2007/8/23

娘が見たという夢は、不思議なお告げ?  不思議なできごと

4日前の日曜日のことである。早朝、から電話。こんな時間に電話してくることないので、何かあったことは明白だった。

「あのね・・・昨日の夜、おじいちゃんのを見たの。

娘はよく不思議な夢を見るのでどきっとした。
(まさかまた父が、ただいま〜、って家に帰ってきた夢ではないでしょうね。)
     以前の記事・・夢で見たことが現実に

その夢と言うのは、どうやら娘がが日本に帰って、おじいちゃんの部屋でわーわー泣いている夢らしい。もっと早く帰ってあげていればよかった、って。

「でも、おじいちゃん、ご飯も少しずつ食べれて元気になっていってるよ。大丈夫よ、心配しなくても。

そう言って電話を切って病院に。

・・・・その日の午後のことである。父が、

「なんか暗くなってきたから、電気をつけてくれるか? って。

暗いと言っても真昼、しかも太陽はサンサンと輝いている。もしや・・・?
そうなのである、真っ暗で私の顔も良くわからないのだと言う。

直ぐにナースセンターに行った。

「先生から聞かれてると思いますけど、こうなることは予想できたことなんです。
視覚をつかさどる脳の部分に十分血液が届いていないから仕方ないことなのだと。

失明するって言うことですか?

「それはまだ良くわかりませんが、可能性はあります。それに視覚だけでなく、そのうち聴覚にも障害が出てくると思われます。

目が見えないだけでなく耳も聞こえなくなったら、一体どうやってコミュニケーションをとればいいんだろう・・・。もう、目の前が真っ暗になった。

娘が見た夢ってこのことなのね。
今はまだ目が見えなくなったわけではない。今のうちに父に会わせてあげよう,後悔しないためにも。

直ぐに娘に電話して、航空券の手配をするように指示した。
なにぶんその日は日曜日、旅行会社は閉まっている。こういう場合どうすればいいんだろう? ところがありがたいことに、ナビツアーのケアンズ支店だけ、日曜日も開いているというのがわかり、電話をした。

ケアンズー日本 往復、コンチネンタル航空、なんと3,700ドル近く(日本円で40万円くらい)するのだと言う。当日だからXX料金と言うのがかなりかかるらしい。格安チケットの3倍くらいする。

え〜、そんなに高いの? メが出た。しばらく悩んだ。何しろビジネスクラス並の料金。コンチネンタル航空って、はっきり言ってサービスは最低。地方都市にも出ているので仕方なく利用しているが、さもなければ絶対利用したくエアラインだもの。
機内食、びっくりするのよ〜。 まずいハンバーガー1個(私は食べたことがない)とフルーツとチーズだっけ?そんな感じ。 アルコール類は勿論有料。
これ、1200ドル(13〜14万円)くらいだから乗れるんだけど、3,700ドルだなんて詐欺よねぇ〜。

だけど、今回の場合、選択肢がない。清水でも何でも飛び降りてやるわさ、とオンラインで購入手続きをした。 が、最後のクレジットカードの裏の3桁の番号がパスしなくて、購入できなかった。

結局、次のフライトの今日の便で娘も一時帰国することになった。
今学期の大学の授業、5クラスとっている。3〜4クラス取るのが普通で、それでも大変である、毎週レポート提出があり、正直1週間でも休めない。

オーストラリアの大学で勉強している人、又はしたことがある人は良くわかると思うけど、大変である。私もアメリカの大学で授業を受けたことがあるけど、毎晩12時くらいまで図書館で勉強していた。それでも大変だった、時間が全然足りなくて。(いえ、私の頭が足りない)

どうやらオーストラリアの大学の方がもっと大変らしい。 娘の友達にアメリカの大学からこちらの大学に編入してきた人がいるのだけど、こっちの方が大変だといっていたから。だから1週間休むとあと挽回するのが相当大変らしい。

今、父は調子がいい時は目も見える。以前ほどではないが、だれだかわかる。
それにしても娘の見る夢はいつも不思議。その前夜にも父の夢を見たらしい。そしてどうしても日本に帰らなきゃ、と思ったらしい。

皆様、温かいメッセージ(コメント)ありがとうございます。とても勇気付けられています。更新ができなくても、いろんな国からたくさんの方が来て下さっているのを知って、凄くありがたいことだと思っています。有難うございます。

 人気blogランキング と オーストラリア情報 へ。
父が孫(娘)の顔がはっきり見えますよう応援してくださいね。 皆様の応援感謝しています。

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ