2007/7/8

飛行機に乗り遅れた留学生達 (乗り継ぎの空港で)  旅行

実は今日の午後、マカオから中国人の留学生がホームステイに来ることになっていたんです。私と主人はケアンズ空港まで迎えに行ったのですが・・。

ところが、待てど暮らせど留学生達は現れない。それに大学からのスタッフも来ていない。(まさか時間を間違えた?)と不安になってスタッフの携帯に電話をしたら、なんと彼女は、「あら、貴方達、ひょっとして今空港? 実は今日みんな来ないのよ。乗り継ぎのシドニー空港で飛行機に乗り遅れたらしいの。留学生達は、あさっての火曜日に来るわ。じゃあね〜。

(って・・そんなこと今頃言われても、もうすでに空港で1時間も待った私達は納得できない。だってシドニーからケアンズまで飛行機で4時間近くかかる。だから5時間前には乗り遅れたことは分かっていたはず。飛行機に乗り遅れたことが分かったら、何故ちゃんとそのことを連絡してくれないの?って。)

まあ、こんなこと日本ではありえないと思うけど、ここオーストラリアではしょっちゅう。仕事に対する責任感とかプロフェッショナル意識にどうも欠けているのでは、と思う。日本がきちんとしすぎているとも言えるけど。こう言う場面に出くわす度落胆する、 あ〜、またか、って。

実は今ホームステイしている韓国人留学生達は、昨日動物園に行ったんです。でも我が家にホームステイしている彼だけは行けなかった。何故なら大学側がそのことを私達に知らせるのを忘れていたから。メールで各ホームステイ先に連絡したらしいんだけど、うちにはその詳細が書かれたファイルを送付するのを忘れたって。 そんな大切なスケジュールをメールで送って、届いたかどうかも確かめないって、これ日本だったら問題ですよね。

こういうことしょっちゅうです。間違った私達の住所を教えたため、違う家に行ったスイス人留学生。しかも彼女は真夜中ケアンズ空港に着いて、空港バスに乗って書かれていた番地の家を訪ねたらしい。真夜中1時半にたたき起こされたお家の方は本当にお気の毒です。でも流石親切なオーストラリア人、そんな時間でも優しく対応してくれ、わざわざ我が家に電話してくださったんです。親切なおうちでよかったです。

学校側に抗議しました。絶対住所だけは正確に!って。その次の留学生の場合、確かに住所は正確だったです。でも今度は自宅の電話番号を間違って教えたため、空港から電話したら違う家にかかり困惑したそうです。それに加え今回のこと・・・なんだか本当に考えさせられます。

それにしても、香港空港からシドニーに飛んで、シドニー空港に取り残されたマカオ大学の留学生達は今頃どうしているんでしょう?シドニーは寒いから今頃寒い思いをしているのでは・・?マカオは今夏、そしてケアンズも暖かい。きっと冬の服とかを持ってきていないでしょうに。

宿泊ホテルとかすぐに手配できるたのかしら?今、シドニーは丁度スクール・ホリデーのはずだから、きっとホテルを探すもの大変でしょうね。2日後、彼女からいろいろ話しが聞けると思う。シドニー見物が出来ると喜んでいるのかもしれないですけどね。

飛行機に乗り遅れた時って、本当に焦ります。私は今までに何度もやっているので、その時のみんなのどうしよう〜〜う・・・っていう気持ちがよく分かります。
風邪だけは引かないように・・・今はそれだけを祈って、火曜日に会えるのを楽しみにしています。
     
        【エレファントイヤー】
  クリックすると元のサイズで表示します

大きな葉でしょ。 挿し木したらどんどん大きくなって・・。まさしく象の耳みたいですよね。これ、雨が降った時に傘の代わりになります。大きさが分かるように、主人に立って貰いました。まだまだ大きくなりそう・・。日本にもエレファントイヤー、あります? 私は見たことが無かったのですけど。

 人気blogランキングへ ポチッと応援して下さい。
オーストラリア情報 もよろしくお願いします。

0

2007/6/13

恐竜に最も近い凶暴な鳥 (Cassowary) に出会った!  旅行

先週の月曜日、私達は世界遺産のツアーに招待されていた。だが当日の朝、私は風邪でダウン。仕方なく主人一人で出かけた。(あ〜、行きたかったのにな〜。)

ツアーから帰って来た主人が凄くよかったからと、その週末連れて行ってくれた。場所は、Cape Tribulation (ケアンズ市内から海岸沿いに北へ140km行ったところ)

クリックすると元のサイズで表示します

そこへ行くまでの海岸沿いの景色は絶景である。
と、途中、こんな珍しいサインが。うちの近くにもあるカンガルーや馬なんかのサインと違って、これはこの辺りでしか見られないサイン。

クリックすると元のサイズで表示します
   Cassowary という珍しい鳥に注意のサイン

クリックすると元のサイズで表示します生息地はこの辺りだけ

Cassowaryといって恐竜時代の鳥に最も近い凶暴な鳥。足が例のティラノザウルスとかと同じ・・? それを聞いただけでも決して近づきたくない鳥。現に警告がいたるところにある。

   クリックすると元のサイズで表示します 【写真・引用】

クリックすると元のサイズで表示します

この鳥に、私達は道で出くわしてしまった。目の前で見れるのは珍しいらしい。主人達のツアーの参加者、誰も見れなかったらしい。しかも私達は2羽一緒に歩いているのに出くわした。写真を撮りたかったが、凶暴なので近づけなかった。車の中からしか。
でもね、この鳥、車までも襲う んだそう。まるでジュラシックパーク。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、なんとこんな面白いサインも。(before & after)
笑えるでしょ。これきっと誰かのいたずら。でもさすが大らかなオーストラリア、サインをそのままにし、みんなを楽しませてくれている。

クリックすると元のサイズで表示します
  (クリックすると大きくなります)

         人気blogランキング
             クリックすると元のサイズで表示します
  面白サインを見たアナタ、ポチっとお願い!
  オーストラリア情報 もよろしくお願いします。
  (海外ブログのオーストラリア情報が2位に下がってしまいました。応援して下さ〜い!) 
続きを読む
0

2007/5/23

クーポンでツアー料金が半額に!! ラッキー!  旅行

住んでいるとなかなか地元の観光地に行けないものですよね。いつでも行けると思って。
そうなんですよ、私もケアンズに住んでいながら、まだ1度もあの世界遺産のグレートバリアリーフに行ったことなかったんです。

グレートバリアリーフ は世界でもっとも大きな珊瑚礁の生態系であり、大気圏外から唯一目にみえる有機的な集合体です。オーストラリアの東海岸に位置し、世界の七不思議のひとつとして知られるとともに、1981年には世界自然遺産として登録されました。


勿体無いですよね、本当に。
で、ついに行ってきました。清水の舞台から飛び降りる気で。(なんと大袈裟な・・)

・・ではないんです。
実は、一人分のツアー料金で二人行けた からなんです。
これ、これ、このshop docket。 

        クリックすると元のサイズで表示します

オーストラリアでは、スーパーとかのレシートの裏に、このようなクーポンが印刷されているんです。いろんなクーポンがあって、結構重宝しています。例えば、コーヒー2杯目は無料とか・・・。

その中に、リーフクルーズ、二人目は無料と言うのを見つけたんです。ラッキー!!
丁度行きたいな〜って思ってた時だったので、渡りに船で、即決!

だって一人のツアー料金$175(約18.000円). それが二人で$175なんだもの、行かないわけないよね。 (ちなみに7月9日まで有効なので、ケアンズ在住の方、この機会にど〜ぞ! yashuさん、どうです?)

       クリックすると元のサイズで表示します

上のパンフレットのツアーに参加したのですが、ここ、ケアンズでは日本人観光客はまさしく神様。日本人観光客あってのケアンズだから、この通り、英語と同じ日本語のパンフレットが全て揃っているんです。
ホント、ケアンズでは英語が喋れなくても全く困らないです。もう、日本に住んでいるようなもの。

         クリックすると元のサイズで表示します

これが地図。ケアンズシティから40キロ離れたところにあるMore Reafという所。
有名なのはグリーン・アイランドなのですが、近いこともあって観光客が凄いんです。
でも、こちらのリーフは私達の船だけ。凄くのんびり、ゆったり出来て、まさに天国気分を味わえました。


         クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します

紫外線が日本の4倍のケアンズ。
日焼け防止用のスーツもレンタルできるんですね、一人5ドルで。
私と主人は借りたのですが、なんと、他には誰〜〜も借りていませんでした。
この宇宙服のような装備(足から手の先まで全てカバーされる)、恥ずかしかった〜。
(後姿だけ撮りました。前から見ると、まるで宇宙服だもの)
でもおかげで日焼けはしませんでした。それが何より。

         クリックすると元のサイズで表示します

いろんなアクティビティが用意されているんです。
そのツアー料金の中にはスノーケリング・グラスボート・潜水艦ボートなどが含まれていて、大満足でした。
その模様はこのツアーのビデオを見てもらえたら良くわかります。

   しばし、癒しの世界へどーぞ!!
クルーズビデオ http://www.sunlover.com.au/jp/video.htm






続きを読む
1

2007/4/29

モルディブの世界一セレブな海底レストラン  旅行

世界にはいろんな素敵なレストランが数知れずあるけど、海底に沈むこんな素敵なレストランはないのでは・・? 美しい自然の魚が泳ぐ姿を見ながらお食事・・・食事も美味しいでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します


レストランは、このようなカプセルで出来ていて、

    クリックすると元のサイズで表示します

    このように海底に沈められる。

    クリックすると元のサイズで表示します

こんな素敵なレストラン、魚を見てるだけでうっとり。
プライベイト天然水族館、っていうところでしょうか・・?

     クリックすると元のサイズで表示します


ちなみに、食事の値段は、平均200ドル前後だとか。思ったより安いので、ハネムーンカップルとかにはいい思い出になるでしょうね。

このレストラン、モルディブのヒルトンにあるそうです。
美しい海の上のお部屋・・写真を見てるだけでもうっとり・・。ドバイもいいけど、モルディブもいいな〜。できる事なら、ヒルトンのこの部屋に泊まりたい!
(これもヒルトン従業員は25ドルで宿泊できるのだろうか・・?なら、なんとしてでも娘の就職はヒルトンに、って?)

詳しくは、Hilton Maldives Resort & Spa Rangali Island
 

                クリックすると元のサイズで表示します    
            人気ブログランキング
この海底レストラン、素敵と思われた方、クリックしていただければ嬉しいです。
0

2007/4/22

世界中のヒルトンに25ドルで宿泊する裏ワザ  旅行

ヒルトンホテルのインターン・プログラムに参加している娘から聞いた話だけど、なんとあのヒルトンにUS25ドルで宿泊できるというのである。しかも世界中の。
そういう話には目がない私なので、身を乗り出して詳細を聞いた。
尤も誰でもって言うわけではないらしい。従業員の特典らしい。だけど、ヒルトンで働いている人は誰でも利用できるみたい。

去年の11月にこちらの高校を卒業してヒルトンで働き始めた17歳の女の子が、来月東京に遊びに行くらしい。で、東京のヒルトンに2週間宿泊する予定だとか。
いいよね、そういう特典利用して旅行できて。
しかも、宿泊費だけでなく、ホテル内のレストランなど全ての施設を半額で利用できるらしい。
レストランも半額?こんないい特典ないと思わない?

私は娘に大学卒業したら、ヒルトンに1年位働いてみる気ないか聞いてみた。
実は私と娘は大学卒業記念に、憧れのドバイに旅行する計画を立てている。
題してドバイ作戦

ドバイの宿泊費は高い。いかに安くいけるかいろいろ思案していた。そんな時にこんないい話が迷い込んで、この手を利用しよう、と二人で計画を進めていた。

1,2年、ヒルトンで働くのも悪くないかも・・?娘もその気になっていた。インターン経験者は就職にもかなり有利だから。

こうしてドバイ作戦は、水面下で着実に進んでいたかのように思われた。

続きを読む
0

2007/1/27

踏んだり、蹴ったりの娘の帰国便  旅行

昨日の早朝、日本に里帰りしていた娘を迎えにケアンズ空港に。
1ヶ月振りにあった娘は落ち込んでいた。

「どうしたん? なんかあった?」

「空港でタバコを全部取られた。」

「はあ〜?」

  ケアンズ空港で盗難? まさかー。
  こんな田舎の空港で、あり得ない。

なんでも、<font><font><font>空港の税関でタバコを全部没収<font><font><font>されたらしい。


日本で買ったタバコ2ケース(20箱)を申告しなかったから、という理由で。

「だって、<font>タバコ2ケースは免税の範囲<font>なのに、申告しないといけないだなんて知らなかったんだもの。」

「へー、そうだったの? 」

     実は私も知らなかった。

でも・・・・

だからと言って、全部取り上げることないよね。

だって、別に悪気があってしたわけじゃなく、単に知らなかったんだから、


「じゃあ、今回のところは大目にみますから、以後気をつけて下さい」
   ぐらいな寛大な処置がなされても良かったんじゃない?

だって娘は18歳になったばかり、初めてなんだからわからなくても仕方ないじゃない。

<font>オーストラリアでは18歳からタバコ、お酒がOKなのである

<font>。
18歳になって、やっと免税でタバコやお酒が買えるようになった。

娘はタバコは吸わないが、タバコがベラボーに高いオーストラリア、
   友達に免税で買って来て欲しいと頼まれたのである。


どれだけ、タバコが高いか。

なんと1ケース、100ドル以上するのである。
つまり、10箱1万円以上。
1箱、1000円・・・
  そりゃ高いよね。

高すぎて、学生の中には自分で紙を買って、巻いて吸っている人がいるくらいだもの。


税関職員は、こう言ったそう、

「このタバコは、こちらで廃棄処分にいたしますから。」

<font><font>廃棄処分?<font><font>
  あり得ない!

 そんな、この高価なタバコ、誰が捨てる?

 うそだ、うそだ・・・。」

これ、絶対、職員がタバコ欲しさに厳しい処分をしたに違いない。
後できっとみんなで山分けだよ。
これ、役得?

たばこ2ケース、いくら免税とはいえ、決して安くない。
しかも、日本からわざわざ買ってきたのに。

そんなんね、税関職員の為に買ってきたわけじゃないぞ!


・・・・・話はそれだけで終わらなかった。

なんと、日本を出港する際の関空でも、悲劇は起きた、と。

そう、<font><font>重量オーバー<font><font>

これ、日本から帰る際、日本人が全員1番気にすること。

そして、いつもこの制限範囲内に、どれだけのものを上手に詰め込み、上手にチェックインできるか、いつもの課題である。

今回、娘はこれをパスできなかったのである。

スーツケースから超過分を取り出すようにと言われ、
泣く泣く、買ったばかりのシャンプー、リンス、化粧品のボトルなど、
重そうなものを次々に取り出した。

「で、それどうしたの?
 おじいちゃんのところに送り返した?」

「ううん、だって、すでに郵便局閉まっていたんだもの。」

「で、どうしたの?」

「空港のゴミ箱に捨てた。」


「<font><font>はあ〜〜〜〜〜〜〜!<font><font>?」

いくら時間がなかったとはいえ、何も捨てなくても・・。

もう日本のシャンプーが無くなりかけていて、楽しみにしていたのに。

でも超過分は1キロ4000円払わないといけないらしいから、娘の判断でそうしたとのこと。

なんともはや・・

私は何十回も荷つくりしているので、スーツケースの重さは持ち上げたら大体わかる。でも、娘には検討もつかなかったらしい。

だから、スーツケースの重さって、空港のカウンターに載せるまでわからない。
家の体重計では大きすぎて計れないもの。

そういえば、今朝起きた時から、なんとなく嫌な予感はしてたのよね。


だって、早朝から豪雨。
もう、バケツの水をひっくり返したような雨、どころではない。

<font>目の前に突然、滝でも出来たのかと思うほどの大雨<font>。

もう、空港まで迎えにいけないのではないかと心配した。

いや〜ナ予感、私の場合、大体的中する。

1月26日、昨日がまさにその日だった。


2度あることは3度ある。

悲劇は2度では終わらなかったのである。



0

2006/10/24

えっ、ビジネスクラス?  旅行

日本からオーストラリアに帰る飛行機の中でのこと。
今回は初めて広島空港からケアンズ空港までのコンチネンタル航空を利用した。
広島空港からの便しか席が取れなかったから。

広島空港は初めて。
搭乗券をもらっても機内へ。
飛行機乗り始めの頃は、いい席に座りたくてどの席か気になってたけど、最近じゃあどの席でもいいからいちいちチェックしなくなった。機内に入る前に出して見るくらい。
今回も機内に入って見ようとしたら、スチュワーデスがさっとその搭乗券を取って、「3Fは、こちらです」って案内してくれた。

な、なんと、ビジネスクラス。

ワンパスのメンバーだから、今回アップグレードしてくれたの?ラッキー。
でも、待てよ、と思って自分でもう1度見たら、3Fではなく5Fの席だった。
3と5を見間違えたらしい。4番の席までがビジネスクラス。当然5番からはエコノミークラス。
・・・だよね。
友達に話したら「スチュワーデスがそこの席案内してくれたんだから座っていればよかったのに。」って。
いえいえ、間違いはすぐにわかるって。




0

2006/10/23

なーんだ、私、英語話せるんじゃん。  旅行

先週の日曜日の早朝4時半、私はグアム空港にいた。
コンチネンタル航空便での乗り継ぎのため。
真夜中ケアンズを出るとその時間になる。
みんな疲れて眠そう。

グアムはアメリカ領、当然、入国審査は厳しい。
別にグアムに観光に来たわけでないのに、
ただの乗り継ぎの私達にさえ容赦ない。
何度ものパスポート提示、リストに載っている乗客の名前との照合。
荷物検査も「一体何度したら気が済むの?」っていうくらい何度も、何度も。
あのね、グアムに来たわけじゃないんだから、ただ、乗り継ぐだけ。
ったく、準犯罪者並の扱い。
これじゃあ、本国アメリカなんかに旅行に行きたくないよ。
本国だと、指紋捺印に写真撮影だって?
くわばら、くわばら。

話はそれたけど、そんなことを隣にいたオーストラリア人の女性と話をしていた。
え、い、ご で。
そうなのよ、なんかね結構普通にを英語をしゃべってた。
日本語話すみたいに。

わかった!!
いつも主人と一緒で、彼が叉よくしゃべる人だから私の分までしゃべる、それで私があまり英語をしゃべれなくなったんじゃない?
そう、しゃべる機会がなくて。
なーんて・・・、それって言い訳?
でも、ひょとしてそうかも?

そうそう、そのオーストラリア人の女性、グアムからホノルルに行くんだって。
大変!、ハワイまでまだ遠いもの。
何時間かかるんだろう?

そしたらね、そのホノルルはグアムと同じ乗り継ぎで、そこからア叉メリカのシアトルに行くらしい。長旅ー。
で、驚いたことに、そのシアトルから更にカナダのバンクーバーに行くのが今回の旅行の目的らしい。気が遠くなりそうな行程。

 ケアンズ − ホノルル − シアトル − バンクーバー

「気をつけてね」って別れて、その日帰国した日本のテレビのニュースを見てびっくり。ハワイ地震
なんと私達が飛行機に乗っている時に起きたらしい。
ホノルル空港は閉鎖されたはず。
彼女、その日にホノルルに行く予定だったのに、どうしたんだろうね。
当然飛行機はホノルル向けては飛ばないはずだから、グアム空港で足止め?

こういう場合、天災だから、その滞在費などは当然自己負担になる。
だったら旅行の全行程が終わった帰りの便のほうがいいよね。
行きにこういう災難にあったら、ホント、どうすればいんだろうね。


0

2006/10/17

コンチネンタル航空のサービス  旅行

昨日無事帰国。

私は旅行が何より好きなので飛行機に乗る機会も多い。
で、どの航空会社の飛行機に乗るか、いつも選択に迷う。
最もオーストラリアからはあんまり選択しないんだけどね。

今はみんなマイレージ知ってるし、集めてるよね。
私は数年前まで知らなかった。
知ってたらきっと今頃凄くマイレージたまってたのにーって思うと、残念!

今はUAのマイレージが20万マイルくらいはある。
で、ワンパスとかその他いろんなマイレージプログラムにも絵結構たまってる。
もっともそれがどれくらいたまっているのかかわからないんだけど。
1度コリアンエアーでアップグレイドしてビジネスクラスに乗ったことあるだけ。

ワンパスはいいよね。
有効期限とかないから。
でもUAマイレージは3年間使わないと無効になる。
少し前に20万マイルを1度も使わないうちに無効になる夢を見たことがあった。
正夢にならないうちに早く使わなければ。
1度アップグレイドでファーストクラスに乗りたいなって思ってる。

60万マイルUAマイレージを持っているアメリカの知人、日本に一時帰国するたび、アップグレイドでファーストクラスに。
いいなーっていつも思ってた。
0

2006/10/15

46キロまでOKのコンチネンタル航空  旅行


国際便を利用する場合、一人荷物は20キロまでというのが言うのが普通である。
20キロなんてね、ホント、何も詰めれない。
日本から持って帰えるものは山ほどある
なんと言っても食料品、そう日本食。
それと最近話題の本。
日本滞在中に買った服やバック・・・。
もうトテモじゃないけど、20キロなんかに収まらない。

尤も今迄だって20キロなんかに収めたこと1度もないけど。
たいてい25キロ。
まあ、その辺くらいまでは航空会社も多めに見てくれる。
ある時30キロだった時があった。
普通はこの場合どうするのだろう??

で、今回のコンチネンタル航空、なんと一人荷物46キロまでOKなのである。
うそみたいな話。
初めて友達から聞いたとき、「えーうそでしょ」って信じなかった。
でも前回利用した時、問題なくOK。
20キロという制限を気にしなく荷造りできるってホント、楽よー。

もし、コンチネンタル航空を利用できる所に住んでいるのでしたら、是非是非利用してみて下さい。

今回はコンチネンタル航空利用することにした。
オーストラリアからは唯一ケアンズからのみ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ