2011/1/13

トスカニーニの新世界  指揮者


クリックすると元のサイズで表示します
Victor Japan LS2014 LP


モノラル期の名盤であり、ジャケットも有名過ぎる位、有名なので、何を今更と言うレコードなのだが、有名過ぎるのが災いし、聴いてもいないのにトスカニーニのイメージによる偏見から敬遠したり、定番有名曲過ぎて、曲自体を好きでは無い人もいるので当然だろう!かく言う私もそうで、ヴィヴァルディの「四季」やチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番等は嫌いな曲である。だが名盤と言われたものは、一応確認する理由で聴く必要もあるので購入する事もある。是もそんなレコードである。だから国内盤で、たまたま立ち寄った中古レコード店で偶然見つけたので入手に至ったと言う事である。此処にレコードが存在するのは、つまりそう言う事である。このレコードが販売された当時は、まだ5番と呼ばれていた「新世界」だが、シューベルトを例に取るように後に番号が変わった交響曲も多いが、当初のイメージと言うものは、中々拭い切れないだけに困ったものである。そんな事を嘆いていても始まらないので、このレコードの感想を述べるが、オリジナルである米国プレスの巨匠のレコードを聴いた事のある者からみれば、国内盤の些か生彩に乏しい音色は残念に聴こえる事だろう!それは、この盤とて例外ではないのだが、こんなものだと思って聴く他は無い!さて演奏だが、序奏は早く凝縮された印象を受ける。各主題の描き分けは、些か割り切られすぎの印象も受ける。つまり主題に付いてまわる思い入れなんてものは無縁の演奏である。主部も快調だ!そんな調子で第2楽章も進むので、この楽章に思い入れの在る人には向かない演奏だ!広大な大地が浮かぶ事は無い!久々に田舎に帰ったら農地が宅地分譲されて住宅商社のビルダーに成っていたり、奥にはジャスコでも建っている風景が浮かぶ!そして昔は、こうだった!とか言って偲ぶ感じの演奏である。それでいてフォルテシモは壮絶だ!だから第3楽章は怒涛の渦に巻き込む様な趣きが在り、大変煌びやかである。疾走する様は凄まじい!中間部のトリオで少し息が付ける。終楽章の勢いも凄いが、巨匠の演奏で有名な主題を聴いても通俗的に成らないのは不思議である。この曲が嫌いな人は、そこをべったりと演奏されると嫌気が差すのだろうと思う!まして大袈裟に誇張でもされたら最悪である。巨匠は、此処でも早めのテンポで飛ばすが、余計な不純物さえ取り去っている様にも思え、それでも音楽が満ち溢れているのは素晴らしい!伊太利亜式のカンタービレも此処では正解である。フィナーレは圧巻である。楽団は、NBC交響楽団だが、この曲は、ニューヨークフィル時代にも録音して欲しかった!

人気ブログランキングへ
クリックどうぞ!
2



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ