2007/2/13

日本の大学から来た、中国国籍の韓国人の留学生  ホームステイ

大学から、日本の大学からの短期留学生のホームスティの受け入れの問い合わせがあった。
先週、イタリア人の留学生が5週間のホームスティを終え、帰ったばかり。
この時期、大学生の短期留学が集中する為、大学側はホストファミリーを探すのが大変らしい。

日本の大学からだけど、学生は中国人とのこと。
中国人といっても、香港、台湾、本土の中国人ではエライ違う。
全く違う。

そして、どうやら、中国本土の中国人らしい。

「どうしよう・・・?」主人と顔を見合わせた。
「もう、中国本土からの学生は受け入れないことにしたよね。」、と私。

そうなのである。
ゴールドコーストに住んでいた時、
上海からの高校生の女の子がうちに1年間ホームスティした。
娘の高校の先生から頼まれたのである。
中国からの留学生を受け入れたのは初めてだった。

中国ってお隣の国だけど、近くて遠い国だと実感した1年だった。
特に海外に留学に来るような子は、
 勉強しかしてこなかった。
 勉強以外、何も知らないし、できない。

そればかりでなく、長い間社会主義だったということで、やはり私達とは考え方とか少し違う。理解に苦しむことも・・。

今後は、できることなら中国本以外の学生の受け入れよう、ということになっていた。
だから、今回の大学側の要請には躊躇していた。
でも、大学側も困っていたことだし、1ヶ月間と言うことで引き受けることにした。

で、昨日早朝、叉ケアンズ空港に生徒を迎えに行った。
日本からケアンズの直行便は全て早朝5時前後、迎えに行くのも大変。

実際会った彼女は、韓国人だった。
中国で生まれ育って、中国国籍だけど、ご両親とも韓国人。
日本の大学で勉強する為、6年前に東京に来たとのこと。

6年も日本に住んでいるから、なんか日本人みたい。
ひょっとしたら、私より日本人らしいかも?
イタリア人の後に来た学生だから、余計。
イタリア人と日本人ってまるで正反対かも?
自由奔放、大旋風を巻き起こして去って行ったイタリア人留学生の話をネタにすると、1ヶ月は十分記事が書ける。(笑)

日本から来た韓国人の彼女は、中国語、韓国語、日本語、そして英語の4ヶ国語が話せる。凄いね〜。 うらやましい。
そして、彼女の中国での話は凄く興味がある。
なかなか聞けない話ある。

ホストマザーをしていてよかったな、って思えるのはこういう時。
いながらないして、世界のいろんな生情報が聞けること。
彼女は北朝鮮との国境に近い中国出身。
そして、昔はそこは韓国(朝鮮)だったらしい。北朝鮮も韓国も全部1つの国だったって。それが3つに別れたらしい。
彼女が住んでいる町は中国領となったとのこと。
そんな歴史、私は知らなかった。
凄くいい勉強になる。

彼女の英語はまだまだなので、そういう難しい話をする時は日本語で。
「ココ、日本語で話していいですか?」って。

これから1ヶ月滞在する彼女から、私はいろいろ知らない話をいっぱい聞けそうで、凄く楽しみにしている。




0

2006/12/10

たくましいスイス人の留学生  ホームステイ

以前我が家にホームステイしてた20歳のスイス人の女の子、
2ヶ月前からオーストラリア一周の旅(こちらでは「ラウンドに出る」と言う)に出かけた。
しかも一人で。

我が家に来たばかりの頃、彼女はほとんど英語がわからなかった。
中学で3年間しか英語を習っていないらしい。
しかも得意ではなかったらしいから、スペルを書いてもわからないことが多かった。

そんな彼女が初めての海外旅行で、一人でオーストラリアにやって来たことも凄ければ、その後、一人でラウンドに出ると聞いたときも、逞しい!と思った。

でも、やはり親代わりとして心配なので、時々彼女の携帯に「どう、元気? 今、どこ?」って電話して近況を聞いていた。

で、今回電話して、おったまげた。
丁度シドニーからメルボルン行きのバスの中だったのだが・・。

いやはや・・。
なんと、彼女はシドニー3週間、歯医者さんで歯科衛生士として働いたらしい。

確かにスイスで歯科衛生士として働いていた。
でも英語は・・・。
英語が出来ないことで躊躇することなく、自分で仕事を探して3週間も働き、旅行資金を稼いだ、その逞しさ。
あっぱれである。

この2ヶ月で、彼女の英語は随分上達していた。
電話でもスムーズに会話できるようになっていた。

若いっていいね、って思った。



続きを読む
0

2006/10/7

我が家のスイス人の留学生 その1  ホームステイ


我が家では、時々海外からの留学生のホームスティを受け入れている。

今回はスイスの20歳の女の子だった。

1ヶ月の予定で。


 で、今日は彼女が1ヶ月の語学学校の授業を終え、オーストラリアにラウンドに出る日。


 グレイハウンドバスでシドニーに向けて。


         ここケアンズからは3000キロはある。


真夜中12時のバス。


そうでなくても1ヶ月一緒に暮らして、娘のような気がしてるのに。


 真夜中に夜行バスに乗る娘を見送るのって、寂しいよね。


20歳でスイスから一人でやってきて、初めての一人旅。


心配で、ドキドキするって不安そうな表情。


   頑張れ!

      大丈夫!

 
3ヶ月かけてオーストラリア1周するらしい。


旅の終わりにはキッとたくましくなってることだと思う。


   ちなみに、彼女は英語がほとんど話せない。


     日本の中1レベルの文法もわからない。


 でも3ヵ月後、きっとずっとずっと話せるようになっているはず。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ