2012/1/21

最近は、カラヤンを聴くのだが...  指揮者


クリックすると元のサイズで表示します
Nippon Grammophon SMG-2036 LP


最近は、やたらとカラヤンを聴くのだが、以前はアンチだったので不思議なものである。それも通俗名曲の部類は実に良く、過去に買ったレコードを引っ張り出して聴くのだが、其れもどんどん頻繁に成ってきている。是から紹介するレコードも其のひとつである。録音は古く1959年のものだが、現在の耳で聴くと如何にもアナログらしい豊満な柔らかい音質に魅了されてしまう!曲目は、ブラームス「ハンガリー舞曲」とドヴォルザーク「スラブ舞曲」の共に選集である。楽団は、もちろんベルリンフィルだが、「指揮棒の魔術師」と言われていた頃のカラヤンらしい演奏をしている。よくオーケストラの魅力を表現する言葉に「シンフォニックな魅力が...」云々と書かれるが、是も其の典型のものだ!華麗で豊麗、其れで洒落ている。巨匠の生前は、精神性と言う言葉を使い、アンチの人は批判合戦を繰り広げていたが、まだ対象と成る指揮者も居た事から何かと比較されていた。思えば聴き手にとっても良い時代だったと思う!当時、対抗馬とされていたのは、カール・ベームなのだが、両巨匠の新譜が出る度に購入時に迷った経験の在る人には懐かしい思い出だ!しかしながらカール・ベームも巨匠同様、新即物主義の洗礼を受けた音楽家で、違うのは、今から思えば単に特質の点だけだったので、華麗か無骨か程度の事だったと思う!其れでは演奏に触れるが、曲順は、番号通りには収録されていない!是は巨匠の狙いだろう!参考に表記すれば、ハンガリー舞曲は、5,6,17,3,1,20,19,18番と曲想の流れに添って巨匠なりの起承転結を表現している。だが聴いてみると効果的で、其れこそ狙いが解ろうと言うものだ!それにしても後年程、洗練されて無いとは言え、当時の華麗な響きには魅力がある。例えれば、ゴージャスなマントヴァーニだろうか?B面のスラブ舞曲も同様だ!是も曲順に特色がある。表記すると1,10,3,16,7の順番だ!第1番から圧巻だが、揶揄に値する演奏も在り、特に第10番の叙情的で儚い甘美な演奏だけを聴くだけでも価値の在るレコードだと言える。何気なくネットで、このレコードを調べていたら同じジャケット・デザインのCDを見つけた。息の長い演奏だ!

人気ブログランキングへ
 
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ