2008/1/26

人生観がどんどん変わっていく日々、本当の幸せとは?  心と体

インド君が我が家にホームステイに来て、早いもので3週間が過ぎた。
 (インド君の記事はこちらから・・・@ABCDE

この間にインド君が体験したことは、数え切れないほどの初体験ばかり。
それは今でも続いている。

    一体アナタは、どんな山奥に隔離されてたの?

って思えるほど、私にはカルチャーショックなことばかり・・・。

先日近くのパームコーブビーチに散歩に出かけた時のこと、
たくさんの人が釣りをしていた桟橋で、
丁度魚を釣り上げたばかりの家族を見かけた。

   クリックすると元のサイズで表示します

例のごとく、インド君は不思議そうな顔・・・。

そうなんですよ、生きている魚を見たのが初めてなんだって。
住民の80%がベジタリアンの街では、
肉屋だけでなく、
魚屋もないんだろうね。

夕方になると、たくさんのオージーが魚釣りをしてるんですね。
しかもこんな小さな子供達まで。

   クリックすると元のサイズで表示します

腕前はなかなかみたい。
魚釣りをすごく楽しんでいる。

お兄ちゃんなんて、この網で大漁を狙っている。

  クリックすると元のサイズで表示します 

あははは・・・残念、1度目は大失敗。収穫ゼロ。
でもにこにこ。
本当に釣りを楽しんでいるのよね〜。
そうそう、彼が言うには、やっぱりここで大きなサケが釣れるんですって。
鮭ですよ、サケ。
やっぱりあの話は本当だったんだあ〜。

この一家、家族で釣りに来て、
釣れたら、ここでそのまま焼いて食べる。
それが今晩の夕食。
調理器具もちゃんと用意していて見せてくれた。
こんな新鮮な夕食はないよね。

私達が帰る頃にも、まだ釣りを楽しんでいた。

   クリックすると元のサイズで表示します

それにしてもなんとのどかな光景。
しかもみんなフレンドリーで、気軽に声をかけてくれ、
ずっと以前からの知り合いのように話ができる。
これがオーストラリアの一番好きなところかもしれない。
特にケアンズはそう。

桟橋を3人で歩きながらの帰り道、
インド君がしみじみ言ったこと、

「僕、ケアンズに来てわかったことがあるんです。

・・・それは、ケアンズの人達がみんな、人生をenjoyしてる、ってこと。」

「インドではみんな働くことに必死だからね。」と、主人。

「僕、ここに来て、
   ・・・・改めて人生というものを考させられました。」

人生観が変わっちゃったもんね。
でもその顔は穏やかな、そうガンジーのような顔だった。

ふと空を見上げたら、見事な夕焼け。

 クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します
  

私達はその美しさに感激して、暫くたたずんでいた。

そういえば、去年の3月にホームステイした中国国籍で韓国人の留学生が同じことを言ったっけ。
4各国語話せて、東京に留学している彼女、
彼女もケアンズに来て人生観が変わった。
    その記事は・・・こちらをクリック

その日はパームコーブのレストランで夕食を食べた。
んだけどね、なにしろインド君ベジタリアンでしょ。
ベジタリアンレストランなんてないのよね、

肉がダメだから、とりあえずシーフードバスケットを注文して、
食べれそうなものを食べてもらった。

見たことないイカのリングあげ・・・食べてみると言って口に入れた。
予想外に美味しかったらしく、他のホタテとかにも挑戦・・・・、
そしてついに、「魚も食べてみる」と言い出した。

「えっ、ベジタリアンじゃないの?
   魚、本当にいいの・・?」

で、さらに爆弾発言、

「僕、肉にも挑戦して食べてみようと思っているんです。」

肉を食べる!?
ひぇ〜、ベジタリアンに徹していたインド君、一体どういう心境の変化・・?

・・・・多分ね、世の中には自分が知らなかったことがあまりにありすぎて、
いろいろ考えたんでしょうね。
いろんな未知のことに挑戦しようという彼の前向きな姿勢に、
なんだかすごく応援したくなっちゃったんですよね。

「わかった、明日から肉料理作るね〜。」

かくして、ホストマザーcherryの料理奮闘記が始まるのであった。

[追記]
今日、また「1new country」の表示が。
89番目の訪問国はクロアチアだそうです。
まだまだ、new countryは続くの・・・? わくわく・・。
 オーストラリア情報 と 人気blogランキング ←応援いつもありがとう☆    クリックすると元のサイズで表示します

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ