2010/6/11

引責辞任  SPレコード


クリックすると元のサイズで表示します
Victor Japan ND-522 wax.12191A.B 78rpm


唐突なタイトルだが、郵政改革法案が先送りになった事で亀井郵政相が、引責辞任した!連立は維持するそうだが、早くも閣僚の顔が代わりますな!これは、菅内閣総理大臣の言う最少不幸を亀井郵政相が最初に受けたと言う事か?まだまだ波乱は在りそうですな!それで思い出したのが、この曲なのだが「カメンノイ・オストロフ」と言ってもピンと来ないだろうが、昔は、よく聴かれた小品である。元はピアノ曲である。作曲したのは、アントン・ルビンシテインである。これは、「24の肖像画のアルバム」の中の22番、モデラート嬰ヘ長調 「天使の夢」 である。だが俗称は作曲家が命名した訳では無い!編曲は、ビクター・ヘルベルトと言う人だ!楽団は、ボストン・ポップス管弦楽団である。演奏は、熟練したもので、指揮者のアーサー・フィドラーだが、この人は生前、ストコフスキーと人気を二分したと言われる。もっとも、正統派では無い正統派だが、セミ・クラシックとは言え巨匠には違いない!事実、この両巨頭は、SP盤を探し出すと必ず見つかる指揮者である。手軽に売れてたと言うのが本当の事であろう!久々に聴いたが美しい曲である。曲名が解からなくても聴くと「嗚呼、この曲か!」と思い出す有名曲であるが、この手の小曲は、本当に現在、聴かれなくなった!程々にスケール感も在り、骨格のしっかりした演奏である。聴いているだけで納得する程なので、セミ・クラシックの指揮者と楽団とは言え本物の音楽が聴こえてくるのは流石だ!正しく、これが、プロの仕事なんだろうなと思う!日本には、プロの政治家が減った事が惜しまれる。亀合わせで安易な記事に成った点は、御許し願いたい!(なんのこっちや?)

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ