2011/1/3

ブルーノ・ワルター最古のレクイエム  指揮者


クリックすると元のサイズで表示します
EMI Pate Marconi 2907811 LP 1986


ブルーノ・ワルター最古のモーツァルトのレクイエムのレコーディングである。これは、1937年、パリ万博の折にシャンゼリゼ劇場にて行われたウィーンフィル演奏会をEMIが収録したものである。6月29日との記述がある。勿論、販売を見込んでの収録だが、テスト盤迄は制作されたものの市場に出るには及ばなかった。それは聴けば解かるが、演奏技術上の欠陥が其の原因である。とは言え現在に於いて、理由は兎も角、聴ける事は有難い事だ!因みにソリストは、エリーザベト・シューマン(S)、ケルスティン・トルボルク(Ms)、アントン・デルモータ(T)、アレクザンダー・キプニス(B)、合唱は、ウィーン国立歌劇場合唱団である。尚、この演奏が、陽の目を見たのは、1986年であった。さて針を降ろすと音質も良く、鑑賞には、何の支障も無い!だが演奏は、流石に時代掛っているので、人に寄っては抵抗が在るだろう!何せ冒頭の入祭文からテンポが遅くて表情も重たい!それと当時の演奏の慣例であるポルタメントが影響してか、更に其れを助長している様だ!現在では、まだスッキリやるだろうが、常に粘り気味である。キリエも其のまま進むので、2重フーガも物凄く構えが大きく聴こえる。つまり演奏様式が浪漫的なのだが、怒りの日もティンパニー奏者がリズムを間違う程、叩き捲っているので気持ちも解かろうと言うものである。だが2部の金管のミスは痛い!歌手達の歌唱は、古い時代の演奏を聴くんだと割り切って聴けば、そんなものだと聴く事が出来るレベルだ!第4部の「思い出させ給え」もソリストの好演も在って聴き応えが在る。第5部のリズムも引き摺る様で重いが、重量感が凄くうねる様だ!だから第6部の「涙の日」が何と悲しく、涙をいっぱい溜めたモーツァルトの表現が是程似合うものは無く、合唱も絶唱を聴かせる。作曲家は、此処で絶筆と成ったのだが、演奏も此処で終わらせても良い位の充実感がある。しかし第4曲の奉献文を聴かねば成るまい!説明も野暮だが、是は、ジェスマイアー版である。前半の演奏が重かったので、どうかと思ったが、やはり重い!此処は、もう少しスッキリ演奏すると前半との対比が取れて聴き易いのだが、巨匠は、そんな事御構い無しである。だが是が時代のスタイルなのかとも思う!第2部の「賛美のいけにえ」の「主よ賛美の犠牲と祈りとを主に捧げる」と歌う合唱は綺麗だが思い入れも濃い表現である。その点では、続く第5曲の「聖なるかな」も同じ事が言えると思う!此処では重い表現が壮大さを増す要因を作っていると言える。もしかしたら巨匠は、弟子のジェスマイアーの書いた箇所とモーツァルトの対比を避けたい為の策かも知れない!第6曲の「神の子羊」も慈悲深く、終曲の聖体拝領誦も荘厳に締め括る。粘った重たい表現の演奏を探している人には、御薦めの1枚である。復刻は、Keith Hardwick である。

人気ブログランキングへ
クリックどうぞ!
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ