2008/2/19

「食品の裏側」・・・知らないと恐い食品添加物の現実  

「今日一日であなたは何種類の 食品添加物を口にしましたか?」

って聞かれても、私達答えられないですよね。
でも、この質問に即答できる人物がいるそうなんです。

   いま話題の本、
            クリックすると元のサイズで表示します
     『食品の裏側 みんな大好きな食品添加物』の著者、安部司氏。

食品製造の舞台裏」は、普通の消費者には知りようがないですよね。
どんな添加物がどの食品にどれほど使われているか、
想像することさえできないのが現状です。

そんな「食品の裏側」を、食品添加物の元トップセールスマンが明した日本ではじめての本。
実際、この本読むと、現代の食卓がいかに添加物に依存しているかよく分かる。

いま自分の口に入る食品はどうできているのか。
添加物の「毒性よりも怖いもの」とは何か。
安さ、便利さの代わりに、私たちは何を失っているのか。
それらを考えるいい機会になると思います。

実際、私はこの本を知って、できるだけ怪しい食品を買わなくなったもの。
少しくらい安くても、手間が省けたとしても、
それと自分の健康とを引き換えにしたくないもの。

数々の加工食品の開発に関わってきた著者だけに、現場の生の話は実にリアル。

・ ドロドロの廃棄寸前のクズ肉もミートボールに甦る
・ コーヒーフレッシュの中身は、水と油と添加物だけ
・ 水で増量し「雑巾ハム」と呼ばれる、特売ハム
・ コンビニ弁当より添加物が多い、減塩梅干
・ 虫を潰して染めるハムや健康飲料
・ 「殺菌剤」のプールで何度も消毒するパックサラダ


ミートボールは昨今のニュースで周知の事実。

コーヒーフレッシュは、私は15年くらい前から知ってました。
冷蔵保存されなくて売られているコーヒーフレッシュは石油からできているということを。だから絶対高くても冷蔵コーナーのコーヒーフレッシュを買ってました。
知らなくて買っている人、結構いますよね。

減塩梅って健康に良いと思って買ってたから、それが添加物だらけと聞いてショック!

安ハムは見るからに怪しそうだから買いませんが、
見た目だけで判断できないものも多くあり、
これからは消費者はいかに賢くあるべきか、いろいろ考えさせられた本でした。

  加工食品の実態を初めて告発した、55万部突破の話題作
  そして、「何を選択するか」が消費者には求められている。


話題の本だから、皆さん読まれていると思うけど、まだの方は是非!

最近ではこの種の本ー食品の裏側を告発する本ーが多く出版されているそうで、
回転すしの安値ネタの理由、なんて読んだ後には、
安全な食品を食べようと思ったら、ケチってはいけないのだと改めて思い知らされます。

「安い食品に手を出す前に、考えてみよう、なぜ安いのか」ってことですよね。
中国の輸入野菜しかりです。

そして便利のいいもの、コンビニ弁当などにはなるべく手を出さない。
コンビニ弁当はほとんど添加物だらけだそうで。
ご飯がいつまでもあんなに白いって、どう考えてもおかしいですもんね〜。

全てがそうではないけど、一応そのことを頭に入れて買った方がよさそうですね。
オーストラリア情報  と 人気blogランキング  ← 賢い消費者になろうっと。☆ クリックすると元のサイズで表示します

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ