2011/4/6

コンサートホール盤のモントゥー  指揮者


クリックすると元のサイズで表示します
Concert Hall Society M-2357 LP


ピエール・モントゥーの指揮したベルリオーズの幻想交響曲のレコードである。巨匠の振った同曲のレコードは、5種存在するが、是から紹介するコンサートホール盤は、生涯最後の歳に録音に成ったもので収録当時は、89歳であった。さてこのレコードだが、収録年は、1964年である。楽団は、ハンブルク北ドイツ放送交響楽団との記載が在る。巨匠は、生粋のフランス人でしかもパリ出身だが手掛けたレパートリーは驚く程広い!此処では所謂、御国物のベルリオーズを紹介するが、ドイツの楽団を振って、どんな表現が出来るか購入した時は、興味津々で聴いたのを思い出す。思えば最近、聴く機会も無いレコードなので初めて聴いた時の印象が蘇るかと久々に針を降ろしたが、すぅーっと浮かび上がる様に始まる導入部から雰囲気満点である。それと突き刺さる様な弦の音色も素敵で徐々に燃え上がる情熱をじっくり表現させて聴かせてくれる。主部も其の流れだがフォルテが、こんなに気高く鳴り響くとは意外である。確かに豪快な一面も在るのだが、何処か品が在り決して野蛮に響かないのは感心する。楽団の個性も上手く生かしているので時に強豪な音がするが、其れも魅力だ!曲が進むと演奏のボルテージも上がるが、何処と無くおっとりした感じがする。第2楽章のワルツは繊細で、時に細かくテンポも動くが曲想に添っているので尚、デリカシーが感じられる。この楽団が是ほどチャーミングに鳴響くのも稀だろうと思われる。第3楽章は、野の風景だが徐々に浮かび上がる情景が写実的で目に浮かぶ程である。歌う弦も美しい!格主題の描き分けも的確で心の動きも繊細に聴く物に伝わる演奏である。時に物凄い情熱の高まりを見せて89歳の指揮者が振っているのが信じられない位だ!それは第4楽章の刑場の行進にも言える事だが老功だが若々しいと言う変な表現に成ってしまう!其処には凄まじい程の精神の爆発と共に指揮者としての経験の長さを感じさせる。終楽章は、宛ら集大成と言って良いだろう!此処まで評していた事が全部当て嵌まる。老功と言うのは強豪な造型もそうだが、この様な造形美もそう聴けるものでは在るまい!最後は信じられない程の怒涛の響きの中で曲を終える。因みにこのレコードは、1965年度のA.C.C.国際レコード大賞とA.D.F.フランス・レコード大賞を受賞している。

人気ブログランキングへ
0

2011/4/5

フランチェスカッティのパガニーニ  SPレコード


クリックすると元のサイズで表示します
Nippon Columbia Masterworks Set No.190 (Z 206/208) 78rpm
wax.xco42272 1A-A-A-4.42273 1A-A-1.42274 A-2.42275 1A-A-1.42276 1A-A-A-1.42277 1A-A-A-2


パガニーニのヴァイオリン協奏曲第1番である。これはLP初期の名盤だが、私はSPレコードで購入した。比較するまでも無く音質は、ダイナミックでLP盤とは雲泥の差が在る。これは単純にレコードの回転数の違いだが、SPレコードは、線速度が速い事から音の情報量に差が出て当然である。それとこのSPレコードだが、意外に材質も良い事から然程、針音も目立たず充分に音楽を堪能出来る。収録は、1950年である。そして伴奏は、フィラデルフィア管弦楽団をユージン・オルマンディが指揮をしている。前奏は、些か浪漫的に過ぎ凭れ気味だがフランチェスカッティは最初から快適である。この人は、パガニーニ直伝のヴァイオリニストと言われているが、それはパガニーニの門人カミッロ・シヴォリに学んだ事からそう言われる。オルマンディのサポートが万全な事もあり進む事に自身の音楽性も立ち上がる感じだ!音色が徐々に冴えてくる。技巧も冴え渡るが現在のヴァイオリニストと比べ音楽が豊かである。技巧派の一面としては、カデンツァを是見よがしに早いテンポで後半捲し立てる点が嫌味を感じさせる点だ!聴いていて、其処だけ不自然な印象を受ける人も居る事だろう!軌道を脱する程、調子が良いとも言えなくも無いが、続く第2楽章の積極性は、正に其の延長上に在ると見て良いだろう!劇的に始まる冒頭から曲にのめり込んだ演奏が聴く物を惹きつける。この楽章は一気に進み終楽章を迎える。その終楽章は最初から音が立っている。スタミナも充分な力感溢れる快演である。技巧にも破線は見られず素晴らしい妙技をみせる。只々感心しているうちに曲は終わる。

人気ブログランキングへ
0

2011/4/3

フラグスタートのブリュンヒルデ  SPレコード


クリックすると元のサイズで表示します
HMV England 78rpm DBS9323/5
wax.2EA12850-2.2EA12851-1.2EA12852-1.2EA12853-1.2EA12854-1



最近、SPレコードを聴いていない!それには特に是と言った理由も無いが、それでも聴き始めるとやはり良いものである。最近は、良質の復刻盤も増えてきているので確かにCDで聴く事も多くなってきた感じも在るのだが、それでも聴き比べる迄も無く音其の物の存在感や充実度は、当たり前だがSPレコードで聴いた印象とまるで違う!一言に言うとエネルギー感が全く違うので、その迫力たるものに圧倒されると言った感じか!特に電気録音以降のものは、断然SPレコードで聴いた方が良い!そこで久々に聴いて感心したのが、キルステン・フラグスタートの「ブリュンヒルデの自己犠牲」である。収録は、1948年3月26日にEMIのアビイ・ロード・スタジオで行われた。指揮はフルトヴェングラー、楽団は、フィルハーモニア管弦楽団である。この録音は、テープ録音した1952年盤と混同されるが、マトリクスNoが存在しており、一面目は、2ティク目で在った事が解かる。当時のフィルハーモニア管弦楽団の合奏能力も相当なもので壮大な音楽を聴かせてくれる。勿論、巨匠の音楽性も力強く羽ばたくと言った感じである。スカラ座公演より2年前の収録の為もあるのかフラグスタートの声も若々しい、素晴らしい自己犠牲である。EMIの復刻CDでは、音像の甘い処が気掛かりだが、このSPレコードで聴ける音は格別である。別にこの頃のレコードだからと言って、演奏を聴くのに難儀はない!改めて巨匠の戦後録音の復刻状態に疑問を持つ次第である。今年に成ってリマスターをアビイ・ロード・スタジオでやったものが発売されているが、正直またか?と思う処も在り、一応何点か気に成るものは購入しようと思うが、余り大きな期待はしていない!

人気ブログランキングへ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ