2011/4/22

勉強させてもらいます  アスリートの為に

明日から30日までの間で4日間日本アイスホッケー連盟主催の公認アイスホッケー指導者講習会が行われます。


数年前に日本体育協会のジュニアスポーツリーダーを習得しているので、この講習会とその後の検定試験に合格すれば指導員の資格が与えられます。

この講習会4日間で30時間の講習があり栄養学・コミュニケーションのとり方・アンチドーピング・ルール・メンタル・コーチングテクニックなどの講義の他スケーティング・パス&シュート・GK・コンディショニングトレーニングなどの実技指導も有り、朝から夜までびっしりとスケジュールが詰まっています。

頚椎ヘルニア患ってから下肢の自由が利かなくて氷上に上がることは出来ません、過去2年間講習すら受けさせてもらえませんでしたが、色んな人のお陰で今回講習受講する事が出来る様になりました。

今まで20年弱全国の優れた指導者の方々から色んなお話聞いたり、日本代表の合宿や全国のさまざまなチームの練習見に行って色々勉強してきました。

まだまだマイナースポーツのアイスホッケーの世界では、自分の経験の範囲でしか子供達を指導できない指導者も多くて、間違った知識子供達に教えているのを見かけます。

日本のアイスホッケー界でもようやく思い腰上げてこの指導員の制度が出来ました。

世界に通じる選手育てるにはまず指導員から勉強して、しっかりとした知識を持って子供達に接して行くことが必要です。

自分の子供達にはHOCKEYのことは教えてやることが出来ませんでしたが、これから次のトップリーガー目指している子供達に少しでもHOCKEYの楽しさを伝えてやることが出来ればと思っています。
クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ