2007/1/7

New Year's Eve のディナーの請求書に・・・・・涙  ひとりごと

1週間前の大晦日、ごく普通に過ごした。
直ぐ近くのNational Parkにピクニックに行って。
それが世界遺産の1つ なんだからいいと所に住んでいるとは思うんだけど。
でも、それじゃああまりに普段と変らないからって、夜はホテルのレストランにディナーを食べに行った。
New Year's Eve Special Dinner

勿論、美味しかったのだけど。
私は値段が気になった。
でも、主人はいくらかは教えてくれなかった。
・・・ってことは凄く高いか、叉は思ったより高くないのかのどちらかである。
私は勿論後者を願っていた。

が・・・・。
そのクレジットカードの請求書が今日来た。

ガーン!!

これ、本当に二人分?
間違って隣のテーブルの分まで入ってない?
先日行ったケアンズのディナークルーズに2回も行ける額。
だったら、私は迷わずディナークルーズに2回行く方を選ぶ。

あの時値段を確かめればよかった、って後悔するも遅し。
請求書を見るまでは、最高のNew Year's Eve だったのに・・・。
大蔵省は私。
で、こういう場合、大蔵省はつらい。(涙)



************************************************************


< 2006年 ケアンズで過ごした普通の大晦日 >

クリックすると元のサイズで表示します

   Lake Placid 
 国立公園で、世界遺産の1部。
 アボリジニーの土地。
  Nani と言うのもアボリジニの言葉とのこと


クリックすると元のサイズで表示します



大晦日に、のんびりピクニック。
ここにいたら時間を忘れそう。

そうそう、ここで日本人の母子に出会った。
この湖で泳いでいた。
私は日本人だと思わなくて、つい英語で話しかけてしまった。
向こうも英語で答えてくれた。
暫くたって、その子供達が日本語で話している声開こえてきた。
アー日本人だったんだー。
きっとこっちに長く住んでいる人なんでしょうね。
すっかりこっちの人のオーラが出てた。
って、これ私が前に言われた言葉。
うーん、だから私もいつも英語で話しかけられるのか、日本人にも。

クリックすると元のサイズで表示します


カヌーをするにはもってこいの場所。
木の上にいるアボリジニの女の子(男の子? ロングヘアーだけどわかんない)、見えます?
あそこからロープで湖に飛び込んで遊んでいたんです。
しかも1回転しながら。
ターザンを思い出してしまった。(古いね)

クリックすると元のサイズで表示します

この日が2006年の最後の日だなんて、全く私の頭の中にはなかった。
日本で過ごした大晦日は、いつも慌しかった。
御節作りに、買出し・・・etc.
だからこそ、真夜中に聞く除夜の鐘が心に響いたのだった。











0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ