2007/7/24

ねずみと一夜を共に?いくら恩人と言われても・・  生活

朝、娘の部屋に行ったら、

「後ろ気をつけてぇ〜!ねずみがいるから。 って叫ばれた。

「えっ、ねずみ〜〜〜〜〜!? 

振り返ると、すぐ後ろの箱の中にねずみがうずくまっていた。

クリックすると元のサイズで表示します

「な、・・なんでこんな所にねずみがいるの?

実は昨日の真夜中、例のうちのやんちゃな猫のプーチがねずみを捕まえてきたらしいのだ。娘が気づいて起きて行ッたら、なんとまだ赤ちゃんのねずみらしかった。急いでプーチから引き離し、助けてあげたというのだ。

(な、なにもねずみは助けなくてもいいのでは・・)と心の中で思ったが、黙って聞いていた。

足をかまれただけらしいから、命は助かると思って看病したというのである。箱の中にはコットンが敷かれ、水も置かれていた。でも昨日から何をあげても食べないのだという。

「で、何をあげたの?

「チーズにハムに・・・

確かにねずみの好物はチーズにハムと相場は決まっているらしいが、誰が決めたのか、実はねずみは本当はそんなもの好物でもなんでもないと何かの本で読んだことがある。

「きっとまだ赤ちゃんだから、そんなもの食べれないんじゃない?

「じゃあミルクとかをあげたほうがいいと思う?

「さ〜、子猫とは違うから、どうなんだろう・・?

(あのさ〜、普通ねずみって皆に嫌われていて、飼い猫がねずみを捕まえてきたら、でかした!って褒めるもんだと思ってたけど・・。うちの猫はねずみを捕まえてきて、怒られて、納得いかないでしょうねぇ〜。)

ちょっとはプーチにも同情はするが、一生懸命看病している娘を見ていると、ねずみも可愛いもんだと思えてきた。足が立たなくて、やっぱり歩けないらしい。それでも少しは動いていたから、命だけは助かったみたいだ。

こういう時、動物とは全くコミュニケーションが取れないから、どうしてもらいたいのかわからない。寒いのか、痛いのか、親の所に帰りたいのか・・。

人間同士は言葉が通じないといってもまだ手振り身振りとか、表情でコミュニケーションはとれるから、動物とのコミュニケーションより楽であるなって改めて思った。こうしてみると、初日のヨン君とのコミュニケーションなんて楽勝よ〜。

ねずみ君、元気になるといいんだけど・・。

前に真夜中にプールに落ちたポッサムを助けたし、今度はねずみの命の恩人・・、ねずみ一家が小包持ってお礼参りにやって来ないかしらん?

(何も助けずに、そんなことばかり考えている、ノー天気な親であった。そういう親のほうが子供はいい子に育つのよ〜。え〜、ほんまに?)

それにしても、プーチ、オマエちょっとやんちゃすぎるぞぉ〜。
この前のこうもりといい・・・。どこの猫もこうなの・・・? 
(は〜)

今日の英語は、【困ったな
* I've got a problem.
* I don't know what to do.
困っちゃったな
* I'm in a fix.
* I'm on the spot.
* I'm having a hard time.

* This is too much. (この気分だな〜、プーチに対して)
* This is getting to me.

 クリックすると元のサイズで表示します

この薔薇の花、レストランのレジの横に飾られていたんだけど、最初造花かと思ったんです。触ってびっくり、本物の花でした。こんな珍しい薔薇の花を見たのは初めて。勿論誰もこの薔薇の名前は知りませんでした。知っている方います?

       人気blogランキング
             クリックすると元のサイズで表示します
ねずみ君元気になってお母さんに会えるといいんだけど・・。ねずみ君の命を救った娘にポッとお願いね。お礼の小判もらったら、分けてあげるし。
         オーストラリア情報 もポッチとよろしく!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ