2012/1/28

賛否を呼ぶポルタメント?  交響曲


此処では、あまりモーツァルトの交響曲を取り上げていない印象が自身には在るが、其れは、演奏家や指揮者が極めて偏っており、少々躊躇している面が在ると自己分析している。事実、其の傾向を懸念してカール・ベームに至っては、別のブログが在る位だが、其の歌劇7作品は、其方で紹介しているので、此方では、御皿が回ってこないと言う事である。そんなものだから此処では紹介するにも意外と迷う?だからと言って厳選する気は、更々無いのだが?

クリックすると元のサイズで表示します
CBS/SONY 25DC 5196 CD 1989


前置きが長く成ったが、此処では、ブルーノ・ワルターのモーツァルトを紹介しよう!曲は、交響曲第40番と25番である。是は実況盤で、楽団は、ウィーンフィルである。実は、この演奏は、私が高校生の時にアナログ盤で所有していたのだが、現在、手元に残るのは、CD化されたものだ!其のジャケット・デザインは、幸いオリジナルなので、まじまじ見ると懐かしい!音質も嘗て持っていたアナログ盤と変わらないのも良い!しかし古い録音なので万人向けではない!最初に40番から聴いてみよう!此処で論点と成るのは、最初の主題に掛かる上行ポルタメントと言う事に成るだろう!其れについては、私も最初は、全く理解出来なかった!だから当初購入したアナログ盤が、現在存在しない理由かも知れない!ウィーン気質なるものを意識し始めたのも近年の事である。ウィーンフィルの特色の在る奏法は、以前から知っていたが、正直其の魅力は、恒例のニューイヤー・コンサートから気付いた人も多かろう?だが寧ろ往年のレコードから本格的に触れてこそ、其の良さも解ろうと言うものである。其れほどウィーンフィルでさえ現在では、変わってしまった。良い例が、1950年代まで聴かれたポルタメント奏法である。この奏法は、古来に於いては、自然に掛かるものだったが、現在の合理的な奏法では掛かり辛いので譜面上に指示が無ければ聴かれる事も珍しくなった。だが古い音楽ファンから言わせれば、是等を含めた音色が、同楽団の魅力だと断言する人もまだ居るのも事実である。このCDでは、正に其の時代のウィーンフィルが聴ける。だから万人向けとは言えない演奏でも在るが、此処には、現在消えてしまった人間味の在るモーツァルトが聴ける。基本テンポは速い!巨匠の同曲録音に於いても第1楽章は、特に最速だと思う!疾走するアレグロと表現した方が適切かも知れない位のものだが、曲に食らい付く様な演奏だ!そして最初に聴いて違和感が在った上行ポルタメントも聴き慣れるとチャーミングである。時に巨匠が旋律を口ずさむのも御愛嬌だ!てな事で余り頻繁に聴く演奏ではないが、現在では愛聴盤になった!第2楽章は、巨匠の心情が透けて見える程の内向的な表情が特色とされるが、表現も楽団と一体化しており自由自在だ!其れに対し、第3楽章は、厳格なリズムで、この世の厳しさを諭す様な演奏である。トリオのハーモニーは、美しく癒される。そして終楽章は、正に感情の嵐である。この演奏は、1952年5月18日に行われた演奏会の実況録音であった。次には、25番の交響曲が収録されている。此方は、1956年7月26日、ザルツブルク音楽祭での実況録音である。第1楽章は、怒涛の如く突き進みテンポも速く、此処までの表現をした演奏は、中々聴けるものでは無い!巨匠は、レコードに残した演奏も在るが、基本的な造型は同じでも此方の方が精気溢れたものに成っている。そして厳しい表現だ!其の厳格さは全楽章を支配しており、第2楽章の苦悩的な表現も身に詰まされるものが在る。だから第3楽章も突き放した様な厳しさが在る。其れは終楽章とて同様で、悲しみが疾走するかの様だ!尚、巨匠の同曲では同年のニューヨーク・フィルのものが更に激しい表現らしいが現行盤が、既に存在しないのが残念だ!余談だが、このレコードは、最初の再販のレコード・ジャケットの方がデザインが良い!

人気ブログランキングへ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ