2007/5/22

日本の知力崩壊が始まった、というニュースを読んで。  ニュース

情報に強い優秀な人材はいまどんどん外資系企業に引き抜かれつつある。今年、東大の情報系のいちばん優秀な人材が集まっている情報科学科の修士課程卒業生のトップグループはドサッとまとめてグーグルに抜かれてしまったという。

あのNHKのドキュメンタリーにもあったが、いまグーグルは世界中の優秀な人材をかき集めているところなのである。

と言う、立花隆さんの書かれた記事を読んで、日本の将来に不安を感じ始めた。

日本の情報産業の弱さとして、プログラミングの水準の低さがあることは前から指摘されていたが、全体の水準が低いところにもってきて、若手の優秀な人材がどんどん抜かれてしまうのだから、日本の情報産業に未来はないという結論になるそうだ。

基本的な頭の働かせ方が大問題。
つまり、日本の小中学校の数学の水準を上げるところからはじめるしかないだろう、と。

プログラミングというのは、それに必要なのは高等数学の知識というより、数学的にものごとを考えられるかどうかという基本的な頭の働かせ方らしい。

コンピュータのプログラミングの要点は、いかにすれば複雑な計算を分解して単純な計算の集積に変えてしまうかを考えるところにある

・・と難しいことを言われてもよくわからないが、少なくても今の日本の学習方法を続けていたら、情報分野で世界に勝てないと言う事は明らからしい。

そういえば、ITに強いインドの数学、びっくりさせられる。以前に電車の中でインド人の家族と友達になり、小学生だった娘とそのインド人の女の子がなにやら算数の話を始めた。その子は娘に「この問題解ける? と数式を書いてきた。 その子は二桁の掛け算もいとも簡単にやってのけた。 何でも二桁(どこまでの二桁かわからないが)の掛け算を暗算で出来るように学校で習ったとか。 九九を覚えただけの日本人と数学レベルとはレベルが違うって事を始めて思い知らされたのだった。

コンピュータはかけ算すら足し算の繰り返しとして計算する。そういう数学の基礎中の基礎をちゃんと理解しているかどうかが最も重要なのだ。いいかえれば小中学校時代に算数・数学の基礎をしっかりやらせるかどうかが決定的に重要なのだそうだ。

日本の国力の基礎部分が崩壊しつつある
ところが、ゆとり教育のせいか、あるいはそれ以前の問題からか、いま日本の大学生の多くが小中学校レベルの算数・数学すらできないほどに基礎数学力がダウンしているんだそう。

問題はもはや、情報産業とかプログラミングの世界の問題ではない。日本の国力の基礎部分が崩壊しつつあるという問題なのだ。

小中学校レベルの算数すら十分にできない連中が大学にゆうゆうと入ってきて、その欠落を補うこともなしに、そのまま社会に送り出されてゆくというレベルの大学がゴロゴロあるという国に日本がなってしまっているというところが問題なのだ。そういう連中があと10年もすれば日本の各界で中堅的担い手として登場してくる。そんな国に未来があるわけがないではないか。

そう、立花さんは結論付けられている。



続きを読む
0

2007/5/22

skypeを使って語学学習  英語

「語学を学びたい人同士をマッチングさせる」というサービスを提供しているMixxer

        クリックすると元のサイズで表示します


まず自分が「教えられる言語」と「学びたい言語」を登録します。
そして「連絡を待つ」か「自分から相手を探す」という仕組みです。

これで、世界中の好きな国の人と友達になり、好きな言語で会話で知るというわけです。
世界中にいろんな国の友達を作りたいですね。
語学学習もでき、まさに一石二鳥。

Skypeをうまく使ったサービスですね。

     Mixxerはこちらから・・ http://www.language-exchanges.org/


   
   人気blogランキング
              クリックすると元のサイズで表示します
         オーストラリア情報 もよろしくお願いします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ