2006/11/12

ドリアンではなく、ジャックフルーツ  オーストラリアの食べ物

この前紹介した不思議な果物はドリアンではなく、
ジャックフルーツ
確かにドリアンに似てるかも?
でも匂いは全然違う。
あのドリアンの匂いは・・・。
食べたことあるけど、あの匂いにすっかりどんな味か、中がどんなのだったか記憶が消えてる。

で、このジャックフルーツの、更なる中身はというと、

クリックすると元のサイズで表示します

ここまでくるとちょっとグロテスク。
これを見たら食べれなくなった。
いくら美味しくても。
それにしても、本当に不思議なフルーツ。

このフルーツ、知人の家の木に、なんと104個もぶら下がっていたとか。
凄くでかいこの実が104個・・・?
どんな木か知らないけど、ちょっと想像できない。

一人では到底食べきれないその果物を、
知人は近所、知り合い中に配って回っているらしいのです。

ご苦労様、そしてありがとう。

0

2006/11/10

不思議な果物と家庭菜園  オーストラリアの食べ物

昨日オージーの知人から不思議な果物を貰った。
見たことはあるけど、実際食べるのは初めて。

クリックすると元のサイズで表示します

大きさがわかるように、他の果物と一緒に写真を撮ったんだけど、
結構大きいでしょ。

で、中身はというと、

クリックすると元のサイズで表示します

開けてびっくり。
中に小さな果物がぎっしり。
それを取り出して食べる。

味は・・・うーん、なんて表現したらいいんだろう。
バナナにもマンゴにも似ているような・・。
とにかく甘い。
日本にも売っているのかなー。

ココさん、きっとグアムにはあるよね。
常夏の国には。

5年以上住んでいたゴールドコーストから、
4ヶ月前にケアンズに引っ越してきたばかり。
常夏フルーツ食べ放題に今からわくわくしてる。

実は、我が家の庭裏のマンゴの木、
今たくさんのマンゴが実もたわわにぶら下がっている。
毎日マンゴの木を見ては「いつ食べれるだろうか?」と毎日指折り数えて楽しみにしている。

クリックすると元のサイズで表示します

「マンゴって東京では1個800円もするのよ。」
東京から来た観光客人が言っていた。
うちのマンゴの木、すでに何十個って実がなってる。
とすると・・・・。


レタスの芯は捨てないように!

クリックすると元のサイズで表示します


普通、レタスの芯捨てるよね。
ある日、食べ終わったレタスの芯を、捨てないで庭の隅に試しに植えてみた。
すると、どんどん成長して、
なんと、レタスの花が咲いた。

写真、わかりにくいと思うけど、
左側のバナナ木の横にある、背が高いやつ。
レタスの花ってこうだったの?
初めて見た。

それって、花が咲き終わったら種が取れるそう。
それを植えれば新しいレタスがたくさん出てくるとのこと。
レタスの種は買わないですむ。

ちなみにレタスの芯に根がついてあるものに限ります。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ