2011/2/27

ローマの祭り  クラシック


クリックすると元のサイズで表示します
RCA-Victor LM-1973 LP 1956


レスピ―ギのローマ三部作からの一曲だが、現在迄に発売されたレコードやCDでは、未だにトスカニ―ニのRCAビクター盤が最高で、越える処か同等のレベルにさえ追いつくのも困難な様である。況して三部作粒揃いのものは更に難しく、あのカラヤンでさえ噴水と松は手掛けても祭りは到頭録音しなかった。アンセルメも然りである。勿論、全曲残している指揮者も居るが、祭りのクオリティーだけは、トスカニ―ニに及ばない!そう言う点では、カラヤンのDGG盤は、本当に残念である。てな訳で、此処で紹介するのは、当然、トスカニ―ニ盤である。噴水と松は、既に紹介済みである。楽団は、NBC交響楽団、1949年に収録されたものである。やはりアナログ盤で聴くには、音質面での老化が気になるので、普通に一曲を片面にゆったりカッティングした盤が、やはり良い! さて演奏だが、「チルチェンセス」と言う暴君ネロが円形劇場で行った猛獣と剣闘士との戦いから始まる情景描写が凄まじく正しく圧巻!此処迄の騒乱を音で描き切るとは、巨匠恐るべしと言った位に結晶化した表現に舌を巻く!打って変って次の「50年祭」では、静謐だが緊張度に富んだ音楽をじっくり聴かせる。歓喜の賛歌を歌う巡礼者を描いている箇所では巨匠ならではの刃金のカンタービレが実感出来て最高!続く「10月祭」は煌びやかだが、牧歌的な風景画が浮かび、鳴り響く音楽は、本当にイタリアそのものである。 最後に「主顕祭」だが、これは祭りの前夜祭で広場に集まった人々の浮き立つ気持ちと言おうか、雑踏の賑やかな光景が目に浮かぶ程で、改めて是は祭りの音楽なんだと思う!情熱溢れるカンタービレも凄まじい!終始部も圧巻で、どうして此処迄出来るものかと圧倒されて曲は終わる。流石に初演者の演奏は素晴らしい!完全に曲を把握している。実は、是のレコードでは裏面の曲である。凄い音楽的な衝撃だったので、本来の表面は、少し時間を置いてから聴く事にした。さて次は、ゴーダイの「ハーリ・ヤーノシュ」である。是は、1947年の収録だ!曲の主人公は、バロン・フリードリッヒ・ミュッシュハウゼンの誇大妄想家の話に似ているが、此方は時代も違いナポレオンも絡むお話!前奏曲は、淡々としながら情熱的に始まり、「ウィーンの音楽時計」の煌びやかさに耳を奪われる。3曲目の渋い歌もいい感じである。続く「ナポレオンの敗北」は、戦争の描写だと言うのに旋律は、とてもヨーモアに満ちている。大ボラ吹きの自慢話ゆえか?間奏曲の如何にもハンガリーを感じさせる表現は、聴き惚れる位である。聴いているとハンガリー舞曲が浮かぶのだから不思議なものだ!終曲の「皇帝と廷巨達入場」は、まるでおもちやの行進みたいだが、おどけた荘厳さが面白い!演奏も其れに答えている。音質は、共に優秀で素晴らしい!

人気ブログランキングへ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ