2010/7/17

銀河鉄道999  映画


クリックすると元のサイズで表示します
Nippon Columbia CQ-7025 LP


近年の騒動で、すっかり評価を下げた松本零士先生だが、あれでは思い入れの在るファンには印象が悪く成るのが当り前だ!それを言えば、先生の是は宮沢賢治の何なの?何て事に成るのだが、流石に相手が言及して来なかったのは、大人の対応であろう!この映画の公開時は、SFブームで、1977年公開の「スター・ウォーズ」や「未知との遭遇」に驚嘆し感激したものである。これは、やはり版権で揉めた「宇宙戦艦ヤマト」がヒットした後の作品で、ファンもその件で些かウンザリしていた時に制作されたので、ようやく映画館で観れた時には、とても新鮮な思いがしたものである。余談だが、その時に揉める原因に成った名(迷)プロデューサーの最終作品が、2009年に公開されたのは、記憶に新しい処である。現在は、昔の様に映画さえ映画館で観る事が無いのが残念だが、思春期に浴びるほど観た映画の思い出は、簡単に語り尽くせない程である。是を観たのは小生が中三の時代で在ったが、その頃は周りの者が、ヤマト・ブームに感化されて猫も杓子も状態で在ったのを思い出す。その頃の小生は、ヒネていたのか感化されるのを嫌い、マスメディアに犯されまいと夢中に成るのを嫌っていた。しかし世評が、あれだけ騒げば興味が湧くのも当然で、気が付いたら、この映画に辿り着いたと言う事である。これは、松本作品で、唯一観たくて自身で希望して観たアニメ映画である。当時は、東映動画、御家芸の長編動画の制作も何とか継続していた。それが今では、その東映動画出身の高畑勲や宮崎優がジプリで継続しているのも一つの時代であろう!この映画音楽も質が高く、久々に針を降ろして聴いていると当時の想いが蘇り、とても懐かしい!



2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ