2011/6/30

モーツァルトのアリア集  歌劇・楽劇


クリックすると元のサイズで表示します
CBS SONY SOCF 130 LP


このレコードは、全てブルーノ・ワルターが指揮しているものばかりであり、4名の歌手が、3大オペラのアリアを歌ったものを集めたものだが、 伴奏を勤めたものばかりなので、敢えて巨匠のレコードとしての紹介では無く、アリア集として感想を述べよう!歌手が、主役のレコードだけに仕方在るまい!曲は、「フィガロの結婚」と「ドン・ジョヴァンニ」「魔笛」から聴く事が出来る。それと後からオムニバスとして編集したものなので、収録年も統一されていない!だが音質は、意外と良好なので何の不自由なく聴ける。最初は、リリー・ポンスから始まる。フランス語訳で歌っているが、不思議と不自然さが無い!リリカルな歌唱は、聴く者を魅了するものがある。夜の女王の有名なアリアも聴けるが、流石に当代唯一と言われたコロラテューラ・ソプラノの面目たる存在感を示し見事だと思う!収録年は、このアルバムでは、一番古く1942年である。次は、エリナー・スティバーだが、フィガロのアリア、「楽しい思い出はどこへ」の気品と共に風格を備えた歌唱は、とても素晴らしい!此処には、ドン・ジョヴァンニから「何と言うふしだらな」も聴けるが、其の高貴な印象は。この人ならではと思う!収録は、1953年である。当たり前の事だが、現在と歌唱のスタイルが、全く変わってしまったのが解る。次は、バリトンである。最初は、ジョージ・ロンドンである。この人と言えば、即座にボリス・ゴドノフが浮かぶが、此処に収録されているフィガロの「もし踊りをなさりたければ」と「もう飛ぶまいぞ、この蝶々」等は、この人らしい豊かで力強い歌唱が聴きものである。収録は、1953年である。尚、バルトロとアルマヴィーヴァ伯爵のアリアも収録されているが、声質から伯爵が合っており、「ため息をついている間に」で聴かれる風格も流石だと思う!最後は、エリオ・ピンツァである。収録年は、1946年だ!戦前で、フィガロ、ドン・ジョヴァンニと言えば、この人の当たり役であり、ワルターともザルツブルクで共演しているが、此処では、ドン・ジョヴァンニでもレポレロのアリアなのが少し残念!だが「カタログの歌」は、とても軽快で良いとは思うが少し控えめだ!魔笛からザラストロのアリア「この神聖な殿堂には」も聴ける。此方は、まだ良いが、やはり控えめに聴こえる。やはりこの人は、フィガロなのかなと思ってしまう!だから「もし踊りをなさりたければ」と「さあ眼をあけろ」の2曲に魅了される。この2曲では、水を得た魚の様に生き生きしている。だが、もっと弾けてもと思う処も在る。実演で燃える舞台人なのかも知れない!聴き終わって感じた事だが、CBSコロムビアにブルーノ・ワルターの正規の歌劇録音が無いのが惜しまれる。

人気ブログランキングへ 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ