2013/12/30

ロストロポーヴィチのブラームス  室内楽


クリックすると元のサイズで表示します
The Bruno Walter Society-Nippon Columbia OW-7220-BS 1980 LP


ムスティラス・ロストロポーヴィチは、ルドルフ・ゼルキンと共にブラームスのチェロ・ソナタを1982年に独.DGGで録音しているのだが、その演奏を聴いて何だか物足りなさを感じる人も居る筈だ。確かに朗々たる演奏で如何にも大家の余裕を感じさせるのだが、あまりにも楽曲に対して消極的過ぎて、もう少し表情の豊かさが在っても良かろうと思ってしまう。ゼルキンの伴奏も従順過ぎた。だからその反動で積極的な演奏を聴きたくなるのだが、同じ朗々とした演奏でもピエール・フルニエがウィルヘルム・バックハウスと組んだ同曲では、もっと深いものが在った。更に哲学的で難解なブラームス像さえ浮かび上がる名演だった。確かにブラームスには、そんな一面が在るのだ。そこで出会ったのが、このレコードである。然も音源も不明な悪名高い?ワルター協会盤だ。幸いと言えばステレオで収録されている位だろうか?しかし残念な事に1番しか聴けず、録音データーも単に1974年に収録したものであるとしか解らない。だが演奏は魅力的だ。実況録音らしいが、スヴィアトスラフ・リヒテルと組んだ事で生じた相乗効果が素晴らしく、互いの個性で火花を散らす名演となった。第1楽章を聴いてもそうだが、再録の演奏が嘘のように表情が大きくダイナミックレンジも広い。ブラームスの内省的な一面も充分表しているのだが、内に秘めた情熱が発露する瞬間が素晴らしく、その躍動感は後年のものにはないのだ。伴奏のリヒテルは曲の全体像を静観しており、客観的だが、時に自身の主張は通す強さがある。第2楽章も基本的な姿勢は変わりない。とても表情も細かく、揺れるように儚い曲の心理が上手く表現されている。終楽章は、宛らその集大成と言ったところだろう。双方の絶妙な呼吸に聴くべきものがある。裏面には、グリーグのチェロ・ソナタが収録されている。此方の収録年も1974年である以外の事しか解らない。勿論、会場も不明だ。演奏は曲の特性のせいか、互いの主張は更にぶつかり合う。表情も艶かしい。此方は熱演だ。

人気ブログランキングへ 

0

2013/12/2

ストラヴィンスキー自身が振る「エディプス王」  歌劇・楽劇


クリックすると元のサイズで表示します
Fhlips-Netherlands A 01137 L LP


ストラヴィンスキーが自作曲を振った録音は多数在り、R・シュトラウスと並んで最も商用録音が多い作曲家だと思うが、同じ曲も何度も再録しているので、その時代によって作曲家自身が自身の作品をどう考えていたかを垣間見るには絶好の録音ばかりである。録音歴も古く1920年代後半から存在するが、その一部は東芝EMIのGRシリーズでも復刻されていた。それに1971年まで存命だったので、録音方式も78回転盤からモノラルLP、そしてステレオと技術の恩恵も受けており、リマスターされてCD化したものを聴いていると「これは供養みたいなものか?」と思ってしまう。さて此処で紹介するのは「エディプス王」である。ストラヴィンスキーは、同曲を2回録音している。ジャケットの絵柄を見て「嗚呼」と思う人は正解だ。これは米国コロムビアでも同じ絵柄なのだが、実は配色が違う。若干、デザインも違うが見た途端「これだ!」と思うものである。収録は、1951年10月7日にケルンのフンクハウスで行われ、同ホールの杮落としとなった。さて「エディプス王」と言えば、数々の亜流作品が在る程の人気作品だが、確かに因果因縁めいた話なので、時代を置き換えたりと設定次第で、どうにでもなる。人によっては「オディップス」と言った方が通りも良かろう。この原作は、古代ギリシャ三大悲劇詩人の一人であるソポクレスが、紀元前427年ごろに書いた戯曲なのだが、ギリシャ悲劇の最高傑作との評価も高い。尚、話の内容には触れても良いが、此処ではレコードを主に取り上げているので割愛しよう。ストラヴィンスキーは、作曲を1925年から始めたらしいが、初演に漕ぎ着けたのは1927年の事である。台本は、ジャン・コクトー、歌唱部分のみは神学者のジャン・ダニエルーがラテン語に翻訳した。ジャン・コクトーの指定では、ナレーションに関して上演国の観客の言語に翻訳して朗読しても良い事になっている。楽団は、ケルン放送交響楽団、合唱は、北西ドイツ放送男声合唱団である。配役は、ピーター・ピアーズ (T : エディプス)、マルタ・メードル (Ms : ヨカスタ)、ハインツ・レーフス (Br : クレオン)、オットー・フォン・ロール (Bs : ティレシアス)、ヘルムート・クレプス (T : 羊飼い)、そして語りは、ジャン・コクトー本人である。このレコ−ドは、同曲のファースト・レコーディングとして知られているものだが、何故かCD化されたのは再録のステレオ録音のみで、LP時代に発売されたCBSの「ストラヴィンスキー全集」でもモノラル録音は復活しなかった。つい講釈が長くなってしまった。本題に触れよう。針を下ろすと実に雰囲気の在る語りだが、流石に書いた本人なので堂に入っている。それに後年の他の演奏に聞かれるような演技過剰なものでは無いので聞き易い。最初の合唱も素朴、骨太で作曲家自身の指揮も内容だけを明らかにしていく。聴いていても感心するのは、何にも余計な事をしていない事だ。ピーター・ピアーズの歌唱も落ち着いている。だが此処まで聴いて、この演奏を始めて聴く人は、とても地味な印象が在るのではなかろうか?意外と色彩感も音色が暗い。だがこれは、「ドイツの楽団だから?」と思うかも知れない。だけど必要な音色は充分だと思う。それよりも確信に満ちた演奏は、やはり説得力も強い。歌手も作品の音色に合う声質なので不自然さが無い。それと存在感を示しているのは、マルタ・メードルである。この人はワーグナーでも知られているが、現在、此処までの歌唱を示すのは、ジェシー・ノーマン位だろう。全曲聴き終わって感じたのは、作曲家は、この作品をオラトリオとして考えていたのが良く理解出来た事である。それ程古典的な演奏だった。

人気ブログランキングへ 

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ