2010/2/27

ボダンツキーの指環、第一夜  指揮者


クリックすると元のサイズで表示します
WALHALL WHL21 3CD


第一夜「ワルキューレ」である。これは、第1幕が、1935年、以降が、1937年と変則的なCDであるが何とか全曲を聴く事が出来る。音質は明瞭な方だが、時に音トビや回転ムラが気になる。さて演奏だが早いテンポで駆け巡る前奏曲から素晴らしい、雰囲気も満点である。一声はジークムントのポール・アントハウスだが人を弾き付ける冴えた声だ!次は、ジークリンデのキルステン・フラグスタートだが、このソプラノの存在感に於いては、やはり素晴らしく、後年の風格は無いが若い事もあって歌い声も一層伸びやかである。ボダンツキーの指揮は、ここでも陰影に富んでおり情緒も在るので情景も浮かぶ!早いテンポと言えば、ベームもこんな感じだが、こちらの方がドラマティックである。だから第3場から幕引き迄は圧巻であるのは言うまでも無い!例の2重唱は凄い事になっている。尚、この幕では、フンディング役のエマヌエル・リストの存在感は然程では無かった。怒鳴っている様な歌い方が耳に付いただけである。第2幕は、1937年の公演音源であるので配役が若干変わる。音質は、年代的には新しい筈なのに若干劣るのが残念である。それでも演奏の持つ生命感が伝わるのは見事だが、時に音質上の難点が在り残念である。ヴォータンは、フリードリヒ・ショールだが、威厳の在る声は、ここでも健在である。ブリュンヒルデ役のマージョリー・ローレンスもまずまずである。緊迫感在る劇的なボダンツキーの指揮振りは、ここでも健在である。前幕と年代が違うので危惧したが曲としての一貫性は在るので巨匠の解釈が既に完成されたものだった様だ!話を戻そう、フリッカのケルステン・トルボルグは、この楽劇の激性を充分に理解した表現をしている。続く第3幕の音質は更に落ちて篭り気味だ!欠落も処々に在り残念である。当然聴き取り辛いので難儀するが、この辺迄、聴いていると不思議とこんなものだと思って音質も気に成らなくなる。例の騎行も早いが、ちっとも上滑りしないので、すんなり耳に入ってくる。ショルティーの様に外的に過度に成らぬドイツ的な演奏と言える。ワルキューレ達もまあまあである。一気に駆け抜ける熱い演奏だ!それは、ヴォータンの告別で頂点になるが、演奏が凄いだけに欠落の多いのが残念である。



クリックすると元のサイズで表示します
Metropolitan opera House
2

2010/2/27

ジャズファンに酷評されたフェスティバル  JAZZ


クリックすると元のサイズで表示します
TOSHIBA EMI EWJ-80187 LP 1980


1980年から1983年迄、東芝が主催し、ジャズファンから酷評された。オーレックス・ジャズ・フェスティバルからの1枚である。だがマニアでは無い、音楽ファンは、ジャズに触れる良いキッカケに成ったのでは無いかと私は思う!調べると当時、各地でジャズ・フェスティバルをプロデュースしているジョージ・ウィーンと言うプロモーターに東芝が依頼して実現に漕ぎ着けたそうだ!これは、ジャズに造詣が深い?日本に何故か本格的なジャズ・フェスティバルが無いのかと危惧したのは明白だが、「あんなのはジャズじゃない!」と多くの日本のジャズ・ファンが言った様に単なる見世物イベントに見えたのも事実だ!だが初めて聴く人にも解かる豪華な面々には驚愕する。多分、ジャズに余り縁の無い音楽ファンや一般の人が解かりもしないのに勝手な感想を述べたのが、長くジャズを聴いていたマニアから見れば遺憾な事だったかも知れない!例えば、「のだめカンタービレ」を見た人が、その気になり、知識が浅いのに知ったかぶりをして、自分が敬愛する音楽家を批評されたら憤慨するのと何等変わり無いのではと思う!このジャズ・フェスティバルの酷評もそんな処だろう!このレコードでは、その中でもNHKがテレビで放送し、ジャズ放送としては異例の高視聴率を記録したベニー・グッドマン・バンドのコンサートである。御大自体が既に有名だったのは否定出来ないが、存命中に呼べたのは幸運であった!メンバーの顔ぶれも凄いもので、御大を筆頭にテデイ・ウィルソンのピアノ、エディ・デュランのギター、それとトニー・テランのトランペット、ディック・ナッシュのトロンボーン、アル・オビデンスキーのベース、ジョン・マーカムのドラムにレア・シルクのヴォーカル3人組である。尚、レア・シルクは、来日半年前に御大が見つけて来たトリオとの事だ!私もジャズを聴くキッカケになったのは、このオ−レクス・ジャズ・フェスティバルのテレビ放送とレコードだった。当時、高校生だった私には丁度良い入門素材だったと今思う!大体、中坊や高校生如きに音楽の深さなんか解かるものか!演奏技術も勿論そうだが音楽鑑賞にしても年輪が必要だ!ブログに書くのに久々に聴いてみたのだが、ベニー・グッドマンは勿論素晴らしいが懐かしかった。原体験とは、所詮、そんなものである。





人気ブログランキングへ
0

2010/2/27

サラ・ヴォーンのガーシュイン  JAZZ


クリックすると元のサイズで表示します
CBC ONY 25AP 2598 LP


心が贅沢になる1枚だ!当時、新鋭だったマイケル・ティルトン・トーマスとサラ・ヴォーンによるコンサートの実況盤である。収録は、1982年だが、その時、ティルトン・トーマスは、38歳、サラ・ヴォーンは、59歳であった。伴奏もゴージャスに響く、これは、ロサンジェルスフィルにジョージ・ギャフニーのピアノ、アンディー・シンプキンスのベース、そしてハロルド・ジョーンズのドラムであった。最初に「ポギーとベス」のメドレーが在るが、サマータイムで聴かれるサラ・ヴォーンの深い声から呑み込まれてしまう!これは、アメリカ其の物と言っても過言では無い!このアルバムは、そんな魅力一杯である。後は、只、聴き惚れるしかない!そんな感じだ!何だか、ここで野暮な批評をするより、このジャケットをレコード店(CDショップ)で見掛けたら有無を言わず買って聴いてくれと言いたい!これは、ジャズに縁が無い人にも御薦めの名盤だ!


人気ブログランキングへ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ