2008/2/28

どれだけ飲んでも酔えない日ってあるよね  つぶやき

私達はいつも寝る前、ワインビールを飲みながらいろんな話をする。
たいていグラス1杯で、眠くなっちゃうんですけどね。

ところが、おとといの夜、
そうインド君が帰る前夜、眠くならない。

ビール1本飲んだら、たいてい(あ〜いい気持ちだわ〜。寝なきゃあ・・)ってなるんだけどね、
眠くない、全く。

なんで?
うそ・・・、しゃあない、もう1本開けるとするか。
たまに2本目を開けることもあるけど、全部飲めないので、主人と半分っこにする。

が、もう主人はもう寝てる。
しゃあない、一人で半分飲むとするか。

半分飲んでも、あれ〜〜、眠くない。
え〜い、2本全部飲んじゃえ〜。

ありえん、それでも目がさえてる。
翌朝、インド君を送っていく為4時に起きないといけないのに。
そう思うとますます目が覚める。

更に、3本目に手を出した。
3本なんて飲んだことないです。

え〜〜〜! 3本飲み干しても、目がギンギラギン。
どうしよう・・。

飲んでも飲んでも酔えない日ってあるよね
私はこの日が初めてだったけど。

それだけインド君の今回のことがショックだった。
インド君の気持ちを考えると胸がいっぱいで。

だってね、妻が倒れて緊急入院したという電話がかかって来た前の日まで、
彼は妻をケアンズに呼び寄せる計画で頭の中がいっぱいだったんですよね。

メルボルンから返ってきた翌早朝、
移民局に行って、奥さんのビザの申請をし、
働かないといけないから、といろんなところに履歴書を持って仕事探しまでしてたのに。

それ全〜部、水の泡・・・?

前夜、私達は、二人のここでの近い将来の生活のことをいろいろ話して
盛り上がってたんです。
アパートも見つけなくちゃあね、とか。
卒業して、暫くこちらに住むのもいいな〜、なんて言ってたインド君。

ヒンズー教のインド君を、何事も経験だからと、
初めての日曜日に私達の行っている教会に連れて一あげたら、
すっかり気に入り、毎週行っていたインド君。

ヒンズー教は祈る前にいろいろ決まりの言葉を言わないといけないけど、
教会では自分の言葉で直接祈れるから好きだと。

未来の青写真をしっかり描いていたインド君にとって、
突然の帰国は相当ショックだったに違いない。
ましてや奥さんが病気となると。

あんなに楽しく夕食を食べ、
本当にリラックスして、幸せな気持ちでいっぱいだったインド君を、
翌日の電話でいきなりスコーンと地獄に突き落とす・・・。

多かれ少なかれ、こういう経験はあるとは思うけど、
こんなにまで、天国から地獄までいきなり↓
っていう人は身近にはいなかったから、
私も動揺しまくりました。
今でもですけど。

何事にも偶然はない、と思っていて、
どんなことにも意味がある、と思っているけど、
でも、今回のことに、どんな意味があるのか、
いくら考えてもわからない。

きっと時がたったらわかるのかもしれないけど。

インド君はまだ家路についていないんです。
今日の真夜中に着くと言っていた。

・・・・・インド君の話、長くなりました。
最後まで読んで下さって有難うございます。
コメントも沢山ありがとうございました。

そいういえば、スイス人の男性がうちにホームステイしたいとのこと。
3週間だけ。
学生ではなく、お友達の友人なんだそうだけど。
どうしようか、迷っている。
ちょっとまだ動揺しているから、いんど君のことで。

そうそう、又、バナナの木が倒れたんですよ〜。
バナナの実をいっぱいつけたまま。
又前のようにつりさげています。
今回100本以上の実をつけているので、重いです。

     クリックすると元のサイズで表示します

2月も終わりになって、マンゴのシーズンももうおしまいだから。
このバナナ、いつ食べれるようになるのか、楽しみ。

オーストラリア情報  と 人気blogランキング ← 長い記事を読んでくれてありがとう☆

0

2008/2/16

7年目にしてやっと永住権GET?  つぶやき

海外で永住権をGETするのって、本当に大変なんですよね。
すでに取得した人、あるいは申請したことがある人はよくわかると思います。

豪でも10数年前まではそう難しくなかったそう。
17年前に結婚した友人は、結婚と同時に永住権ももらえたんだって
羨まし〜〜い話だ。

今は年々難しくなり、結婚しても2年以上は確実に待たされる
しかもただ待つだけではいけない。
膨大な書類に、証明書(戸籍謄本のような日本語で書かれたものは翻訳版も必要)、犯罪証明書から、健康診断書・・・、莫大な作業と費用がかかる。

私達はすでに永住権をGETできたのでほっとしているが、
これで、豪からいきなり出て行け〜!なんて言われることはなさそう。

但し、あとはこれが無効にならないように気をつけなければいけない。
あくまでも許可であって、一生保証されるものではないもの。
特に海外に住んだり、滞在した場合は特に要注意。

そういえば、海外に滞在中のアメリカの永住権保持者も、
定期的にアメリカに入国しないといけないらしい。
先日も、現在ご主人の仕事で日本に駐在されているbebeさんも、そのためだけに一番近いGUAMへ行かれたそう。

実は毎年こちらに遊びに来ていたドイツに住んでいる主人の両親も永住権を申請していた。
7年前に。
この間何の音沙汰もなかったので、ひたすら待っていたんですよね。


もう諦めかけてたある日、突然申請が認められた。
「永住権の最終手続きをして下さい。」
という移民局からの手紙が来たのである。

当然嬉しいはずである。

でも二人ともその手続きをしなかった。
長い間待ち続けた永住権なのに。

理由、
義父は2年前に足を手術し、今では杖なくしては歩けなくなった。
ってことは、健康診断でパスしないはずだ、と。

もう少し、早く手紙が来ていれば、間違いなく永住権GETできたのに。
義母もそんな義父を一人残して、一人だけ申請したくないらしい。
折角長い間待ったのにね。

昨日、再度移民局から電話があった。
「あと1か月猶予あげるので、申請するのなら早くして下さい。」、と。

豪の場合、子供が一人っ子か、二人までなら、無条件で親は永住権を申請できる。
でも3人子供がいて、そのうちの一人だけが豪に永住していたとしても、永住権申請は認められない。他の二人が親を看れるということらしい。

アメリカ、オーストラリア、イギリス、カナダの永住権を取得するのは難しいと聞いたけど、ヨーロッパはどうなんでしょう?

主人が言うには、ヨーロッパのパスポートを持っている人のパートナーも、無条件でヨーロッパに自由に滞在したり住んだりできるって。
今もそうなのかしら。
だとしたら有難いんだけど。

それにしても義母はどうするのかしら。
猶予はあと1カ月なのに・・・。
7年は長すぎたよね。
移民局、もう少し早くできなかったの?
 
     先日運転してたら、目の前を走っていたバスのこの広告。
     ランチ前…、美味しそう。
     ずっと目の前を走っていて、(あ〜、食べたい!)という衝動に。
     これ、いい広告だなって思いました。

     クリックすると元のサイズで表示します
   ちなみに sizzlerって、肉がじゅーじゅー焼ける音のことなんですって。
    
       ところで、ケアンズにSizzlerって、あったっけ? 

    オーストラリア情報  と 人気blogランキング ← 1日1回ぽちっとお願い☆   

0

2008/2/5

あ〜、この価値観についていけない・・・。  つぶやき

娘、桜子の高校の先生から頼まれた、中国姫のホームステイ、
初めは、1ターム(5ヶ月間)だけという約束だった。
高校入学前の英語クラス(ESL)に通う間だけ。

  中国姫の話が初めての方はこちらから・・・@、A
     
最初は、まあ5か月くらいだったらいいか、
ってのんきに構えていた。

そのうちテーブルセッティングと食器拭きも手伝ってくれるようになったし、
まあテーブルセッティングはしないことも多かったけど。
でも、彼女にとっては進歩であることには間違いなし。

1タームが終わって、次のタームから別の高校に転校になる時点で、
新しいホームステイに代わる予定だった。
その高校まではバスで1時間以上かかるから。

ところが、中国姫はホームステイを変わりたくないと言い出した。
困ったのは高校側。
基本的に留学生のホームステイは高校から近い所、と決められていたから。

どんなに遠くても頑張って通って行くから、
このままうちにホームステイしたいと。

高校側と何度も交渉した結果、彼女の望みどおり許可が下りた。

勿論私は彼女に、その夏休み中国に帰っている間に、
ちゃんと料理を覚えてくることを条件に出していた。

次のタームからはお姫様扱いはしないわよ、って。

その結果があれでしょ。
もう、何というか・・・。(涙)

それで、その時に中国姫から返ってきた言葉っていうのが、

shin-tarohさんがコメントに、
 「で、返ってきた言葉?う〜〜んとね、
  『結婚したら、料理は夫がするからいいんです』かな?」

って書いて下さったんですけど、  
残念!
それはすでに想定内でした。(笑)

正解は、
 「お母さんが、あなたは料理なんてしなくていい、
  料理なんて習う必要がない

  って言ったから」 でした。

この瞬間、固まりました。

ひょっとして、お母さんもオーストラリアにもサーバントがいると思っているのかしら?
それとも、ホストマザーをサーバントだと思っている訳?

「ねー、ねー、ちゃんと言ってくれたんでしょ。
 オーストラリアにはサーバントなんていないってこと。」

「うん、言ったけど。」

「それと、ホストマザーはサーバントじゃないってことも?」

「うん」

「それでもお母さんはそう言ったの?」

「うん」

この母にしてこの子あり、ですね、まさに。

私はすぐにでも電話して、この辺の所をハッキリ言いたかったんですよ。

そうできることなら。

・・・・できない。(汗)

だって御両親は英語全然わからないから。
話すことだけでなく、読み書きもできない。
英語の教育を受けてきていないらしい。

私に中国語が話せるわけもなし・・・・没。

中国の上海の現状を全く知らなかった私達だっただけに、
この件に関してはかなりカルチャーショックでした。

で、のちにリンク先のsinwaさん のこの記事を読んで、納得したというわけです。

旦那を制するには、その胃袋を押さえよ
 一般的に言われていることだが、中国女性は飯を作らないという話がある。
これは本当かと聞かれれば、統計上飯を作れない中国女性は多い。
特に漢族であればなおさらであろう。
私は中国人の友人に、男性も多いのだが、
彼らは嫁が飯作ってくれないから私が作っているということを嘆く人が多い。
私と10年くらいの付き合いのある上海男性は、上海近辺の女性と結婚し、子供もいるのだが、飯を作るのも彼の務めのうちの一つ だという。


なるほど・・。

中国姫は将来、家事をしてくれる人を結婚相手に選ぶんだろうな。
あるいはサーバントが全部してくれるようなリッチな人とか。

そのための留学・・?

なんか価値観があまりに違いすぎて、ついていけない・・・。

さてと、相変わらず何もできない中国姫、
私は、卵のゆで方、
いえ、その前にお湯の沸かし方から教える羽目になったのでござります。

それ、桜子には幼稚園の時に教えたことばかり。

中国姫、その時、18歳
18歳の娘にお湯の沸かし方から教えるって・・・
      これは想定外、想定外、想定外・・・・・・・・、続く

    クリックすると元のサイズで表示します
      そういえば、俺様も自分で猫まんま作れないな〜。
      俺様も猫姫か〜?  ・・・いや、俺はオスだった。
  オーストラリア情報  と 人気blogランキング ←同情するならポチっとお願い☆ クリックすると元のサイズで表示します


    

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ