2008/1/31

世界の人口がリアルタイムでわかるサイト  お知らせ

世界の今の人口って正確に知ってます?

    66億5408万0041人 

これ、私がさっきこのサイトを訪れた時の人口。
多分、今はもっと増えているはず。
なにしろ、
世界の人口は、1分に140人、1日で20万人、増えているんだそうだから。

そして、人口が多い国NO1は、勿論中国。 13億3千人
そして2位がインド。  11億4千人

どちらも人口増加が問題になっている。
一人っ子政策を実施している中国は、人口増加問題のほかに、新たにその弊害も社会問題となっているってことは、先日の記事に書いたとおりである。

反対に先進国は出生率の減少に悩まされているますよね。
日本も例外でなく、いろいろ政策が練られてるが、
果たしてどれだけの効果が・・?

ところがフランスがとったおもいきった政策は、凄い!
これだけの政策を掲げられれば、女性も重い腰を上げて子供を産もうという気にもなるというものである。
その、94年の1.65〜06年2.005まで出生率を回復させた政策とは・・・
  オーストラリア情報 と 人気blogランキング   ←途中だけどぽちっとお願い☆ クリックすると元のサイズで表示します


●・不妊治療、人工生殖に保険適用(4回まで)
・妊娠と出産はすべて保険適用
 ・片親手当、子ども1人7.6万円、1人増えるごとに1.9万円/月
 ・双子、子ども3人以上などに家事代行格安派遣(週1〜2度)
 ・産後の母親の運動療法、保険全額支給
 ・妊娠4ヶ月から3歳まで月2.3万円の乳幼児手当支給
 ・子ども2人世帯に家族手当として月1.6万円支給、
  3人世帯3.7万円、4人世帯5.7万円、以下1人増える毎に2.1万円増。
  11〜16才は4500円増額、16〜20才8000円増
 ・小学生以上の新学期手当 年2.9万円支給
 ・1人子供を生むと、年金受給の資格年数が2年短縮
 ・4人目が生まれると有給休暇11日追加
 ・幼稚園から大学まで、給食やクラブ活動費を除き、ほぼ無料
 ・大学も地元が普通なので、下宿費不要


フランスのこの手厚い政策・・・、
日本では絶対あり得ないよね。
これくらいしたら、間違いなく出生率は上がるよね。
こんな環境で子育てしたいものですよね。


更に、このサイトでは世界のこんな情報も。

●お金以外に大切なものはたくさんあるけど、
同じ人間で、あまりに大きい差はまずい。
 平均月収が70万円の国と、6千円の国
貧富の差はさらに広がっている。

月収70万円の国って、スイスとかルクセンブルクあたりなのでは・・・?
月収6千円以下の国って結構多いっていうのも悲しい事実です。

そういう国の人は、
●5人に1人、子どもも含め、12億人がひどく貧しい状態で、
1日1ドル未満で生活し、
 5億人が飢餓か、栄養不足に苦しんでいる。

このサイトは世界人口をリアルタイムに表示してくれるだけでなく、
世界のいろんな情報を教えてくれ、勉強になります。

     その「世界の人口」のサイトは・・・・・こちらをクリック

      日本でもお馴染み、Doritos
      オーストラリアのはでかいです。
1袋230g。(日本は90gだっけ?日本で見て小さくてびっくりしたもの)

  クリックすると元のサイズで表示します
        ナチョス味とチーズ味。
グリーンのパッケージのが新発売だけど、何味だったっけ?まだ食べたことない。

  クリックすると元のサイズで表示します
  クリスマス時期には毎年クリスマスバージョンが出るんです。なかなか可愛い。
オーストラリア情報 と 人気blogランキング   ←最後にぽちっとお願い☆ クリックすると元のサイズで表示します



0

2008/1/30

中国へ行けば女性はモテるし、家事をしなくていい?  ニュース

先日書いた記事、「中国の若者のあまりに身勝手で自己チュウな恋愛観 」の反響が大きく、
一人っ子政策で育った今の中国の若者は、
恋愛に限らず、いろんな問題を抱えていることがわかり、改めて驚きました。

コメントにいろんな意見を書いて下さって、有難うございます。
中でもdoizoさんのこのコメントには更に驚き!

「今中国では、女より男の方がおおくて、
 1人の女の子に彼氏が3人4人追っかけている ことなんて、当たり前なんですよ・・」

中国では、女性は引く手アマタ
どんな女性でもモテルってこと・・・?

   これって、彼が欲しい人シングルの女性に、朗報じゃない?

しかも、
「こちらでは、バレンタインデーとかも、
 男が女にプレゼントをおくるんですよ!!
 それで、どんなプレゼントを贈ってもらうかで、男の価値が決まったりとかね・・・」

OH〜、そういえば、バブル期の日本もそうだったっけ。

はじけ猫さんが思い出させてくれた、アッシー君メッシー君。(懐かしい)
(今では死語になってるけど、当時はやったよね)

勿論、中国広いから、どこでもっていうことではないと思う。
昨日の記事はアモイという中国で一番住んでみたい人気の都市の新聞の記事なんだけど。

でも大都市ではどこもそうらしい。
現に上海・・・ここでも女性はちやほやされているらしい。
女性は家事をしなくてもいいそう。
結婚しても、家事をするのは男性なんだって。

へ〜、でしょ。
これも女性の絶対数が少ないという現象から来てるんでしょうね。

子供を一人しか産めないとなると、まずは男の子が欲しいってことになる。
女性の数が減少するのは目に見えている。

まあ、女性が減れば、子供を産む数も減り、当然人口が減る。
人口を減らす一人っ子政策の効果がさらに倍増?
・・・・そういうこと?

でも男性にとっては災難よね。
結婚したくても嫁がいないんだもの。

更にその少ない女性も、最近では結構国際結婚を選ぶ人も増えてきているそう。
(日本人男性と結婚する人も多いんだって?)

都市部と農村部とではかなり温度差があるみたい。

大都会、少なくても上海では女性は家事をしないそうです。
というより・・・するつもりはないらしい。
正確には、できない。

1年間うちにホームステイした上海留学生
彼女にも、私達はインド君と同じくらい、
カルチャーショックを毎日のように受けていました。(笑)

あんなお姫様(と言ってもごく普通の家庭で育っていた。が、なにしろ両親が溺愛してた)を預かるのは本当に大変でござ〜ました。

知ってたら、お断りしてました。
間違いなく。
彼女が初めての中国人留学生だったから。
中国のそんな現状を知らないばかりに・・。(涙)


彼女の話はブログに書くつもりはなかったけど、
ここまで社会現象となると、
書かないわけにはいかない・・・?

注)中国人とつきあいたいと思っている日本人男性へ
都会の中国人女性(特に上海の女性)と付き合う時は、お気をつけ遊ばせ!
結婚するなら、家事に自信がある方のみ、どーぞ!
且つ、お姫様扱い をお忘れなく!

勿論、中国東北部出身のマカオ大学のリンちゃんのように、
家事もでき、素敵な女性がいることもお伝えしておきます。

[予告]次回、上海お姫様に卒倒した事件の数々をお伝えします。

       うちの困ったチャンはこの子↓
  クリックすると元のサイズで表示します
  なにしろ、折角インド君と主人が芝刈りした芝の上で・・・・・を。
   「こら〜、プーチー、そこで・・・・したら罰金だぞ〜!」
   (この・・・は英語でbusinessといいます。御存じですよね。)

   なので、Pooch is doing his business.
   普通、猫って砂の上にするのにね。
    (お見苦しい場面をお見せしました。) 
オーストラリア情報 と 人気blogランキング   ←最後にぽちっとお願い☆  クリックすると元のサイズで表示します

0

2008/1/28

中国の若者のあまりに身勝手で自己チュウな恋愛観  恋愛

中国も近年、若者世代の離婚が社会問題になっているそうだ。

一人っ子政策で、甘やかされて育った、
自分勝手でわがままな若者の、
偏った恋愛の行き着く先ってことなんでしょうか。

以前、ゴールドコーストに住んでいた時、
上海の高校生の女の子[18歳)のホームステイを、
1年間受け入れたことがあるけど、
今時こんな高校生がいるのかとびっくり。

なにしろ生まれて1度も、料理はおろか、掃除、洗濯・・、一切の家事をしたことがないお姫様。
インスタントラーメンもゆで卵の作り方も知らない。
なにしろお湯も沸かせなかったくらいだもの。

いくらなんでも、日本にはここまでの高校生はいないよね。

リンク先の中国在住のdoizoさんが紹介されていた、
そんな若者のエピソードとは・・・、

K君にはかつて3年間交際した彼女がいた。
  (00年の1月14日に知り合って、03年の同じ日に振られた)そうだ。

これまで両親に寵愛されて育ってきたK君が、

彼女のために初めて炊事、洗濯を覚え、

プレゼントを買うために「売血」までしたという。

ところが献身的に尽くした 3年間は、

たった1通のショートメールによって

あっけなくピリオドを打った!!


そのショートメールとは・・・

     「新しい恋人が出来たから、さよなら


後から判明したらしいが、、

K君は単なる、『給料のいらない家政婦』だったという事!

K君は給料のほとんどをつぎ込んで、家事も全部引き受けた。

「そうすれば彼女も喜んでくれると思った」という。


精神的に大きく傷ついたK君だったが、

そのちょうど1年後の04年1月14日、新しい恋人と交際を始める。


新しい恋人は良い子だった。

だが交際1周年を迎えた05年1月14日、K君は抑えきれない衝動に駆られた!!


・・・・・その衝動とは・・・・


彼女にメールを打った。

     「新しい恋人が出来たから、さよなら」。


その後もこの「1月14日症候群」は続いた。

次の恋人とも全く同じ別れ方をした。

さらにその次の恋人とも…。

このようにうまく人間関係を築けない若者が急増している


     と厦門商報の記事は締めくくられていたそうである。

近年、日本でもうまく対人関係を築けない若者が増えているそうだが、
こういう恋愛観を持った人も増えつつあるのでしょうね。

ネット恋愛も急上昇中とか。

オーストラリアでは5人に一人がネット恋愛し結婚しているという記事を読んだことがあるが、 そのあまりに高い確率にびっくりした。

でも、アメリカでは3人に一人だそう。
本当・・・?


    クリックすると元のサイズで表示します
     プーチが足を乗せた時だけ蓋が開くという優れもののエサ入れ
   オーストラリア情報 と 人気blogランキング   ←応援、ありがとう☆  クリックすると元のサイズで表示します

0

2008/1/27

ベジタリアンに出した肉料理は・・・・これ!  料理

ベジタリアンって本当に野菜しか食べたことないのよね。
日本人でベジタリアンってほとんどいないよね。
例え肉は食べなくても、魚は食べるもの。

全く肉も魚も食べたことがないインド君に、一体どんな肉料理を出したらいいんだろう?

考えたわよ、いろいろ。
まあ、たいしたレパートリーはないんだけどね。

豚肉は食べたらいけないんだっけ?

いや、あれはイスラム教・・・だったっけ?

リンク先のオルスコさんが、
   牛は神聖な動物だから食べないはず。
   逆に豚は不浄な動物として食べないと聞いています。
   羊肉か鳥肉なら大丈夫なはずです。


とコメントに書いてくださったので、それならまずは鶏肉だな、と、鶏肉に決定。

唐揚げ

いやいや、30度超すこの暑さで揚げ物は勘弁して〜!

親子丼、なんてどう?
卵は好きだから、これ、いいかも?

うちは今までに世界各国からいろんな留学生のホームステイの受け入れをしてきたんだけど、万人に人気のメニューと言えば、2つ。


1つは、カレー
日本のカレールーは本当によくできていると思うわ〜。
本場インドのインド君ですら、美味しいって。
但し、辛さがいまいち足りないらしいけど。
勿論、辛口よぉ〜。

そして、2つ目はこの親子丼
特に韓国人なんて、すごく美味しいってベタホメ。
(ホメすぎだろ)
韓国料理に似たのがあるの?
それとも他にほめる料理があなかったから、とりあえずほめてくれた?

それに、うちのドイツ人の旦那君が、この親子丼にぞっこん。
なんでだろう…、母親の味?
こんな簡単な料理で喜んでくれる旦那を持って、主婦としては有難い。


そういう前置きはさておき・・・。

作りましたよ、インド君に。
勿論、鶏肉を食べるの初めてでござ〜ます。


ハイ、ちゃんと日本の蓋つきのどんぶりに入れて、お出ししました。
そんな食器を見るのも初めてでしょうに。

味?
神妙そうだったな〜。

・・・・まずかった?

親子丼はまずかったかもな〜。
なにしろ、あれ、甘いじゃない。
激辛味に慣れているインド人には、慣れない味だったかも?
日本食なんて食べたことも、見たこともないしね。

・・・・親子丼、撃沈 ↓ 

勿論、インド君はまずいとは一言も言いませんでした。

まあ、言えないわな、そんな本心。

本当にまずかった?

少なくても美味しい料理ではなかったと思うよ、インド人には。

もう一度食べたら味に慣れる?  
        ・・・かもね。 (って、そんな・・)

インドに半年住んだことある主人の口癖は、

「僕は出された料理はなんでも食べた。
 その国に住んでいる人と同じ物を一緒に食べた。
 それがそこに住むということなのではないのか?」って。

つまり郷に入れば郷に従え。

まあ、一理あるけど。

       クリックすると元のサイズで表示します

この花、プリンセス・マサコっていう名前なんですって。
   (この写真はリンク先のYukunさんからお借りしました。)

雅子妃のことよね、きっと。
でも、ちょっとイメージが違うような気がするんだけどな、ワタクシ的には。
雅子妃ってもっと華やかな花のイメージがするんだけど。
どちらかと言えば、紀子さんのイメージかな?

雅子妃大好きなんですよね。
宮内庁の・・・にもめげず、
皇太子と共に新しい皇室を作っていって欲しいです。
頑張って・・・!
オーストラリア情報 と 人気blogランキング   ←ここ、ポチ、ポチっとお願い☆ クリックすると元のサイズで表示します


          
0

2008/1/26

人生観がどんどん変わっていく日々、本当の幸せとは?  心と体

インド君が我が家にホームステイに来て、早いもので3週間が過ぎた。
 (インド君の記事はこちらから・・・@ABCDE

この間にインド君が体験したことは、数え切れないほどの初体験ばかり。
それは今でも続いている。

    一体アナタは、どんな山奥に隔離されてたの?

って思えるほど、私にはカルチャーショックなことばかり・・・。

先日近くのパームコーブビーチに散歩に出かけた時のこと、
たくさんの人が釣りをしていた桟橋で、
丁度魚を釣り上げたばかりの家族を見かけた。

   クリックすると元のサイズで表示します

例のごとく、インド君は不思議そうな顔・・・。

そうなんですよ、生きている魚を見たのが初めてなんだって。
住民の80%がベジタリアンの街では、
肉屋だけでなく、
魚屋もないんだろうね。

夕方になると、たくさんのオージーが魚釣りをしてるんですね。
しかもこんな小さな子供達まで。

   クリックすると元のサイズで表示します

腕前はなかなかみたい。
魚釣りをすごく楽しんでいる。

お兄ちゃんなんて、この網で大漁を狙っている。

  クリックすると元のサイズで表示します 

あははは・・・残念、1度目は大失敗。収穫ゼロ。
でもにこにこ。
本当に釣りを楽しんでいるのよね〜。
そうそう、彼が言うには、やっぱりここで大きなサケが釣れるんですって。
鮭ですよ、サケ。
やっぱりあの話は本当だったんだあ〜。

この一家、家族で釣りに来て、
釣れたら、ここでそのまま焼いて食べる。
それが今晩の夕食。
調理器具もちゃんと用意していて見せてくれた。
こんな新鮮な夕食はないよね。

私達が帰る頃にも、まだ釣りを楽しんでいた。

   クリックすると元のサイズで表示します

それにしてもなんとのどかな光景。
しかもみんなフレンドリーで、気軽に声をかけてくれ、
ずっと以前からの知り合いのように話ができる。
これがオーストラリアの一番好きなところかもしれない。
特にケアンズはそう。

桟橋を3人で歩きながらの帰り道、
インド君がしみじみ言ったこと、

「僕、ケアンズに来てわかったことがあるんです。

・・・それは、ケアンズの人達がみんな、人生をenjoyしてる、ってこと。」

「インドではみんな働くことに必死だからね。」と、主人。

「僕、ここに来て、
   ・・・・改めて人生というものを考させられました。」

人生観が変わっちゃったもんね。
でもその顔は穏やかな、そうガンジーのような顔だった。

ふと空を見上げたら、見事な夕焼け。

 クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します
  

私達はその美しさに感激して、暫くたたずんでいた。

そういえば、去年の3月にホームステイした中国国籍で韓国人の留学生が同じことを言ったっけ。
4各国語話せて、東京に留学している彼女、
彼女もケアンズに来て人生観が変わった。
    その記事は・・・こちらをクリック

その日はパームコーブのレストランで夕食を食べた。
んだけどね、なにしろインド君ベジタリアンでしょ。
ベジタリアンレストランなんてないのよね、

肉がダメだから、とりあえずシーフードバスケットを注文して、
食べれそうなものを食べてもらった。

見たことないイカのリングあげ・・・食べてみると言って口に入れた。
予想外に美味しかったらしく、他のホタテとかにも挑戦・・・・、
そしてついに、「魚も食べてみる」と言い出した。

「えっ、ベジタリアンじゃないの?
   魚、本当にいいの・・?」

で、さらに爆弾発言、

「僕、肉にも挑戦して食べてみようと思っているんです。」

肉を食べる!?
ひぇ〜、ベジタリアンに徹していたインド君、一体どういう心境の変化・・?

・・・・多分ね、世の中には自分が知らなかったことがあまりにありすぎて、
いろいろ考えたんでしょうね。
いろんな未知のことに挑戦しようという彼の前向きな姿勢に、
なんだかすごく応援したくなっちゃったんですよね。

「わかった、明日から肉料理作るね〜。」

かくして、ホストマザーcherryの料理奮闘記が始まるのであった。

[追記]
今日、また「1new country」の表示が。
89番目の訪問国はクロアチアだそうです。
まだまだ、new countryは続くの・・・? わくわく・・。
 オーストラリア情報 と 人気blogランキング ←応援いつもありがとう☆    クリックすると元のサイズで表示します

0

2008/1/24

ブログが消えた・・・・  お知らせ

そんなのあり・・・?

暫く書かなかったり、なんとなく書きにくくなって、
そのままずるずると放置しているブログってない?

実は私がこのブログを書き始める前、そう最初に書き始めたブログ、
ここんとこ書いててないな〜って久しぶりにアクセスしたら・・・・????

・・・表示されない。

あれ? 

なんで?

で、検索にかけた。

が、「該当するブログは検索されませんでした。」と。


ひぇ〜、私のブログはどこへ行ったの?
まさか、まさか、消えたとでも? (もう頭は真っ白、混乱状態)


初めてのブログで、
分かんないことだらけで、
試行錯誤しながら、
凄〜〜く苦労して書いたのに。
1記事書くのに、どれだけの時間を要したことか。

きっと何かの間違い、
そう間違いであってほしい。
そう思ってすぐ、L..ed..rの事務局にメールで問い合わせた。


返ってきた返事は・・・・、
「記事を書かれていないので、検索しても表示されません。」

記事はちゃんといっぱい書いてるわよ〜。


・・・ってことは、やっぱり私が書いた記事は全部消えたんだ〜。

       が〜〜〜ん!

ご理解ください。」と事務局の人の最後のメッセージ。

       が、が、が、が〜〜ん。

それはないでしょ。
それはないよね。

・・・・あるの?
初めは有料で書いてたけど、記事を書くのをやめて無料のブログに変更したから?

せっせと書いていた日記を
机の引出しにしまったままにしてたら、
ある日、誰かに無断でごみ箱に捨てられたようなショックさ。

本当に頭の中が真っ白。
だってそんなんこと想定してなかったから.
l..ed..r事務局、いくらなんでも無断でゴミ箱行きって言うのはないんじゃないの?

確かに放置はしてた。
大した事書いていないから別にいいといえばいいのだけど・・。
それでも見に来てくれた人はいたし、
いきなりっていうのは・・。

幸いAOLブログは有料なので、このブログが突然消えるって心配はなさそう。
でも無料で使わせてもらっているブログって、
そんな処分を受けても文句は言えないの?

ちょっと附に落ちない今日の私。

皆さんも、もし暫く、いえかなり更新していないブログがあったら要注意!
私と同じ目に合わないよう気をつけて下さいまし〜。

     あ〜、li..d..r、私のブログを復活して〜〜!

クリックすると元のサイズで表示します 愛しいご主人様のサンダル。

餌を誰がくれるのかよく知っている。クリックすると元のサイズで表示します 賢いぞ、プーチ。当然のことながら、エサをあげない私には冷たい。

オーストラリア情報 と 人気blogランキング ←一頭の中が真っ白な私に2票お願い☆  

0

2008/1/23

勘弁してくれ、カップル単位  恋愛

欧米、そして豪でもカップル単位で行動することが多いという昨日の記事に、いろんな方から様々なコメントを頂きました。有難うございます。

恋愛中も結婚後も、カップル単位で行動することが多いので、隠れてこそっと浮気なんていうチャンスもあまりないかも。
というより、カップルでいる間はその関係を大切にするので、他の人に現を抜かすよりいい関係を保つ努力をした方が賢いっていうことでしょうか。

だからカップルの関係がまずくなったら、無理して関係を続けないで、離婚するケースは日本に比べて圧倒的に多いですよね。

豪の離婚率40%?
でももっと多いと思う。
アメリカも結構これくらいの数字だと思うんだけど。

そのカップルでの行動なんだけど、いいことばかりではないですよね。
オランダ在住のゆきさんが書かれているこの記事は面白いです。

[勘弁してくれ、カップル単位]
お友達の彼とは結構行き来があるのだけど、会う時には、必ずカップル単位です。
なんにせヨーロッパはカップル単位で行動なので、友人だけと遊びたくても、
もれなく嫁が金魚のウンチのように付いてくるのです。
いらない物買わされる抱き合わせ商法みたいです。


そういう場合もあるでしょうね。
私は幸い友達のパートナーも皆気が合う人ばかりなので、今のところ問題ないけど、でも時々は、「一人でお友達に会ってきてよ〜。」って思うこともあります。

ブラジル在住のLUNAさんも、
こちらでも、友達同士で遊ぶにしても、相手が夫婦だと、必ず私も行かなきゃいけなかったりします。
たま〜に、気分が乗らない時、
「一人で行っておいでよ〜」なんて言うんですが、
「じゃあ、行かない!みんな夫婦でくるから!」と言われちゃいます。


そうなんですよね、特に主人の両親と会う時、夫婦一緒でないとまずいみたい。
ひょっとして喧嘩でもしたのか、とか。
だから両親に会うときは夫婦一緒が鉄則です。

この前のクリスマス、ドイツの両親のことろで過ごそうと言われたけど、冬服がないことやいろんな理由で、
「じゃあ、貴方だけ帰ったら?」って言ったら、
即「だったら帰らない!」って。
たまには親子水入らずでクリスマス過ごしてもいんじゃない? なんて思うのは日本的な考えなんでしょうね。日本人はよく夫を置いて里帰りするのに。
あ〜、でも夫だけ里帰りすることはあんまりないかー。

それにしても、インドでは、
基本的に結婚する時は、家柄、学歴、カースト、相性(僧侶にみてもらうそうです)などを考慮してベストな人を選ぶので離婚はないそうです。
もっちさんが言うことには、離婚率も4%。

そういえばインドの音楽の殆ど全てがラブソング。
映画もラブストリーものばかり。
愛にあふれているんでしょうかね〜。
というわけで、インド君はオーストラリア留学中に絶対他の女性に現をぬかしたりしないです。

夕焼けがきれいだったので クリックすると元のサイズで表示します 。

空一面に広がる鮮やかな色、
しかも、刻々と変わる空の見事な色の変化に、しばしうっとりしてました。

  クリックすると元のサイズで表示します  いいカメラが欲しいな〜。 
  オーストラリア情報 と 人気blogランキング ←クリックありがとう☆    クリックすると元のサイズで表示します

0

2008/1/20

結婚したら浮気はしない?  家族

インド君の爆弾宣言に、
「もしかしてインド君に他に好きな人ができたとか・・・?
それしか浮かびませんでした。」
と書いて下さったカナダさんのコメントに、がははは・・・と大爆笑。

いえいえ…インド君に限ってそれはないです。
結婚していて、しかも新婚さん、それはないでしょう。

うん? 男だから結婚してようがしていまいが関係ない、って?
しかもその妻は遠く離れたインドで暮らしてるんだし、って?

まあ、普通の男性ならありうるでしょうね。
でもインド君に限ってそんなことは絶対考えれない。
本当に真面目な人だから。

な〜んて、だいたい事件でよく問題起こすのは、真面目でまさかあの人がっていう人らしいから、100%は保証しないけど。(99.9%は保証する)

インド君ってうちの旦那によ〜く似てるんです、真面目な所が。くそ真面目と世間では言う。
うちの旦那の浮気も考えられないな〜。(って大体浮気をされた妻の殆どはそう言うらしいけど)

日本では浮気って結構普通に行われていますよね。
一昔前なら、浮気は男の甲斐性だって誇らしげに自慢する人もいて、汗たら〜。
(これも日本文化?)

豪では仕事より家族を大事にする人が多く、しかも夫婦単位で行動するから、結婚したら他の異性と二人きりで食事に出かけたりもしないですね。
パーティだって夫婦で招待されるし、宿泊を伴う研修でも夫婦で招待されたりもする。当然友達の家に遊びに行くのも。

もし、パートナー以外の人と二人で出掛けるようなことがあれば、それは浮気というより、いずれ、離婚に発展する可能性大です。

そういえば、ある調査
恋人や結婚相手の携帯をチェックしたことある?
では、、かなりの人がチェックしているらしいです。
やっぱり気になるのかな・・。

でも私は一度もないです。
たとえパートナーといえど、プライバシーというものがあるわけで、その領域には踏み込まないです。
主人は別に隠し事があるわけでもないので別に気にしないという。

そっちが気にしなくても、私の方が気にする。
夫婦といえど、やっぱりね〜、プライバシーに土足で踏み入るようなことはできない。
主人の机の引き出しを開けるもの、いつも断ってからしか開けないし。
「いちいち断らなくても勝手に開ければいいのに・・」って言われるんだけど・・。

それは桜子の場合も同じ。
親子といえど、やっぱりプライバシーはプライバシーだから。

追記
インド君の爆弾発言、「好きな人出現説」も出たりして・・。
・・・・ごめん、それに比べたらそんなに大したことなくて、何か今更言いにくくなっちゃいました。
爆弾発言なんてたいそうな言葉を使ったこと、深〜くお詫び申し上げます。
すんまそん(古ぅ)、ぺこり。


     「毛皮を着て暑くないのかね〜」とのコメント、
       人間さまでも汗ダラダラの毎日の暑さ、
     当然毛皮を着た猫のプーチは、ほぼ死んでます。 これ↓

     クリックすると元のサイズで表示します
  オーストラリア情報 と 人気blogランキング ←1日1回クリックお願い☆ クリックすると元のサイズで表示します

0

2008/1/19

今日何かあった?  ひとりごと

今朝またもや「1New Country」の表示が。
85番目の新しく訪問してくれた国。
そしてその後も「1New Country」は増え、今日1日で3カ国も追加。
このブログを訪問してくれた人が住んでいる国の数が、現在、87カ国にもなったんですよね。

・・・・何かあった?
だって84カ国から、もう絶対増えないだろうと思ってたのに。
世界中至る所に日本人が住んでいて、ブログを見てくれてるんですね。改めて感動・・・。
その3カ国とは ↓


パラグアイ・・・南米の国で、国旗のデザインが表と裏とで異なる世界唯一の国なんだって。
クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
       パラグアイについて詳しくは・・・・こちらをクリック


マーシャル諸島共和国・・・太平洋上に浮かぶ島国。ミニ国家の一つであり、真珠の首飾りとも呼ばれるマーシャル諸島全域を領土とする
  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
      マーシャル諸島共和国の詳しいことは・・・こちらをクリック


ホンジュラス・・・中央アメリカにある国である。西をグアテマラ、南西をエル・サルバドル、南東をニカラグアに隣接しており、北と東はカリブ海、南はフォンセカ湾を経て太平洋に面している。大陸部のほかに、カリブ海岸にスワン諸島を領有している。
クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
      ホンジュラスの詳しいことは・・・・こちらをクリック


訪問して下さった方の国がとても身近に感じられ(単純な私)、世界がもっと身近に感じられる様になったこの頃です。 
Neoカウンターのおかげかな?


        事件発生
わが庭に植えたバナナの木、
 (Naoさんがいうには、本当はバナナの木ではなくバナナの草なんだそうです。)
そのうちの1本が、先日ストームで、ポキンと2つに折れてしまった。(涙)

もうすぐ食べられると思ってたのにな〜。あ〜〜あ。
しかも今年初めての収穫だったのに・・・。

   クリックすると元のサイズで表示します 見るも無残な姿に

ところが主人が、まだ緑色だけど、こうやって吊り下げていれば大丈夫、と軒下に吊るした。

ほんまかいな・・  クリックすると元のサイズで表示します
              (我が家の猫のプチーがうろうろ・・)
               オマエのえさじゃないんだけどな〜。

ところが、
今ではすっかり黄色になったバナナ、毎日食べてます。

いえいえ、1度に黄色になるから、毎日バナナばかり食べさされています。
(笑)
徐々に熟してくれたら有難いんだけどな〜。

[追記] そうそう、インド君がまたもや爆弾発言。
(え〜、こんなのあり〜? いいのかインド君・・・・)
もう私はジェットコースターを乗り換えました。(爆)
オーストラリア情報 と 人気blogランキング ←一2つクリックお願い☆   クリックすると元のサイズで表示します

0

2008/1/17

初体験はまだまだ続く  ホームステイ

「え〜、これも初めて見るの?」

「え〜、これも・・・?

インド君が来てからというもの、彼もすべてが初めてだろうけど、
    私だって、そんな人は初めて。

そんな「え〜〜〜!?」は毎日我が家にこだましています。(笑)
今日の彼が見た初めての物、
何だと思います?

これ絶対インドにないわけないと思ってた物だっただけに、
ちょっと・・・いえ、相当びっくりしたわよ。
そりゃね〜、寒い地方、アラスカとかシベリアとかにはないと思うわよ。
でも暑いインドでこれがない・・・?
しかも・・・・・・・・・・続きはあとで。


もう1つ、今日初めて見た物、
         それは、芝刈り機
インドにはないかも? 
もし芝を刈るとしたら、手作業でしそうだもの。
    
    クリックすると元のサイズで表示します

主人が芝を刈っていたら、興味深そうに見ていたインド君、
自分もしたいと言い出した。

      クリックすると元のサイズで表示します
          主人から使い方を聞いているインド君。

この芝刈り機、相当古いんだけど、頂いたものなので文句は言えない。
というより、ケアンズに引っ越す前に芝刈り機を処分してきたので、どんなに古くても動くだけで有難いんです。

       クリックすると元のサイズで表示します

凄く楽しそうに芝刈りしてるインド君。クリックすると元のサイズで表示します

好奇心旺盛みたいで、初体験はなんでも楽しいって喜んでました。

あまりに世の中(インド以外の世界)の事を知らなさすぎるアナタには、
まだまだ未知の世界、そう初体験は山ほど待っているわよ〜。
よかったね〜、いろんな体験できて。

さて、前出のインド君が見たことないもので、これは便利というもの、それは・・

 (人気blogランキング)←ここをクリックしてから、Read moreを読んでね。 
 
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ