2008/2/20

おふくろの味って食文化の違いでこうも違うの?  生活

「どうしてあんなものが恋しいか、よく分からなかったけど、
  とにかくあの味のことを考えるとたまらなくなってね……」。

日本が死ぬほど好きなジョージ君は、大学卒業後(専攻は東洋文化)、日本の企業に就職。
三十歳になってすぐ、付き合っている日本人の彼女と結婚することにした。

そのとき」は、日本に住む彼女の両親を訪ねたときに起こった。
ちょっと太めとはいえ、日本語を流暢(りゅうちょう)にしゃべる好男子。
礼儀作法は、日本の若者よりもわきまえており、誰でも知っている大企業に勤めているジョージ君を下に置くわけはない。

「日本が好き」ということで気を利かせたご両親は連日、豪華な和食を食卓に並べた。
「好きな和食が並んだんだから、嫌なわけはなかったんだけど、
      だんだんと食欲がなくなっていったんだ」

夜、布団の中に入ると、頭に浮かんでくるのは、
   箱入りのチョコレートアイスクリーム
   バターがたっぷりかかったポップコーンなどのジャンクフード。
   はたまたトッピングが山ほど乗った特大のピザ
   揚げ句の果てに、パテを二枚も三枚も重ねた不飽和脂肪酸たっぷりのハンバーガー
など、およそ健康に良くないものが無性に恋しくなったのだ。

結局、彼女にも内緒で、駅前のハンバーガー店にハンバーガーを買いに行った。
「 一口ほお張ったあのときのハンバーガーの味は今でも忘れられないよ」
そう語るジョージ君の目は、何と言うか、遠い故郷を思い浮かべるように輝いていた。
                          (世界のおもしろニュースより)

は〜、アメリカ人にとってのおふくろの味は、バーガーショップのハンバーガーですか。
う〜〜ん、確かに。
アメリカ=ハンバーガー、その図式に納得。
そういえば、日本のマクドナルドにはアメリカ人学生がいつもいたっけ。
「ここだけは懐かしいアメリカの味がする」と言っていたのを思い出した。

ところで、我が家では日本食が中心だけど、タイ料理、イタリア料理、メキシコ料理、韓国料理、中国料理、そして最近覚えたインド料理など、結構インターナショナルの食卓なんだけど、

・・・・・やばい!

ドイツ料理がその中に入っていない!

そういえば私ドイツ料理作ったことないんだぁ〜。
というより、作れない・・・。(汗)
いつも義父母が作ってくれてたし、
そうでない時は主人が。
・・そういえば、ここ2,3年義父母はオーストラリアに来てないし、主人も料理していない。

ってことは、ドイツ料理、食べてな〜い!・・・・・。

まさか、夜、布団の中でドイツ料理を思い出して、しているってことはないよね。

でも、ほら前にSinwaさんが言われてた、
「旦那を制するには、食を制せよ」

マジで、ドイツ料理勉強しなきゃあな〜。


インド君のその後
先週の日曜日にメルボルンに旅立ったインド君、早速翌日、メールがきました。
は〜、またですか?  

インド君、着いた翌日メルボルンの大学に下見に行ったらしいんだけど、どうも自分には合わなくて、好きになれない、って。
確かにメルボルンのような大都市、温室のような街で育ったインド君には合わないとは思ったけど・・・。
でも決めたことだしね。

「だめだったら、ケアンズに戻るかもしれません・・・。」

・・・・・あのね、メルボルンに着いたばっかりでしょ。
ケアンズに初めて来た時と同じだな〜。
あの時も、翌日にインドに帰るって言ってっけ。

まあ、慣れると思うし、慣れたらまた落ち着くと思うんだけど。
どうもインド君、新しい環境に適応する能力に欠けているように思われる。

頑張れ、インド君!
     クリックすると元のサイズで表示します
     こんな恰好で寝られるプーチ、サーカスで働けるぞ〜!

オーストラリア情報  と 人気blogランキング  ← 応援頼みます。☆ クリックすると元のサイズで表示します
     ↑
暫くずっと1位だったオーストラリア情報、4位に↓
わ〜、応援頼みます。 ぺこり
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ