2007/6/23

アスリートの為に、その2  アスリートの為に

練習や試合中、無酸素運動によって体内のグリコーゲンは乳酸という物質に変化します。
この乳酸が溜まることによって、筋肉痛が起こります。
乳酸による疲労を軽減するにはクールダウンのジョギングやストレッチによって筋肉内に溜まった乳酸を血流で押し出すのが効果的で、アイシングなども冷却され縮んだ血管がリバウンドにより広がることで血流の流れが良くなります。

エネルギー源であるグリコーゲンが減少すれば、身体はガス欠状態になり動けなくなってしまいます、燃料である糖分を事前に補給していないと練習や試合で最後まで体力は持ちません。

グリコーゲンを補う食物は主に炭水化物に多く含まれます、パスタ・うどん・ご飯・パン等、吸収時間を考え2〜3時間前には摂取したいところです、直前には蜂蜜やリンゴジュースなど吸収性の良いものが効果的です。
また糖質の吸収を早めるにはクエン酸(オレンジジュースなどの天然果汁)も良いらしいです。

練習や試合中にエネルギーを補充することが出来るサプリメントもあります。
BCAA(分岐鎖アミノ酸のバリン・ロイシン・イソロイシンの3種類)です、これば最近の選手達が使用して効果あると言われていますが、脳内で疲労感を高める物質セレトニンの働きを抑え、筋タンパクの分解を抑え、筋肉内で即効性のエネルギーとなります。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ