2007/7/12

13回目の癌手術で、余命20分から奇跡の生還!  心と体

(私のすぐ目の前にいる方が、本当に医師から余命20分と宣告された方・・? まさか・・。)

まさに、まさかと疑いたくなるほど、ウェイン(Wayne)さんご本人は健康そのまの、私にはとても以前に病気をされたことがある方だとは思えなかった。

 クリックすると元のサイズで表示します
       (先月我が家に来られた時の写真)

もうすでに二人の息子さんも巣立たれ、退職後奥さんのアニック(Annick)さんと二人でゆっくり人生を楽しまれている。
5年前には今のこんな穏やかな生活がやってくるとは誰も想像していなかったに違いない。

そう、5年前の2002年4月、腹部にできた2箇所のがんを取り除く手術をされた時のこと。その手術はウェインさんにとって13回目の癌手術だった。癌を取り除く手術をしては再発し、その繰り返しで13回目。そこに至るまでの経緯も並大抵ではなかったはず。でも、そういう苦悩を乗り越えられたからこそ、今のウエィンさんがあるのだと思うし、きっと大きな力も働いたのだと。

その13回目の手術の途中で、突然ウェインさんの腎臓や心臓などの主な臓器が次々に全て停止していった。医師が余命20分って言うまでには時間がかからなかった。家族はもう覚悟を決めるよう、医師に言われていた。

そんな状態からウェインさんは奇跡の生還をされてのである。何がそうさせたのか・・?それは誰にもわからない。まさに奇跡だから。でもウエィンさんははっきり自覚されている、そうみんなのお祈りが神に届いたのだと。

祈りと言うものは、時として本当に信じられないような奇跡を起こすものです
私は今までにもそう言う人を何人も見てきました。それは又別の機会に話しますが・・。

ウェインさんはそれまでとても現実主義だったそうです、当然神とかも信じていなかった、と。そのウェインさんが今や自分の人生は神なしでは有り得ないと、その神の愛に驚嘆されていると言われています。

このウェインさんの奇跡の生還の話は地元の新聞(Gold Coast Britten) にも掲載されました。
  クリックすると元のサイズで表示します
     (当時掲載されたゴールドコースト新聞の記事)

いくら奇跡の生還をされても、ただ入院生活が伸びるだけの延命なら考えさせられることもあるけど、ウェインさんのようにがん細胞そのものを全て消滅させ、以前よりむしろ元気になられたら、これこそ本当の奇跡と言えるのではないでしょうか。

ウエィンさんは神の愛を身をもって体験されたからこそ、心から言えることがあります。それは、一生懸命祈れば、神にその祈りは届くはずだと。そして今では多くの方にご自分の体験を話され、勇気付けられ、そしてその方たちの為に一生懸命祈られていらっしゃいます。
身近に居た時、本当に神々しいオーラーが感じられました。そして、ご自身が受け取られた偉大な愛を、沢山の方と分かち合いたいと言うお気持ちもひしひしと伝わってきました。

オーストラリア国内は勿論のこと、今ではヨーロッパでも講演されているそうです。そしてその活動はますます広がっていかれると思います。ウエィンさんに勇気付けられた方は少なくないと思います。これからも少しでも多くの方の希望の光と心の支えになっていかれることをお祈りしています。   (続く)


        人気blogランキング
             クリックすると元のサイズで表示します
この記事に勇気付けられた方、下がった人気プログランキングの応援ポチお願いしますネ。
         オーストラリア情報 もよろしく!

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ