2011/5/4

今日は「みどりの日」のホリディスペッシャル(772)  バスのわだい

今日は5月4日、以前なら

国民の休日

で「憲法記念日」と「こどもの日」に挟まれたある意味において

地味な休日(祝日)

でしたが、気がつくと「みどりの日」と固有名称のある祝日となりました・・・

さてこの連休期間の「ホリスペ」は

「南九州が熱い・・・」

でご紹介を続けていますが、2回目となる今回は昨年10月で運行を休止した

トワイライト神戸

号をご紹介致します。

実はこの「トワイライト神戸」号は、熊本の九州産業交通(以下「産交バス」と表示します)が阪神バスと熊本〜三宮〜阪神尼崎間で共同運行を開始しました。
その後、鹿児島交通も阪神バスと鹿児島市〜三宮〜阪神尼崎間で共同運行を始め、「トロピカル神戸」号(鹿児島交通)と「サラダエクスプレス」号(阪神バス)で行ってました。

その後、阪神バスが撤退し、それを受けて鹿児島交通と産交バスで運行を引継ぎ、鹿児島市内〜人吉IC〜熊本市内〜三宮・・・と運行を行っていました。

更に転機は訪れ、鹿児島交通の経営が悪化し、福岡行き以外の高速路線からすべて撤退したのを受け、産交バスが1社単独で運行を行っていました。
その産交バスも必死の営業努力を続けてましたが、残念ながら去年の10月31日を持って運行休止となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

最後期まで運用に入っていた車両は上と下の画像の2台です。
画像は前面からと後面から2コマずつです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

熊本をベースに運行時刻の設定がなされているだけに、鹿児島ではちょっと中途半端な時間設定だった感じは否めませんが、それでも多客期には続行便(2号車)を連ねていた事を思い起こすと、それなりの需要を掴んでいた事が伺えました。

更に時は流れ、今年の4月1日から熊本〜大阪・京都線の「サンライズ」号が、そして5月12日から鹿児島〜大阪線「トロピカル」号が、神戸・三宮経由になります(なりました)。
特筆されるのはいずれの路線も「近鉄バス」が運行を行っている事です。
運行時刻の基本は「大阪 梅田・あべの」で設定されており、三宮発着は「つけたし」の感じを思うのは私だけだと思いますが、これが今後どうなるか?大変興味がありますし、引き続きその動きを注目していくつもりです。

今回は少し真面目はネタになりましたが、いよいよ次回はホリディスペッシャルならではの「冠」企画

コマ助さまPRESENTS「B&Sみやざき」号を少しだけ楽しむ

でご紹介致します。

最後に、このネタへの「拍手」ボタンを「パチッ!」とお願いします。


「プチョヘンザ(Put your hands up!)」&がんばろうニッポン!

では、暖かいネタを やさしいひらめきを・・・ see you again (^^)/~~~

3

2011/5/4

昨日は5月3日で憲法記念日のホリディスペッシャル(771)  かごしま市交通局のわだい

今日から連休後半がスタートし、大型連休を満喫される方々が圧倒的だと思いますが、人さまが休みの時がかきいれ時のじじぃは、会社の有線でFM802の「ヒモジャム」の6時台〜7時台を聞きながらお仕事をしています。

さてこの連休期間の「ホリスペ」は一つのテーマを設けご紹介を致します。
その「テーマ」は・・・

「南九州が熱い・・・」

で、その第1回目は、鹿児島市交通局が運行する

カゴシマシティービュー

をご紹介致します。
山陽〜九州新幹線と直通運転が始まり、鹿児島を訪問される方々が増えた・・・と南日本新聞を始めとする鹿児島の各マスコミが伝えています。
という事は・・・鹿児島市内に不慣れな旅行者が多い・・・という事ですが、そういう方々に人気があり、しかも比較的鹿児島市内中心部に偏っている歴史的な名所をぐるっと一回りする路線バスです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

最初にご紹介するこれら「青色」と「赤色」の2台は、一番最初に投入された車両です。
どこかのバスがモデルになったという話を聞きましたが、もう忘れました・・・(苦笑)
でも、松江市内(だったと思う)を走る同じタイプのバスの原型になったらしいです。

クリックすると元のサイズで表示します

3台目として投入された車両で、この車両から交通バリアフリー法により「車イス」対応になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

引き続き4台目として投入された車両ですが、錦江湾(鹿児島湾)で時折見られる「イルカ」をデザインした外見になっています。

クリックすると元のサイズで表示します

そして今年投入された5台目です。
最初に投入された車両の外観イメージを守りながらも最新の車両らしく中扉は4枚になっています。

鹿児島市交通局の「カゴシマシティービュー」は30分間隔で運行していますが、どの車両が走っているか?は当日にならないと分かりません(残念)
でも車両による「当たり外れ」が少ないので、最後部の大窓付近に立って鹿児島市内中心部の一巡りがオススメです。
しかも、これら目立つ外観の「カゴシマシティービュー」の他、市電や交通局の他の路線でも使える鹿児島市交通局が発行する

「一日乗車券」

に対応しているので大変便利です。
そして九州新幹線全線開業に合せて、いわさきバスネットワークも「シティビュー」と全く同じコースで「まちめぐりバス」を運行していますが、こちらは鹿児島市交通局の一日乗車券対応で無い事や運行する車両など、システムが全く違いますので、間違いを防ぐ意味で何かの折に改めてご紹介する事にします。

最後に、このネタへの「拍手」ボタンを「パチッ!」とお願いします。


「プチョヘンザ(Put your hands up!)」&がんばろうニッポン!

では、暖かいネタを やさしいひらめきを・・・ see you again (^^)/~~~

お詫び・・・本当は昨日(5月3日)にアップするつもりでしたが、事情により遅れました事をお詫びします m(_ _)m
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ