2006/11/21

外人が苦手な日本語の発音  日本語

外人に日本語を教える場合、ローマ字を使うことが多い。
ローマ字には101の音がある
5つの母音と、
95の母音と子音の組み合わせ
そして子音だけの『ん<』。

この中で外人が発音しにくいのは、勿論ラ行
どうしても巻き舌になってしまう。
私達がRとLの発音で苦労しているのと同じ。

それから『』(fu)、
でも、まだこれは練習すればすぐできるようになるけど、
なんといっても、『』、これは本当にみんな苦労している。
まこりさんも言ってたけど、そうしても『ちゅ』になってしまう。
ここは、wants の「」って言ってあげると、できるようになる。
正確にはwants(u).
』も結構何回も練習してるかなー。
出来る人はすぐできるけど、出来ない人はつらそう・・。

私達も英語習ってる時、本当、発音に苦労したもんね。
今でもそうだけど。

日本語って世界の中でも「音韻の種類の少ない」言語なんだってね。
だから日本人が外国語習う時、発音により苦労するんだそう。
なるほど、納得!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ