2007/4/5

ノーパン健康法  心と体

先日ある記事に、ノーパン健康法が書かれていた。

私はてっきり、下着をつけないで生活する健康法かと思っていた。
だから男性はいいとしても、スカートをはく女性はどーするんだろう?ってちょっと気になった。

、どうやら違うらしい。

ノーパン健康法とは、寝る時に何も着ないで寝る健康法
つまり下着に締め付けられることなく、せめて寝ている間は身体を解放しよう、っていうことらしい。

これ、うちの主人、やっているんですよね。
っていうより、子供の頃から、寝る時は何も着ないで寝るのが習慣だったらしい。それは大人になった今でも変らず。それが当たり前だと思って育ったので、むしろパジャマとか着て寝ると寝られないらしい。

まあね、熱い夏とかは涼しくていいけど、これ、寒い冬でも同じなんです。寒い、寒いと良いながら何も着ないんですよね。何も着ないで震えている・・。何か着れば?って思うんですけどね。(笑)


それで思い出したけど、アメリカの大学寮に住んでいた時、私達日本人留学生の間でこの事が話題になった。


というのも、友達のルームメイトの一人が、寝る前に、目の前で服を全部脱いで寝るというのだ。
いくら女同士と言えど、全くの赤の他人の前で、全裸にはなれない。ましてや、寝てる時どんな格好で寝てるかわからないし・・・・。

「そんなの、恥ずかしくて寝れないよね。

って言うのが、私達全員の一致した意見だった。しかも秋、すでに涼しくなっていた時期だったし。 私達の誰もが、寝る時に全裸で寝る人の話を見たり聞いたりしたことが全くなかったので、かなりの衝撃だった。

生活習慣の違い? 考え方の相違? いやはや・・・といった感じだった。
結局そのルームメイトは、真冬もずっとその寝方を通したらしい。やっぱり子供の頃からそうだったから、それが普通なんだと。

考えてみれば、裸に対する意識の違いって、私達アジア人と欧米の人たちとは、随分違うように思う。

例えば。着替える時、私達は、例え女性同士でも後ろ向きで着替えたりするけど、外人は正々堂々と前向きで着替える。全然気にしてない。
まあね、バスとに自信があるからってこともあるかしれないけど。
・・・ いえ、多分、自然の姿なんだから別に隠さなくてもいいんじゃない?っていうことらしい。


だから、ヌーディストビーチが世界中いたるところにあって、そこで平気で全裸でビーチにいられるんですよね。

そういえば、、オージーの中には、家の中で全裸で過ごす人もいるらしんです。友人が昔、一軒の家を10人でシェアーして住んでいた時、その中の何人かの男性は全裸で家の中をよく歩いていた、と。

まだオーストラリアに1度も来たことなかった昔のことだったので、一体オーストラリアってどんな国なんだろうって思いましたよ。




続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ