2016/3/14

バックハウスのベートーヴェン Part.3  器楽曲


クリックすると元のサイズで表示します
King-Londn(Decca) MZ 5003 LP 1969



鍵盤の獅子王ことウィルヘルム・バックハウスが弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタである。尚、巨匠のレコードを御持ちの方は、御存知かも知れないが、英.Deccaには、ベートーヴェンのピアノ・ソナタの全集が、モノーラルとステレオ録音双方に在る。此処では、旧全集であるモノーラル盤を紹介する。どちらが良いかは、個人の好みかも知れないが、私は、旧全集の方を好む。何故かと言えば、後年のものと比べて巨匠が嘗て技巧派として腕を鳴らした面影を知るには、とても最適なレコードだからだ。しかし巨匠はこの頃から上手いのに下手そうに弾く。なのでこれから紹介するものも、そんな傾向の演奏だ。さて最初は第7番だ。第1楽章は、Prestoでソナタ形式だが、とても快適だ。それで此処で聴けるバックハウスは、嘗ては技巧派で評価があったピアニストだったのを彷彿とさせる演奏をしている。然も堂々としており、骨格が骨太なので、これこそベートーヴェンだと感心する。そして自由自在だ。それに駆け抜ける推進力さえ感じる。第2楽章、即ち Largo e mestoで三部形式だが、ベートーヴェン自身が「心の憂鬱を表し、そのあらゆる陰影や相を描く」と言ったとされる主題は悲しいが、巨匠は必要以上の悲劇性は表現せずに淡々と弾いている。ゆっくりと内面を見つめる表情が印象的だ。第3楽章は、Menuetto,Allegroだが、その主部は四声体的に書かれている。そんな構成の楽章なので、とても立体感がある。その主題の描き方だが、聴けばその通りみたいな演奏をしており、余計な解説をせずとも音楽の方から語り掛けてくる。終楽章はRondo,Allegroである。此処でも淡々と弾き込んでいるのは変わりない。だが主題の描き分けも適切なので、聴いているだけでも楽曲が理解出来る。此処でも作品そのものの姿を素直に表している。そして淡々と曲は閉められる。次は第9番である。第1楽章は、Allegroである。演奏はとても明確で、あるがままなのが良い。途中鮮やかで目が覚める。そしてテンポの速い個所は結構早い。そんな処に良い意味で巨匠の若い気持ちが出ている。第2楽章は、Allegrettoである。これも巨匠ならではの作為のない演奏だが、何もやっていないような演奏にも関わらず説得力がある。そこが巨匠の音楽性なのかと改めて思う。第3楽章は、Rondo, Allegro comodoである。目まぐるしく交差する主題が面白く表現されている。音色は地味だが聴くべき点は多い。コーダのトッカータ部分も見事だ。そして次は「悲愴」で知られる8番だ。この表題は珍しく作曲家自身が付けている。第1楽章は、Grave - Allegro di molto e con brioで、ソナタ形式だが「悲愴」と言う表題に捉われない演奏は寧ろ評価すべきだろう。だから深鬱な序奏部分も殊更強調をする事なく進む。それから駆け上がるのだが、その辺の鮮やかさに巨匠のヴィルトゥオーゾ的な一面を聴く事が出来る。それが聴けるのは、このモノラル盤の全集だけなのだ。後年のステレオ録音による再録には、それが消えている。しかしながらそれは奏者には仕方がない事だろう。ゼルキンやホロヴィッツの晩年もそうだった。ルーヴィンシュタインもそうだ。此処で変に細工をしない巨匠の音楽性が遺憾なく発揮されているのは第2楽章だろう。これは、Adagio cantabileで小ロンド形式だが、楽曲の味わいが滲み出ている。深さに於いてはこの楽章は再録の方が勝るとは言え、この演奏も捨てがたい。第3楽章は、Rondo; Allegroである。この演奏も何の作為もないので素直に耳に届く。小生はこれでも充分だ。最後は10番である。第1楽章は、Allegroでソナタ形式、対話をするような第1主題に特色があるがほのぼのとする。此処に温かみを感じるのだが、巨匠の演奏は、数々の艱難辛苦を共にした夫婦が昔話をする趣がある。そんな演奏である。第2楽章は、Andante主題と3つの変奏を伴うが、とても素朴な表現ながら聴き手に語り掛ける。そこが良い。第3楽章は、Scherzo,Allegro assaiでロンド形式なのだが、地味な鮮やかさが素敵だ。表現は変だが本当にそうなのだからどうしようもない。聴き終わった後からじわじわと感動した演奏だった。

人気ブログランキングへ 

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ