2007/7/7

日頃の感謝のお礼がこうもり・・・・?  ペット

あらま〜、今朝玄関の所に横たわっていらっしゃったモノは・・・・、
なんと こうもり。 あのこうもりですぞ!!
しかもすでに息絶えていらっしゃる。(なんで敬語やねん)

なんで・・・? なんでうちの玄関に?
こうもりがこんな所で自殺なんぞしないのは知っておる。
故に犯人は・・・、
お前だぁ〜!! こら、プーチー、白状しろ〜!

そうなんです、うちの猫のプーチーは仕留めた獲物をわざわざ玄関の所に置いて行く。しかもご丁寧によく見える所に。
今まで餌食になった獲物は数知れず・・。でもそれらは小さなバッタであったり、ラットであったり、トカゲであったり・・・。

そして、それらを玄関から取り除いてくれたのは、全て主人(当然)。

が、その主人は今週1週間ブリスベンに研修に行っていない。うちにいるのは私と娘と韓国留学生の3人。

お〜、ラッキー、こんな時に頼もしい男性がいてくれて助かるわ。(しめしめ・・)。

私は例の韓国人留学生を呼んだ。

「お〜! と叫んで珍しそうに見ていた。なかなかこうもりなんて目の前で見れないもんねぇ〜。 で、ちょっと待って! と言って自分の部屋に走っていった。

やっぱり男の子は頼りになるわ。片付けてくれるのね。ありがた〜い。

ところが、彼が部屋から持ってきたのは、カメラ

(えっ、まさかこのこうもりの写真を撮るとか・・? でもこれ生きてないよ。こうもりの死体の写真を撮るの? 意味分からん! 男の子ってそんな写真を撮りたいものなの? やだ、私なんて死体の写真がカメラに収められたと思うだけでも嫌なのに・・)

かくしてその留学生はそのこうもりの写真を何枚かとって、そのまま部屋に入ってしまった。

ね〜、誰? 韓国人男性は徴兵に行くから男らしくて、頼もしいって言ったの。彼は今うちにいる男性は自分だけって自覚ある? 普通こういう場合男性が何とかしてくれると思ってた私が甘い?

・・・う〜ん、そうみたいね。
しゃあない、自分で何とかするしかない。
でも、こうもりよ。 こうもりなんて見るのだって嫌なのに、そんなもんの死体を穴掘って埋めろって? 今までどんな小動物でも死体を埋めたことなんて無いのに。初体験がこうもり・・?

どうやってやろうか? いろいろ考えてたらどんどん時間が過ぎて行った。とうとう昼になってもいいアイデア浮かばない。あ〜あ。

昼過ぎ、意を決して作業開始。大きなシャベルを持ってきて、近づく・・。
可哀相に・・・。ごめんね、ごめんねって言いながら、みかんの木の近くに埋めた。

それにしても、プーチーは何ゆえ、わざわざ玄関まで連れて来るのだろう。日頃世話をしてもらっている感謝のつもり? 今晩のディナーにしてくれ!とでも?

あのね〜、頼むから止めて! しかもうちの旦那が留守の時はバッタだって嫌だからね。

 クリックすると元のサイズで表示します
        (うちの庭に咲いているヘリコニア)
 クリックすると元のサイズで表示します

         人気blogランキング
             クリックすると元のサイズで表示します
       意を決した私にポッチッと・・!
         オーストラリア情報 もよろしくネェ〜!


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ