来てくれて+。:.゚ヽ(*´∀)ノ゚.:。+゚ァリガトゥ 以前のブログは☆コチラ☆

2011/3/18

札幌市より市営住宅提供です  

noriのブログを見てる人なんてほんのわずかだと思うけど、

住んでる札幌市で行ってる事を提供します


被災者に向けて、市営住宅の提供を行ってます
詳しくはコチラ→札幌市HP

PDFが見れない方の為に、内容をコピペしておきます

◎東北地方太平洋沖地震被災者に対する市営住宅の提供について◎
東北地方太平洋沖地震により被災し、住居を失った方や原子力発電所事故に伴い避難指示が出ている地域の方に対して、下記により市営住宅を提供しますので、報道をよろしくお願いします。
1:対象者等  
  *対象者 当該震災による家屋倒壊等により住居を失った方
  *必要書類等 市町村が発行する当該震災等に係る罹災証明書(罹災証明書がない場合は、免許証や保険証等で住所を確認し、後日、罹災証明書を提出。)
  *対象者 福島第1、第2原子力発電所事故に伴い、国の避難指示が出ている地域の方
      (3月17日現在)南相馬市、田村市、浪江町、双葉町、大熊町、富岡町、楢葉町、広野町、川内村、葛尾村
  *必要書類等 免許証や保険証等で住所を確認
2:提供する住宅及び費用
   250戸(市内全域)※もみじ台、ひばりが丘、屯田西、稲積団地など54団地
   家賃は全額免除。光熱水費、共益費等は実費。 
  ※当初、修繕をしながら随時入居をしていただく予定で、下野幌団地の250戸を提供することとしていたが、問合せ等が多いことから、即時入居が可能な空家募集用の住宅を提供することとした。
3:提供開始日 平成23年3月17日から随時
4:提供期間  原則1年間
5:申込み手続き
  受付時間 8:45〜18:00(土日を含む毎日)
  受付場所 札幌市都市局市街地整備部住宅管理担当課(本庁舎7階)
6:その他
 ホームページアドレス http://www.city.sapporo.jp/toshi/jutaku/index.html
 8:00から21:00までコールセンターで情報提供
 お問合せ先 住宅管理担当課<宮本・真野(マノ)> 電話 211-2806
 


他の都市でも同様に行われておりますが、とり合えずnori自身が住んでいて、小さい地震はあるものの、何も問題なく過ごせているので考えの1つに入れて欲しいと思います。
寒さが懸念されますが、こちらの室内は暖房がきちんとしているので、関東などと比べると室内は暖かいと言う方も多いですよ。

他にも何か見つけた際には、載せていきたいと思います。


取りあえず、noriの出来る事の一つとして・・・
2
タグ: 地震



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ