2007/5/2

オーストラリアの救急車のこんなアイデアに感動!  オーストラリアの生活

オーストラリアの救急車。
よく見ると、AMBULANCE の文字が変でしょ。
これ、なんでか知ってます? 凄いアイデアだなーって思って。

クリックすると元のサイズで表示します


運転中に後ろから救急車が来た場合、バックミラーで見ると、ちゃんと正常な文字に見えるように工夫されているんです、って。日本ではどうなんでしょう。

でも、救急車ってあんまり見ないです。オーストラリアでは。
というのも、日本と違って、救急車は無料ではないから、余程の重症でない限り利用しないもの。大抵の国がそうですよね。無料の日本の方がむしろ珍しいくらい。

日本では無料と言うこともあって、そんなに重症でなくても、タクシー代わりに使う人もいるそうですけど。
オーストラリアでは救急車を使うとかなり高いと聞いているので、まだ使った事はないです。なんでも250ドルとか300ドルとか。3万円前後でしょ。余程の事がない限り、海外では救急車のお世話にはなりたくないものです。

以前に庭で水やりをしていた時、ぎっくり腰になったことがあるんです。もうね、1センチ歩くのも涙が出るほど痛くて。勿論、日本に住んでいたら、即救急車呼んでます。
でも、あまりに高い救急車使用料に、ぐっと我慢して、タクシーで行きました。タクシーの中で座っているのつらかったです、ホントに。

オーストラリアでは救急病院って凄く少ないんです。だから20キロ離れた病院まで行かないと行けなかったんですね。
しかも、病院に着いて、目が点に! まあ、待合室には凄い人。これ、日本でも同じかしらね。受付で、自分の番が来るまでに、少なくても3.4時間は待たないといけない時かされた時は、もう倒れそうでした。
だって救急でしょ。そんなに待ってたらしょうじょう更に悪化するじゃないですかー。受付で文句言ったけど、ラチ明かなかった。(当然)

救急車で来ると、直ぐ看て貰えたらしい。
え〜〜〜!! でしょ。
オーストラリアの救急病院の実情を知らなかった私は、ココで救急車で来なかった事を後悔したが、後の祭り。5時間くらい待たされたのかな〜。恐怖の5時間だった。
(こんなの救急じゃない、こんなの救急じゃない)って、ぶつぶつ言いながら・・。

海外にお住みの方、もしもの時のために、救急病院の場所と状況をチェックされることをお勧めします。
死ぬような思い、私だけで十分です、ハイ。

     

          人気ブログランキングへ
             クリックすると元のサイズで表示します
救急車に乗らずに頑張った私に、クリック、よろしくお願いします。
  海外ブログ のランキングにも参加しています。



続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ