2012/1/3

聴くと勇気の沸いてくる曲  交響曲


クリックすると元のサイズで表示します
Columbia Japan WL 5226 LP


聴いていると何となく勇気の沸いてくる曲は、誰にでも在ると思うが、私の場合は、ジュピター交響曲である。ジュピターと言えば、巷では、ホルストを差すように曲の印象にも変貌が在ったみたいだが、私が最初に知ったジュピターとは、モーツァルトの交響曲第41番である。好きな曲なので、どんな演奏で聴いても愉快なのだが、此処では、ブルーノ・ワルターが、ニューヨークフィルを指揮したレコードを紹介しよう!是は、現在では、ソニー・クラシカルで発売されているが、当初はコロムビアで発売されていた。ジャケット・デザインは、米盤共通なので、このジャケットに懐かしさを感じる人も居るだろうが、盤質も良いので、充分演奏に堪能出来る。この曲を聴いていて思うのだが、勇気が沸いてくる要素が何処に在るのか考えた時に曲の特性を分析する必要も在りそうだが、そんなに難しく考えなくても聴いていれば充分理解出来る。思いつく特性を挙げると「情熱」「喜び」「悲しみ」を感じるものの、何故か「怒り」の感情が聴き取れない!悲しみは、情念の発露みたいなものなので気持ちも解ろうと言うものだが、つまりマイナス的な要因が無いのが、聴き手の向上心を刺激するのではないかと聴けば聴くほど感じてしまう!このレコードの演奏も冒頭から力が漲っていて気持ちが良いが、巨匠の演奏には歌が在る。第1楽章は、剛と軟の妙な掛け合いが面白いが、この演奏は、その対比よりも勢いが凄い!それでいて造型は意外と質実剛健なのが不思議だが、ベートーヴェンでは軟弱に感じる巨匠も此処では本当に頼もしい!やはり相性が良いのだろうと思う!この楽章を聴き終えると一仕事終えたように感じる程充実している。第2各章の叙情的な旋律も美しく、時に緊張度を伴う慟哭は、胸に突き刺さる程のものが在る。そして何よりもオケの充実した響きも立派で言う事無しである。第3楽章もメヌエットと言う感じよりも、どっしりとした量感でスケール感が凄い!終楽章は、巨匠の風格が全てを支配しているような名演!聴いていると是ほど見事な構成的解釈も無いと思われる程だが、説明的に成らずとも音楽其のもので物語っているのが素晴らしい!収録は、1956年、まだ現役時の巨匠の姿を演奏で示している。カップリングとして1953&56年収録の第39番の交響曲がある。こちらのオケの充実度も素晴らしく、まるでベートーヴェンでも聴いているような男性的な表現が魅力的である。こんな感じでベートーヴェンを演奏すれば良かったのにと思う程だが、現実と言うのは、そう言うものなのだろう?だからこの曲も荘厳ながら逞しく始まる。しかしながらうっとりする様な歌謡性は、巨匠ならではのもので、聴く者の心を和ませる。それは第2楽章も同様だ!素朴なのに逞しい!重量級のメヌエットが聴ける第3楽章も素晴らしい!そして終楽章は唸りを上げて突進するようだ!

人気ブログランキングへ
 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ