2012/4/16

ようやく見つけた一枚なのだが?  管弦楽


クリックすると元のサイズで表示します
Toshiba EMI WF-70033 LP


このレコードは、ようやく見つけた一枚なのだが何故かしっくりとこない。確かに見つけた時は嬉しくて。これでようやく聴けると喜んでいたのだが、いざ聴こうとなると意外と心地が悪い。このアルバムは、ヴィルヘルム・フルトヴェングラーの戦後から晩年の英HMV録音をまとめたものである。楽団は、全てウィーン・フィルである。私の御目当ては、リストの「前奏曲」であり、スメタナの「モルダウ」だったのだが、録音状態は明瞭なものの、とても聴き辛い。何故そうなるのか不思議なのだが結局、私の感性に合う音色では無かった訳だ。こんな個人的見解で申し訳ないが、レコードも第一印象で相当左右される。それらの曲は、B面に収録されているので、アルバムに収録されている順とは違うが、リストの交響詩「前奏曲」から感想を述べよう。さて針を降ろすと巨匠の特徴であるズシリとして深い重量級の響きが聴こえてこない。収録は、1954年のもので同年ならウェーバーの「魔弾の射手」序曲のようなイメージ通りの録音も在るのだが、残念な事に是は違う。一聴して確かに明瞭な録音だが音色は硬く音楽として耳に届かない。それと重量感とは無縁の低音感の無さも致命的である。つまり音痩せしているので実在感が感じられないので、本当に聴いていて辛くなるカッティングである。だから其の点を差し引きした評価となるので御勘弁頂きたい。しかし精神性と言おうか辺りを払うような静けさは巨匠ならではである。繰り返されるピッチカートの度に音楽が膨れ上がるので素晴らしく、金管が高らかに歌い上げる箇所も良いのだが、やはりテンポの動きも巨匠特有のものである。「振ると面食らう」なんて、古老音楽ファンの揶揄も聴いていて、その通りだと思う。実は其処が気になる箇所でもある。強引なアコーギクは、やはり何回聴いても不自然だ。とは言え弦の気品の良い優美さにも聴くべきものがある。ウィンナホルンも良い味を出している。それは曲自体の内容が大した事無いので尚更外的な部分に耳が奪われるのだろうが、曲の内面を見つめる巨匠の態度は曲の特性を超えている面も在り、何とか面目を保っているようにも感じられ時に壮絶な響きも聴かれる。次はスメタナの「モルダウ」である。収録は、1951年である。とても適正なテンポでフルートが歌うが、余裕の在る表現で聴いていると気が付いた時には音楽に引き摺り込まれるような自然さが在る。例のモルダウ河の主題も情緒が在り、深いカンタービレも素晴らしいと思う。情景描写も申し分なく、神聖な月夜の主題も同様である。後半の濁流もシンフォニックな表現で曲の醍醐味を感じさせるのに充分である。是も演奏が曲を超えた印象が在る。順不同だが、此処からA面の曲の感想を述べよう。最初はメンデルスゾーンの「フィンガルの洞窟」序曲だが、戦前のポリドール盤と比較すると丁重な表現ながら情景描写に関しては少々劣る感じがする。次のシューマンの「マンフレッド」序曲もそうだが、どちらかと言うとウィーンフィルを聴くべき演奏だと思う。壺は、しっかり抑えているので是だけでも充分てな感じもするが欲を出せばキリが無い印象だろうか?尚、この面の最終には、ニコライの「ウインザーの陽気な女房達」序曲が収録されているが、両者の魅力が遺憾なく発揮されている秀演なので寧ろ此方の方が面白く聴けた。リズム感が最適で本当に陽気な演奏だ。此方の面は、1949〜51年の収録である。

人気ブログランキングへ 

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ