2015/9/18

さよなら銀河鉄道999  映画


クリックすると元のサイズで表示します
Nippon Columia CB-7114-5 2LP 1981


こちらのブログではクラシック音楽のみではなく、気が向いた時とか倦怠感を感じた時に別なジャンルのレコードを取り上げるのだが、今回は敢えて「さよなら銀河鉄道999」のサントラ盤を取り上げよう。こちらは御存知の世代ならば、「銀河鉄道999」の続編であり、完結篇なのも説明をするのも野暮だが、公開から既に可也の年数を経ており、古典としても良い位の作品なので、そんな紹介になってしまう。こちらの作品は、まだ東映動画が長編アニメを御家芸としていた頃のものだが、それ自体も低迷していた時代なので、所謂「松本零士ブーム」は、同社には良い活力となったのではないかと思う。1981年とはそう言う時代だった。それで小生もこの作品を観てはいるのだが、それは前作の出来が記憶に残る快作だったので、気になって観たと言う事だ。此処でこの作品の感想を述べるのも野暮な感じもするので敢えて避けるが、色々な要素が詰め込まれていて少々、散漫な印象もあった。監督は前作同様「りん・たろう」だが、監修を市川崑が務めた前作と比較してしまうのも仕方あるまいと思う。それで総合的な感想だが、何となく当時に公開されていた「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」の人物設定を彷彿とさせる処があり、こちらの音楽を手掛けた「東海林修氏」の劇音楽が、何処となくジョン・ウィリアム風で、「おやっ。スーパーマンか?」なんて思わせる序奏の曲もあるのだから何と言って良いやらと思う。然もこの作品のモチーフとなるテーマが、どう聴いても「ジュダイ」のテーマが同時に頭に響くのだから「勘弁してくれ」と思ってしまう。だがそんな面の狭間で、東海林氏特有の情緒豊かな曲もあるので一筋縄では行かない。曲自体のスケール感もこちらの方がある。此処で作曲家の「東海林修」の名を聞いて「あれっ?」と思うのも無理はない。この人は、1960年代は、洋楽のカバーでも知られ、1962年、中尾ミエの「可愛いベビー」の編曲を手掛けていたり、その中尾ミエと伊東ゆかり、園まりの「ナベプロ三人娘」を始め、ザ・ピーナッツ、梓みちよ、田辺靖雄、鹿内タカシ、内田裕也、ほりまさゆき、紀本ヨシオなどによる洋楽カバーポップス作品を多数編曲しているのだ。だからそんな音色も此処では聞ける。更に述べると1963年にリリースされたザ・ピーナッツ「東京たそがれ」(岩谷時子作詞/宮川泰作・編曲)は、発表当時は全く売れないので、再編曲を依頼されて翌年に「ウナ・セラ・ディ東京」として再発売すると大ヒットしてザ・ピーナッツの代表曲となってしまったなんて功績もある。その後は、その功績から渡辺プロの専属アレンジャー及び作曲家として活躍していたので「シャボン玉ホリデー」やらの音楽担当にもなっていた。なので「ザ・タイガース」「ザ・ワイルド・ワンズ」等のグループ・サウンズの作品も多数編曲している。そこで「へぇー」と思ったのは、トワ・エ・モワのデビュー・アルバム「或る日突然」を手掛けたのも東海林氏だった。それとシャボン玉以来、日本テレビの仕事もあり、「笑点」笑点のテーマ曲の新アレンジも担当している。然も例の「パフ」は、東海林修指揮のもと録音中の、効果音係のハプニングとの事だが、そのまま採用され、「笑点」と言えばコレを指す位なのだから解らないものだ。尚、この映画音楽は、熊谷弘が指揮するコロムビア・シンフォニック・オーケストラだが、編成は、76名の大編成である。そのピアノ部分は羽田健太郎氏が参加しヴァイオリンは、篠崎正嗣氏で、世界的なマリンバ奏者である安倍圭子等の錚々たるメンバーで構成されている。こうして紹介すると凄いサントラ盤だ。つまりこれは知れば凄いアルバムだ。LP盤2枚組の大曲だ。

人気ブログランキングへ 

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ