2007/6/23

宮崎駿作品で一番人気の映画は・・・?  映画

宮崎アニメは海外でもとても人気がある。最近の映画は映画館で上映されているし、以前の映画もDVDが発売されたり、レンタルビデオで借りられる。

そんな中、「Intermezzo」が行ったアンケート「宮崎映画で好きなのはどれ?」が話題になっている。

アンケートの対象となったのは、『ルパン三世 カリオストロの城』『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』『魔女の宅急便』『紅の豚』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』の、いずれも有名な9作品。

結果は・・・・・、
天空の城ラピュタ』がダントツの1位。

投票された4733票のうちほぼ3分の1を獲得した。理由は「何度でも見れる」「ムスカ最高」「世界観が好き」・・・など。

やっぱりね、ラピュタはみんな好きだもの。個人的にはトトロも好きだけど。うちの主人はこのトトロの大ファン。暇な時には一人で見ている、日本語を覚えるのに丁度いいらしい。確かに。「耳をすませば という映画も大のお気に入りである。

そういえば、以前にホームステイした中国の高校生は、この宮崎アニメから日本語を覚えたって言ってた。時々、「ちょっと待ってよ〜! とかって日本語で喋るんだけど、発音バッチリ。 いい教材になるよね。宮崎アニメを見て日本語を喋れるようになった外国人って、結構多いのだそう。今日本ブームのフランスとは特にそうらしい。

1位から大きく離されての2位は『ルパン三世 カリオストロの城』、惜しくも僅差で3位になったのは『風の谷のナウシカ』だったらしい。       (一部ニュース引用)

この写真は、カーテン・フィッグ・トゥリーといって珍しい木。ケアンズの高原にある有名な木で、ラピュタのモデルになった木とも言われている。

クリックすると元のサイズで表示します

この木ができるまでの様子をイラストで見て下さい。
凄い年月をかけてココまで成長したんですって。

クリックすると元のサイズで表示します
   (クリックすると大きくなります)
近くにはラピュタに出てくるお城もあり、多分宮崎駿監督もケアンズに来てこの映画を作ったのでは・・・?(って勝手に私が思っているのだが)でもガイドブックにもそう紹介されているから、まんざらうそでもないのないと思う。

さっき急にお客さんがこられたのですが、何もおもてなしが出来なくて・・。
こんな時に言うもってこいの英語は?


今日の英語  【何のお構いもしませんで
 I'm afraid I haven't been a very good host.
・ I hope you had a nice time.
・ I wish I'd had more to offer by way of hospitality.
      (何のおもてなしもしませんで)


 宮崎映画ファンの方人気blogランキングポチっとお願いします。(そうでない方も。・・って、どっちやねん)
オーストラリア情報 も、もうひとつお願いしやす。

0

2007/6/19

日本兵エキストラ募集! スピルバーグ作品に!  映画

スピルバーグとトム・ハンクス共同作品って一体どんなTVシリーズなんだろう・・って興味津々だった。もしエキストラ募集してたら参加したいな〜・・・、

と、そんな時に目に入ったこのちらし。
日本兵エキストラ募集

日本兵? おっ、日本人のエキストラ募集してるんだ、OH!ラッキー!うん? 日本兵って・・・・やっぱ、だよな〜。でも,あの兵隊服に帽子かぶったら、男か女かわかんないじゃない。 変装ももいとわない覚悟の私。
・・・だが、それにはしっかり、

日本人男性 16〜40歳の方、と書いてあった。
日本語で書かれた、日本人向きの募集広告なので、年齢もばっちり表記。兵士ってなに故40歳までなの? 41才の兵士だっていたじゃない! オーストラリアでは募集に年齢表記したらいかなかったんじゃないの?

・・まあね、撮影とかエキストラとかとなると特別なんでしょうが、何も40歳までってあえて書かなくてもいいと思うんだけど。体力とか考えて・・? だって50歳の人だって30歳の人より体力ある人だっているだろうし。これ、オーストラリア人が募集してたら、きっと同じ作品でもこんな表記しないと思うな。 

まあいいんだけどね、だってどっちみちの私はお呼びでないんだし・・。あ〜あ、とため息。 これ、この前の募集の時にも、同じため息が出たんだよね。そう、あれ、あれ・・・。

5年前くらいだったかな〜、ゴールドコーストでやはり映画撮影のためのエキストラを募集してた。その規模、100名以上。かなりの大規模な映画だって事は想像出来た。

それもやはり、日本人男性。日本兵だもんな〜。
その映画が、なんとあの大ヒットした、トム・クルーズの
ラストサムライ】。その時も男装して、どんなにエキストラしたかったことか。

日本が舞台のラストサムライ、何でオーストラリアで撮影? 多分映画を見た人の多くは、あの映画の戦争場面の多くが、オーストラリアで撮影されたとは知らないでしょうね。

あの映画はエキストラでも、永住権保持者しか応募できなかった。長期間にわたって撮影されたからだろう。ところが、今回の【The Pacific】は学生、ワーホリビザ保持者でもOKなのである。広く門戸が開かれた募集。

学生、ワーホリの男性、このいい機会を見逃すなんて勿体無い!ぜひ参加していい体験を! (あ〜、男になりたい)

詳しくは jpnetxtrascairns@yahoo.com.au へ
  実は今日が応募登録なのですが、これない人は次回のセッションがあるみたいなので、上記に連絡を!そしてこの機会にいい体験してね〜!

 読み終えたら人気blogランキングポチっと押してね〜! でもおかげさまで今日は4位になりました。有難うございます。
オーストラリア情報はう〜〜〜ん・・・・。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ