも私は日本の自分の電波時計を見て、判断してしまったのである。

この日本で買った電波時計、明石の標準時間を電波でキャッチして、常に正確な日本時間を刻んでくれる優れもの なのである。
が、それはあくまでも日本での話。

まさかオーストラリアにまで、その電波が届くとは思ってもみなかった。
こちらは日本時間より1時間早い。でも、いくら調節しても、だめなのである。必ず日本の電波をキャッチして、日本時間に戻ってしまう。

いつもは、この時計は1時間遅いのだと自覚しているが、時々忘れてしまう。
まさに、その日がそうだった。

でも、遅くまで開いているガソリンスタンドで、なんとか買うことが出来た。娘の写真も載っていた。
やれやれ・・・。やっと手に入れた写真をながめながらため息。

この電波が届くのなら、日本のテレビ電波も届いて欲しいな〜、って思っている人は私だけではないはず・・。
0

2007/3/29

オトコの美学はHappy Feet  ひとりごと

少し前にオーストラリアで 上映されていたHappy Feet

小さな体でちょこちょこ歩き、どこかユーモラスなイメージのあるペンギン。実は今年のアカデミー賞で、長編アニメ賞をゲットしたのが『ハッピー フィート』という皇帝ペンギンのアニメなんだそうです。

春休みに入った日本では、丁度上映され、話題になっていることでしょう。

アニメなので、全然興味なかった私。
でも、今日 柾さんのブログに書かれているこの記事を読んで、その映画を見なかったことを後悔しています。

皇帝ペンギンって、凄いんですね。
特にオスのメスや子供に対する熱い愛情。 
もう、読んで涙が出ちゃうほど感動しました。

以下、柾さんが書かれた記事です。

皇帝ペンギンは歌う(鳴く)ことで求愛 し、つがいとなるのだけれど、『ハッピー フィート』の主人公マンブルは歌が上手に歌えない。代わりに彼の熱い想いを表現する“心の歌”は、ステップを踏むこと。そんなマンブルが仲間に災いをもたらすと考えた長老たちは、彼を追放するのだが…。

皇帝ペンギンは、マイナス40度にも達する過酷な南極の大自然で一生を過ごす。そんな極寒に暮らす彼らに会えるのは日本ではたった2施設のみ! そのうちの1つ、名古屋港水族館の鈴木さんに特異的な皇帝ペンギンの繁殖についてお話を伺った。

「皇帝ペンギンは、歩いて何日もかかる棚氷と呼ばれる海上に突き出た氷の上で冬場に繁殖します。卵を産んで体力を消耗したメスが先に海までエサをとりに行き、オスが65日間卵を温め孵化させます」

海から遠く離れた繁殖地まで移動し、産まれた卵を孵し、戻ったメスと交代してエサにありつけるまで、オスの絶食期間は半年近く にもなるそう。

なんというストイックさ! 卵を産むという大役を果たした女性を気遣い、自らの命を賭して新しい命の誕生に全力投球する、素敵な漢の心意気じゃありませんか。

「ブリザードになると、巣を持たない彼らは体を寄せ合う『ハドル』で寒さをしのぎます。風があたる外側のペンギンは体力を消耗するので、中ほどにいるペンギンと位置を交代するんです。冬に繁殖するのは、ヒナが独り立ちする時にエサが豊富な季節と重なるようにするため なんですよ」(同)

映画の中でも描かれている、彼らの家族愛と仲間意識、忍耐力にホント脱帽です。そんな彼らが歌って踊る冒険アニメ『ハッピー フィート』。
 

観たら元気のパワーをもらえちゃう そうです。

実は、私はこの皇帝ペンギンを実際に見た事があるんです。
メルボルン沖フィリップ島で。

夕方になると、南極から泳いで皇帝ペンギン達がやってくるんです。私達観光客はビーチでじっとそれを見守っているのですが、
もう、そのしぐさの可愛いこと。凄く小さいペンギンなんです。私達の腰のあたりぐらいまでしかない。ちょこちょこ歩く姿はもう抱きしめたいくらい可愛かったです。

勿論その時はそんなこと知らなかったから、ただ可愛いで終わりましたが、もし知っていたら、きっと涙がでるほど感動しただろうな、って思います。

この話を聞いて、またフィリップ島へ皇帝ペンギンに会いに行きたくなりました。

私達人間は、もっともっと動物達から学ばなければいけないことが、いっぱいありそうですね。

0

2007/3/28

パソコンのスピードチェックができる  お知らせ

このところ、PCでダウンロードすることが多くなり、どうもパソコンのスピードが遅くなった気がする。凄く時間がかかるし。

そんな時、

>>あなたの速度はどのくらい?  
このサイトでは大型ファイルをダウンロードすることにより、FTTH・ADSLなどのブロードバンドの接続速度が測定できます。 っていうサイトを見つけた。

で、早速やってみた。

     ■あなたの回線速度は

【スケボー級】 213 k
小さめのサイズの動画ならこのスピードでOK? 乗り物に例えると、それなりに遊べるけどスピードとしてはまだまだなスケボーといった感じでしょうか。  

試しに自分もパソコンのスピード測定をしたい人は、是非やってみて下さい。

                http://www.speedtest.jp/
          
0

2007/3/27

未来都市ドバイに建設されている、世界一高いビル  ニュース

以前から話題になっている世界一の高層ビルブルジュ・ドバイ」。
2008年に完成予定高さは800メートルを超える予定だとか。実に東京タワーの2倍以上。

クリックすると元のサイズで表示します

先日未来都市は日本だと言う記事を書いたけど、私は正直、ドバイが1番なのでは?って思った。とうのも、最近のドバイの開発は度肝を抜かれる斬新さだから。

初めて海に浮かんだ人口島を見た時、それが実際にドバイに存在するリゾートアイランドとは想像も出来なかったくらい。
今ドバイが熱い!

ドバイのことを全然知らなかったっていう人もいたので、写真で紹介します。

どう見ても、映画のセットのようですよね
 
クリックすると元のサイズで表示します


↑ デザインは砂漠の花と呼ばれる青ヒヤシンス」をイメージしているそうですよ。

きっとトップの階からなんて、目がくらんで下なんて見えないでしょうね。東京タワーの上でさえ、ガラスの上には立てないもの。

内装はジョルジオ・アルマーニが担当するとのこと。また、1階から37階はホテルになるそうです。

ビルが完成したら、このホテルに泊まってみたいものです。
きっと日本から観光客がどっと押し寄せるのでしょうね。

これからの海外旅行は、ドバイ?




0

2007/3/26

真夜中のプチ家出  家族

日本では大学生でも、もまだ親のすねをかじっている人が多い。
私もそうだったけど、授業料だけでなく、生活費とお小遣いを毎月仕送りしてもらっていた。周りのみんながそうだったから、それが当たり前だと思っていたし、何も疑問に感じなかった。

が、それが当たり前のことではないと知ったのが、アメリカに留学した時。アメリカ人のほとんどの学生が、自分で授業料もお小遣いも稼いでいた。生活費までも自分で払っていた人もいた。
それはかなりカルチャーショックだった。
でも18歳、もう大人なんだから、それは当然だよね、って思った。
その時思ったのは、自分の子供が生まれたら、そういう自立ある子に育てよう、と。

だから、日頃から娘には、「18歳になったら,大人として認めるし、自分の責任の取れる範囲なら、何をしても親は何も言わない。但し、親として経済的援助はもうしないから、欲しいものがあったら自分でバイトして買うように! 
と言ってきた。
オーストラリアでは18歳から大人として認められる。日本は20歳だけど)

実際、主人も高校卒業した時点で、親から一切の経済的援助は受けなかったらしい。ヨーロッパでもそれが当たり前だ、と。尤もドイツの場合、大学は一切費用がかからないらしい。全て国立と言うこともあるけど、授業料はおろか、本代も要らないらしい。尤も大学の数が少ないので、狭き門らしいけど。

確かに日本では親が子供にお金をかけすぎると思う。でも私もそういう環境で育ったので、親子関係に関しては、ヨーロッパで育った主人とは多少違う。

だから、娘には授業料だけは出すことにした。で、後は娘がバイトで全てまかなっていた。

、今学期、規定の4科目から、6科目に増やし、バイトする時間ががあまりないから、お小遣いを欲しいといってきた。
4科目でも凄く大変なのに、6科目と言うのは凄く大変なのは知っているので、考えてもいいかな〜って思った時だった。

「だって、みんなお小遣い貰ってるんだよ。
「えっ、みんな、って誰?
「日本の大学生
 
プチン! (私は切れた)



続きを読む
0

2007/3/24

こんな犬、欲し〜い!!  お気に入り

クリックすると元のサイズで表示します


       I was feeling a little nosey today,
     So I thought I would look in on you and see
     If you are sitting at your computer.

     Yup, there you are!

     Have a Great Day!




これ、うちの主人が仕事中にメールで送って来たんだけど、あんまり可愛いんで公開しま〜す。

よく仕事中に面白いメール送ってくるんだけど、時々全然面白くないのもあるんですよね。面白いネタは、職場でまわるそうなんだけど、私はほとんど笑えない・・。
ヤッパリ外人と笑うつぼが違うのかな〜、なんて思ったりする。
なにしろ吉本の笑いで大きくなった関西人の私は、どうも主人の職場の人達が面白いと言う笑いについていけない。
(何でこんなんで笑えるんだろう・・・、って) 汗

昔、みんなが笑っているところで笑えなかったのは、単に英語が理解できなかっただけと思っていたけど、それだけではなかったのよね
言っている英語が理解できルようになった今でも、みんなが爆笑しているところで時々笑えないことがある。
(なんで?)
(それって、そんなに面白い?)
(何も大爆笑しなくても..)っていう場面に出くわす。

尤も、同じ日本でも、関東と関西で笑いが違う。
お笑い芸人が、大阪で大うけしたネタを東京でやったら、シラ〜と場がしらけたと言う話もよく聞い。当然反対もあるだろう。

アメリカングラックジョークも、時々全く笑えない。


でも、このワンちゃんのメールだけは文句なしに、大うけ。可愛いのひとこと。
なんか、まるで生きているみたい。
0

2007/3/23

ヒルトンホテルでのインターンシップ・プログラム  オーストラリアの学校生活

先週の火曜日のことである。
夕方私の携帯に11回ものmisssed callがあった。
何事? 全て娘からの電話だった。

その日、娘は朝からヒルトンホテルに行っていた。
今学期、ヒルトンホテルでのインターンが決まっていたのである。
2名づつ受け入れてもらえるらしい。去年、大学で学内選考があり、だめもとで受けた。社会経験がある2年生以上の学生が対象だったから、新入生の娘は対象外だった。

だが、選ばれた。
多分、娘が日本語と英語両方話せるということで高得点を得たのだろう。ケアンズでは日本人観光客が経済を支えているみたいなものだから、日本語を話せるスタッフは貴重なのである。
勿論英語は当然話せなくてはいけない。スタッフのほぼ全員は外人だから。

大学で選ばれた後は、更にヒルトンホテルで面接がある。
他の学校や職場からの応募者もいるので。
その日、私は娘を車で送っていった後、また迎えに来るのも面倒なので、ロビーで面接が終わるのを待つことにした。

そこに面接する女性がやって来た。

「お母さんも、どうぞ!

「え?

親が子供の面接に立ち会うなんて聞いたことないので、あせった。

「いえ・・、私はここで待っていますから

「どうぞ、どうぞ・・・

「はあ〜

何度かの押し問答の末、私はすたすたついて行くしかなかった。

出来たらそんな面接とか緊張する場面は避けたかったのだが。なにぶん、もし落ちたりしたら、わたしのせいにされそうだもの。 くわばら、くわばら。

ところが、オーストラリアの面接なんて、リラックスそのもの。
面接する人も日本のように威張ってないし、上からの目線で話したりもしない。
世間話の延長のようなリラックスした感じ。当然笑い声もよく聞こえ・・・。日本と全然違うなってしみじみ思った。

「合格すると思う?   と、娘。

「さ〜。

後日合格の電話をもらった時は、二人で跳び上がって喜んだ。
ヒルトンホテルでインターンができるということは、いいキャリアになるし、どんな授業より勉強になるはずだから。
さて、私が見逃した娘からの電話は、実は凄く重大だったのである。

なんと、その日のTVの6時からのニュースに娘が出た のである。
ヒルトンのインターンシップ・プログラムの特集が組まれていたらしい。それを知らせる為に何度も電話をしてくれたらしい。

が、その日に限って携帯を持っていなかった。そういうものである。
TVのニュース見たかったな〜。 残念・・・。
結局うちは、娘も夫も誰も見ていない。

翌日、大学の教授からTVを見たと言われたらしい。
結構いっぱい出てたらしく、よかったよと言われたらしいけど、緊張してた娘はさっぱり覚えてないとか。
でしょうね。前もってTV取材があると言ってくれてたら、言いたいこととか考えてたでしょうけど、いきなりではね〜。
まして英語。わたしなんて緊張して英語出てこないはず。

ケアンズポストという新聞にも載るらしい、というので、次の日、早速その新聞を買った。
ーーーーない。 なんで?
次の日? 次の日もなかった。
3日目は買うのをやめた。ひょっとして3日目に載ってたりして・・・。だったら涙。

というわけで、我が家ではだれもそのニュースも新聞記事も見てないのです。
誰か見た人いる?
ーーーーいないよね。

日本の父に電話してそのこと伝えたら、父曰く、
「お〜、こっちで映っとらんかったぞ。

あの〜、お父ちゃん、オーストラリアのテレビ番組、日本では見えないから。


0

2007/3/22

ClustrMapsって凄く面白い!  パソコン・インターネット

ClustrMaps をブログに貼って一週間あまりがたった。
世界地図にどんどん赤い点が広がっていく。

へ〜、こんな国やこんな都市からも私もブログを読んでくれている人がいるのね〜、ってびっくり。

でも、不思議、地球が凄く狭く感じられる。
こうなったら、国境なんて取っ払っちゃえ〜!って思うんですけどね。

同じ地球上に住んでいる、同じ人間なのに、
国が違うと言うことだけで、他国を訪問する時には必ず要るパスポート。
ビザがいるところだって多い。
そんなもん、全〜部無くなったら、どんなにいいか。

私達日本人はラッキーなことに、どこの国にも行こうと思ったら、行けないことはない。本当に有難いことだ。

いまや、世界一周旅行する日本の若者も凄く増えた。いろんな情報が簡単にインターネットで手に入るようになって、行きやすくなったってこともあるけど、ビザなしでは入れる国も多いのも確かだ。
ところで、日本とオーストラリア、親交が厚い。なのに観光ビザが必要なのは納得いかない。もうそろそろビザなしで入国できてもいいんじゃない、って思うんだけど。

何でも中国人はビザなしでオーストラリアに観光できるようになったとか
今やオーストラらリアにとって、中国は資源をいっぱい買ってくれる大得意様だからね。オーストラリアの今の好景気はそのおかげ。当分続きそうである。

でも、これ以上中国人の団体旅行客、増えて欲しくないんですよね。はっきり言って、中国人はマナーが凄く悪い。それは旅行業界で定評。
その為、北京オリンピックの開催も危ぶまれているとか。

話がそれたので戻して、(私の話はよく反れる)
このブログにアクセスしてくれている人の中には、NZや東南アジア(インドネシア・中国カンボジア)やグアム、ハワイ、カナダ、中米に住んでいる人もいるんですよね。
本当に驚きです。

日本、アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパの人はいつもコメントしてくれているので知っていますが、それ以外の国からも読んでくれている人がいるって言うのは凄く嬉しいです。

このブログは私の記事より、みなさんのコメントの方がはるかに面白いし、勉強になります。最近、新しくコメントを書いてくださる方が増え、ますます嬉しく思っています。


0

2007/3/20

こんな勘違いしたくない、B.Y.O.Bの巻  英語

B.Y.O.
これってオーストラリアではよく聞くし、よく目にする言葉。。
日本ではどうなんでしょう・・?

アメリカでも聞かれると思うけど、私が住んでいた時には聞いたことがなかった。だって、オーストラリアに来て初めて知ったくらいだから。

B.Y.O, すなわち Bring Your Own.
B.Y.O.B. Bring Your Own Bottle (Booze 口語で酒のことらしい).
レストランの看板とかにB.Y.Oと書かれていたら、飲み物持込OKなのである。
よく飲む人には嬉しいですよね。オージーはよく飲むから、これ、必要かも?

B.Y.O.F と書いている場合もあるらしい。
これはパーティの招待状とかに。
Bring your own food. の略。
食べ物もちよりのパーティ、これ、こっちでは結構よくする。
ポットラック・パーティ (potluck)と言う。

さて、勘違いの話だけど、
カナダに住んでいるある日本人女性が、カナダ人の友人からパーティに招待された。招待状の最後に、このB.Y.O.B.と書かれてあったけど、何もわからなかった。
で、いろいろ考えた挙句に思いついたのが、
Bring your own boyfriend.
当日、ボーイフレンドと一緒に出かけて、初めて自分の勘違いに気づいたそう。

まあ、外国ではカップルで参加することが普通だから、そう考えるのも無理ないけど、
やっぱり、わかんなかったら、聞いたほうが無難だよね。

・・・こんな勘違い、したくない、と思った私でした。
0

2007/3/17

海外で紹介された、居眠り大国、日本  ニュース

クリックすると元のサイズで表示します

この写真、お馴染み、日本の通勤電車内の風景。
私達日本人は見慣れているから、さして驚かないと思うけど、

でも、この写真が海外で紹介されたとなると、話は別。

これ、ヨーロッパ在住のウサギさんがブログ内で公開してくれた新聞記事なんだけど、丁度ドイツ語で書かれてあったので、主人に訳してもらった。

日本人に居眠りの仕方を習おう(見習おう)、っていう意味のことらしい

主人は昼間からとても寝れないという。まして人前では。
そういえば、居眠りって外人はあんまりしないよね。
英語でnapっていうけど、あんまり聞かないな〜。

尤もオーストラリア人は早寝、早起き、凄く健康的な生活しているから、あんまり疲れて居眠り、なんてこともないんでしょうけど。

でも、疲れている時は、昼寝って凄くいいみたいですよね。

ウサギさんが書かれていることには、

西洋人は大概各々が寝室を持っているけれど、
日本人はかなり大人になってまで両親と一緒に住み、
あまりプライベートもないので、他人に寝顔を見られるのも
日本では恥ずかしいことではないんですって。
恥ずかしいから、こっちの人って寝なかったのかぁ。


でも、主人が言うには、電車内で居眠りが出来るのは、日本だからだろう、って。
つまり、外国では、特にヨーロッパでは電車内で居眠りなんぞしようものなら、目が覚めめた時には自分の持ち物がなくなっているはずだから、って。

それと、公共の場所で無謀にも居眠りすると言うのは、決して礼儀正しいことだとはいえない、と。
だから、たいていの人は、少しぐらい疲れていても、我慢して、頑張って人前で寝ないようにするんだって。
勿論、よほど疲れていたら、そんなことも言ってられないんでしょうけど。でも、実際寝てる人はあまり見ないとのこと。

それにしても、この写真を見たヨーロッパの人、びっくりしたでしょうね。
尤も、それだけ日本は安全ってことも言えるけどね。



2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ