2012/3/19

蛙の子  指揮者


クリックすると元のサイズで表示します
King KICC 100 1993 CD


よく父親の才能を受け継いだ子供の事を「蛙の子」とか「親子鷹」等と揶揄するが、此処で挙げる宇野功芳さんとて同様かも知れない!と言うのも宇野功芳さんは、漫談家である牧野周一さんの御子息だからである。父である牧野周一は、キャリアも活動写真の説明弁士からの古い芸人だが、現在では既に忘れ去られた芸人なのかも知れない!私自身も最後に見た記憶は、日曜日正午に現テレビ朝日で放送していた「大正テレビ寄席」辺りの記憶が在るが、その司会が弟子の牧伸二だったからゲストとして寄席をやったのかと思う程度である。そこでおぼろげながら覚えているネタが、確か弁士を務めていた時代を面白おかしく表現していたものだった。そこでは、スラスラと流暢な粋な話芸に感心した記憶がある。さて息子の宇野功芳さんは、斎藤秀雄に師事しており指揮の心得えが在るのも知っていた。実際に合唱指揮者としての腕前は、レコードでも確認出来たが、正直、オーケストラ演奏に於いての指揮にも興味が在ったので、このCDが発売された時には即座に飛びついたものだ。音楽批評家として、レコード芸術の月評とかで歯に衣着せぬ明快な文章に魅了された人も居るだろう!それは私も例外では無いが、著書の「新版フルトヴェングラーの名盤」や「ブルーノ・ワルター」のレコード紹介本を読んでから両巨匠のレコードを聴き始めた位だから影響も受けていた。宇野功芳さんは、兎角ネットでは酷評されているのだが、それは主観の強い批評だけに仕方在るまい!だから私も全部の批評文に対して賛同もしないのだが、参考にはなると思う!さてこのCDで聴ける演奏も凄い個性を感じる反面、賛否は否定出来ない!是は、1992年12月に東京サントリーホールにて行われた演奏会からの実況録音である。さて楽団は、新星日本交響楽団、合唱は、TCF合唱団、独唱は、森美智子(S)、安孫子奈穂美(A)、佐藤一昭(T)、水野賢司(Br)の面々である。此処の解説で作家の宇神幸男さんが「フルトヴェングラー以来の名盤登場!」と批評しているが、私には、どうも納得出来ず眉唾物である。だから宇神幸男さんが述べている即興的な表現も些か人工的で、音楽が自然に息衝かない箇所も在る。ベートーヴェンと言えば求心的で動的な演奏が相応しいが、宇野さんの演奏は、どちらかと言うと方向性が違う印象が在る。一言で言えば、ブルックナーみたいなベートーヴェンである。それは第1楽章冒頭の序奏部分から明らかだが弱音無視で良い意味で大らかである。楽器のバランスに関しても色々と気を使っているのが解る。当然、展開部も情熱より自然の雄大さを求めた表現なので物足りなさを感じる。そして終止部は寂しく儚く終わる異質なものである。第2楽章は、まるで手探りをするように始まる。それから進むのだが、移り行く光景を見るかの如くオケの音色を観察するようなデリケートな演奏だが如何に詮、リズムが重いのに彫が浅いのが気に掛かる。音色への気配りに魅了されるものの良く言えば柔らかく、悪く言えばキレが甘い!第3楽章は、宇野氏が如何にフルトヴェングラーから受けた影響が大きかったかを実感出来る。国内オケで、此処まで弱音が繊細に表現される演奏もそう無いだろうと思う徹底振りには頭が下がるが、もう少し自然に沸き立つものが在っても良いだろうと思う!例の警告の喇叭もあっさりとしている。そして終楽章冒頭は、ティンパニーの強打によって、目の覚めるような表現と言いたい処だが、割りと肩に力の入らない印象!其の後の歓喜の主題がピアニシモで入る箇所も幾等なんでもやり過ぎだろう!だが何処を取っても宇野氏の意図は読み取れるのは立派である。声楽が入ると本領を発揮したかと思う位に充実しているのには感心する。独唱者達も宇野氏の意図に応えている感じだ!そして最初の合唱は、バイロイトのフルトヴェングラーも斯くやと言う位のフェルマーターを掛ける。マーチの部分も活気が在って良い!合唱指揮者としての杵柄は大きかった!それだけ邦人演奏家としての「第九」としては奇跡的な水準に達しているのが素晴らしく極めて稀な完成度だと思う!但しそれは終楽章に限った感想である事を御断りしておこう!宗教音楽かオラトリオを聴いているような印象を受けるが、これも宇野氏の狙い通りかも知れない!尚、終止部は、フルトヴェングラーの様にプレスティッシモを掛けずにリズムを踏み締めて終わる。

人気ブログランキングへ
 
0

2012/3/3

ムラヴィンスキーの振る独境系作品  指揮者


クリックすると元のサイズで表示します
Victor Japan VDC-1116 CD 1986


エフゲニ・ムラヴィンスキーは、モーツァルトやベートーヴェンにも得意にしている曲が在り、現在では、CD化も進んでおり、聴けるものも多いのだが、モーツァルトは、39番の交響曲の録音では、嘗ては、モノラル盤も在り、其れも名演だった!此処で紹介するのは、ステレオ録音の方である。楽団は勿論、レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団である。収録年は、1965年2月23日、会場は、モスクワ音楽院大ホールである。別にこの演奏もよく知られたものなので、今更の感も在るが、このCDは、確かビクターの技術陣が、旧ソ、メロディアへ出向してリマスタリングした事で話題に成ったものだが、初めて聴いたアナログ盤とも音質の印象も異なるので、どちらが良いのかは、好みの問題だが、私は、嘗てのアナログ盤に親しみが在った!其れは、旧ソ盤だったが、空気感が如何にも実演ぽくて、そう悪くも無いのだけど硬質な重量感を感じる事が出来るのは、このCDなのだから、やはりこの辺は好みかも知れない?残念なのは、高音域の鮮やかさが減退した事だ!つまり其処が空気感だと言えるのだが、私の様にアナログ盤で親しんだ人には、些か其の違いに戸惑われた事だと思う!さて演奏だが、序奏部冒頭のきっぱりとした造型は、正にムラヴィンスキーならではである。そして、とても禁欲的な響きがする。此処だけでも他の指揮者とは次元が違い、感心する事しきりだが、主部も簡潔に無駄が無く、規則的では在るが、不思議と人工的でも無い!常に音楽が息衝いている。つまり完全主義者が音楽をやるとこの様になる見本であるとも言えるだろう!テンポも早めだが、各主題の描き分けも鋭い!続く第2楽章も誠に神経が透けて見える様な繊細な表現である。純度も勿論高い!弱音のデリカシーも素晴らしい!次の第3楽章は、リズムに匠の技を魅せた巨匠の特質が光るものである。此処でもトリオに純真な響きが聴かれて、まるで天使が舞い降りた様な錯覚に陥る。終楽章も同質な表現ながら即興性が強く聴いていて「ハッ!」とする閃きに満ちている。全曲を貫く緊張感が素晴らしい!尚このCDには、カップリングとしてベートーヴェンの交響曲第4番が収録されている。是は、1973年4月29日にレニングラード・フィルハーモニー大ホールで行われた演奏会からの実況音源である。この曲での巨匠も誠にスマートだ!だから序章部も変な溜めも無く、テンポも早い!それは主部への入りも同様なので、人によっては物足りなさを感じるだろうが、この演奏に慣れると他のレコードやCDで聴く演奏が粘りすぎて些か凭れてしまう!何処を取っても理性的に曲に接しているので尚更そう感じるのだろう!全てが巨匠の計算通りに進んで行く印象がある。それは第2楽章とて同様だ!この楽章も早いテンポで淡々としながら旋律1つ取っても歌が在り、意味深い響きがする。早いテンポの演奏は幾らでも在るが、ムラヴィンスキーのだけは別格だ!第3楽章も呆然としてしまう!だから終楽章も只早くて熱狂的な演奏とは次元が違い、此処まで全てのニュアンスが生きた上に自在な点に巨匠の偉大さを改めて感服してしまう!カルロス・クライバーが子供に見えてしまう演奏だ!

人気ブログランキングへ
 
0

2012/3/2

クレンペラーから垣間見るハイリゲンシュタットの遺書  指揮者


クリックすると元のサイズで表示します
Toshiba EMI EAC-40055 LP


第2番の交響曲である。この曲は、ベートーヴェンが耳が聴こえなくなり「ハイリゲンシュタットの遺書」を書いた時期に作曲されたものなのだが、曲想は、其れとは裏腹に希望に満ちており、聴いていると何とも清々しい思いがする。青春の響きとも言いたい位だが、どんな曲でも作品を厳しく突き放し客観的に真実を突き詰めるクレンペラーなれば、どの様な演奏をするか興味深い処だ!楽団は、フィルハーモニア管弦楽団、収録は、1957年にキングズウェイ・ホールで行われた一連のものである。早速、演奏の感想に触れるが、冒頭和音の響きは厳しく禁欲的ないつもの巨匠の姿がある。だから壮大さよりは譜面上の音を在るがままに表す。それは第1主題のアレグロ部分とて同様で余計な装飾を感じない純度の高い音楽が目の前に展開される。それにしてもフィルハーモニア管弦楽団は優秀だ!巨匠の下で真摯に音楽に喰らいつく姿勢と絶妙のアンサンブルが、それに応えている。いざと言う時のテインパニーの打ち込みも壮絶で、聴いているとぶっ飛ばされる思いがする。巨匠の特色である狂気性も勿論兼ね備えているので決して一筋縄では済まない第1楽章だった。第2楽章も基本は同じで誠に純度が高い!曲想自体は甘美なものだが感傷的には絶対ならずに陶酔する事を拒んでいる様に聴こえる。是ほど孤高なラルゲットもそう無かろう!後半楽章は、この作品が発表された当時は、前衛音楽だった事を思い出させる演奏で、作品の欠点すらも暴く厳しさがある。複雑にリズムが交差する楽章だが温和な処が1つも無い!常に響きが厳格だが音圧的な迫力よりも造型面の確かさで圧倒される。終楽章も勢いのみに任せる事無くインテンポを徹底する事で、やはり譜面上の音のみで真剣勝負をしている。それにしても内部から青い炎が燃え立つ硬質な響きには凄い緊張を感じ作品の本質を見つめ直すには是ほど絶好の演奏は無いと思う!テンポは遅いが、不思議と停滞感は無い!余白には、序曲が2曲入っている。最初は「コリオラン」だが、是も気品に満ちた厳格な演奏である事には変わりなく冷淡で純度も高い!「プロメトイスの創造物」序曲もある。冒頭から重量級だが、やはり響きは濁らない!導入部のアダージョ部分も独特の緊張感で束縛する。主部のアレグロも決して突進しないが、中間部の木管は美しく草原で野花を見つけた様な風情がある。聴き終わって改めて巨匠の偉大さに気が付いた一枚である。

人気ブログランキングへ
 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ