2009/6/25

ウルトラマンとウルトラセブン  LPレコード


クリックすると元のサイズで表示します


こちらのレコードなんですが、たまに引っ張り出して聴くと、実に懐かしい!私が、それ世代なので尚更ですが、最近のウルトラシリーズを見ると、当時と違い、テーマの掘り下げ方が如何にも浅く、完全に子供向けなんだなぁ〜と思います。ここでウルトラQの事は、深く触れませんが、元々は、米国のテレビ番組の「トワイライト・ゾーン」の日本版が作れないか?との意図で製作したシリーズです。当然、ウルトラマンもその延長上に在るので、いくら荒唐無稽な話とは言え、裏付けは必要です。巨大化するヒーローは、日本独自のものです。これから先の論議は別件に廻すとして、本題に戻りましょう!こちらのレコードは、表にウルトラマン、裏にウルトラセブンの劇音楽が収録されてます。これは、単なるBGM集では、在りません!実は、劇音楽を担当した作曲家自身が、フルオーケストラ用に編曲したもので、交響組曲でも良さそうなものですが、交響詩と言う扱いになってます。演奏は、卓越したものですが、録音当時は、前年に「スター・ウォーズ」が公開された影響を受け、ジョン・ウィリアムス風のアレンジに聴こえます。収録は、1978年です。ですが巧みに捌いてるのは作曲家の技量だと思います。ウルトラマンは、テレビ用のオリジナル作品から聴き比べると奥を拡げ、空間を感じる程、スケールが増しましたが、要所の壺が弱く、些か力強さに不足する様に思えます。聴かせ処は、しっかり聴かせてほしいものです。それと比べれば、やはりウルトラセブンの方が、元々スケールが大きい曲なので、フルオーケストラの威力を感じますね!しかし、こちらもシンフォニックな面が重視されている割には向上感に欠けるのが残念です。



クリックすると元のサイズで表示します
King SKA-254 LP 1979

0

2009/6/16

カラヤンのプロコフィエフ  指揮者


クリックすると元のサイズで表示します
1968 BPO 日.DG SMG-2078


この曲は、巨匠にとって、一見、(一聴)珍しいレパートリーの様に思えますが、演奏会では割りと頻繁に取り上げてました。収録は、ベルリン・イエス・キリスト教会にて1968年に行われました。音質は、厚く暖かみのある豊かなものだが、現在の耳で聴くと透明感が足りない感じがします。しかし演奏自体も巨匠ならではの精密な表現と迄、いかない様です。それは当時のベルリン・フィルの特質に依るものです。前任者存命時は重厚で繊細な響きが特徴とされますが、巨匠に変わってからは、濃厚でゴージャスな響きに変貌を遂げます。それは、1960年代のベルリン・フィルの特徴です。処が、カラヤンにとっては、発展途上でした。それを証拠に収録場所をカラヤン・サーカスと揶揄されたフィルハーモニー・ホールに変更してからは、徐々に浄化され、1970年代には、壮大で透明な響きに変貌を遂げます。私は、ここでカラヤンとベルリン・フィルの完成期だと思います。しかしゴージャスと言うのは、時代を表しているのかも?と思いますね!日本は、高度経済成長期でしたし、池田隼人の所得倍増計画や東京五輪、新幹線やカラーテレビ、そして果ては、大阪万博ですからね!戦後の経済白書を見ても、1960年代に戦後初のバブル期を迎えた事は明白です。洋食も家庭に浸透し、自宅で、お父さんが、ビフテキにウィスキーと言う組み合わせで食べる家庭も少しずつだが出てきたり、カレーライスが一般家庭に浸透するのも正にこの時代です。演奏評です。第1楽章は、素朴に始まりますが、徐々に厚みを増し豊満な響きが聴かれます。これが、オーケストラの醍醐味とも言えますが、プロコフィエフ特有の鋭さを求める人には、些か肥大したキレの甘い演奏と言われても致し方在りません!ですから第2楽章の小気味の良いリズムも音の厚みが邪魔をし、第3楽章の不協和音も標準化して聴かれます。ですから終楽章の追い込みも甘くなるのは残念ですね!デジタル録音に古典交響曲が在るのに五番の交響曲が再録されなかったのは残念です。
1

2009/6/5

ワルターのブルックナー  指揮者


クリックすると元のサイズで表示します
1941 NYPO USA-BWS-808 2LP


ブルーノ・ワルターは、CBSコロムビア.USAにブルックナーの交響曲を4・7・9番と残してますが、正規盤を取り上げても捻りが無いので、第8交響曲のレコードを紹介します。1941年1月26日、ニューヨーク・フィルの定期演奏会で収録されたものです。会場は、カーネギーホールと推察します。これは、当時に於ては大変意欲的なプログラムだったと思います。その為か、常に慎重で手探りの状態で演奏しており、辿々しい印象を受けます。尚、ワルターは、渡米前の1935年のザルツブルク音楽祭で同曲をウィーン・フィルで振っており、ある程度、レパートリーに含まれていたと思われます。演奏評です。第1楽章は、冒頭から慎重に始まります。一つ一つの主題が、大切に扱われているのが解ります。おっかな、びっくり演奏しているのか、アンサンブルが穏和になる箇所が所々に在ります。管楽器も慎重です。その為、吹き過ぎたりしていないので、素直な音色で、曲の邪魔をしてません!弦楽器の扱いは、まるでモーツアルトの様にリリシズム溢れる音色ですが、意外と違和感が無いのが不思議です。再現部も何とか壮絶に終わり、第2楽章に続きます。前の楽章で少しは緊張が取れたのか、演奏に乗ってきます。曲想が、リズミカルなので、尚更だと思います。そしてブルックナー特有のパウゼの後は、ホッとした感じが伝わってきます。だけど演奏自体は、まだギクシャクしてます。時にティンパニー奏者が叩き過ぎたりします。第3楽章は、アダージョです。一見(一聴)、巨匠にピッタリの楽章みたいなので、少しの期待を持って聴きましたが、本領発揮と言った処で、演奏も深く堂に入ってます。さて終楽章です。やはり慎重ですが、楽団は慣れてきたみたいで走ったりしますね!それは指揮者も同じで突如としてアッチェレランドを掛けたりして落ち着きを無くしている箇所も在ります。そしてコーダですが、もう少し落ち着きが在ってもと思いますが、まずまずの終止部でした。フルトヴェングラーよりは、違和感無く聴けました。フィルアップは、ドビュッシーの海です。こちらも弦楽器が、ものを言っているのが解ります。演奏は、まあまあです。1941年1月19日の収録で楽団も同様です。で、音質ですが、単なる放送記録用のディスクが原盤ですので、期待は出来ませんが、悪いなりに必要な音は聞こえるので、耳の良い技術者が念入りに復刻すれば、良い結果が得られる可能性が在ります。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ