2008/3/5

床上浸水?・・・の恐怖  生活

ここのところ毎日雨のケアンズ。
まあ、雨季だから仕方ないんだけど、
でも、こう毎日降り続いたんじゃあ、うち、もうすぐ床上浸水・・・。

    もうすでに水はそこまで来ている。
  クリックすると元のサイズで表示します

去年はあと20センチのところでセーフだった。
今年、どうなんだろう。
ずっと降り続いているのよね。

なんと昨日は雨水が、といから溢れ出した。
クリックすると元のサイズで表示します ← 哀れなバナナ

「屋根の上をチェックしなくちゃあ。」と主人。
でも雨はやまないし、そのうち日が暮れてきて、とうとう真っ暗。
だからといって放置はできない。

何故なら、その前夜降った雨量、一晩(24時間)で700mmらしい。
もし、それだけその夜も降ったら、間違いなく、寝ている間に床上浸水。
「わ〜い、ウォーターベットだわ〜。」なんて言ってられない。

  クリックすると元のサイズで表示します
主人と二人で、必死で水を掃き出した。(効果があるのかは疑問だけど・・)

そして、その後、主人は意を決して、雨の中、はしごに登って屋根をチェック。
こんな時、男性って大変だなって思う。
と、同時に感謝、尊敬・・・(なんでもあり。)

やっぱりトイに何か詰まってたらしい。
バナナの大きな葉っぱが。
わかってよかった〜。

おかげで昨晩はなんとかセーフだった。

今朝、勤務先から主人が電話してきた。
「僕以外誰もオフィスに来ていないんだよね。」
そうなんです、オフィスまでの道路が浸水していて通行不能、誰も来れないらしいんです。

・・・まだまだ降り続いている雨。
一体いつまで・・?

今、大学生が日本から卒業旅行でいっぱい来ているんだけど、お気の毒。
きっとグレートバリアリーフでもダイビングとか楽しみにしてきているんでしょうけど。
「雨の中のスノーケリングは恐怖だった。」と、
先日のドイツ人プロデューサーも言っていたっけ。

それより、この大雨で、被害者がもうひとり、いえ、一匹。
そう、うちの猫のプーチ
外に出られないから、トイレに行けない。
猫って、水が嫌いだものな〜。

で、な、なんと、今朝バスルームに行ったら、異様な悪臭が。

げ〜〜〜、プーチのやつ、バスマットをトイレ代わりにしてしまいおった。(汗)
今洗濯中のバスマット・・・、
雨が止まないと困るのは、私達同様、プーチもだったんだ。

猫の意地にかけても、バスルームになんかでしたくなかったと思うのよね。
プーチ、プライド高いし。
それでもせざるを得なかったプーチに愛の手(ポチっ)を!

 オーストラリア情報  と  人気blogランキング  ← ポチっとありがとう☆

【お知らせ】
インド君からメールがきました。
奥さんは無事退院したそうです。
しばらくは自宅で安静だそうですが、でも自分の家で夫婦水入らずで暮らせるようになってよかったです。
きっと今は二人とも幸せいっぱいだと思います。
ご心配をおかけしました。そしてありがとう。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ