2011/1/30

エーリッヒ・クライバーの復刻盤  指揮者


クリックすると元のサイズで表示します
Kig-Telefunken MZ 5097 LP 1972


これは、エーリッヒ・クライバーが、ドイツの国策会社である。テレフンケンに録音したものを復刻したLP盤である。しかし疑問に思うのだが、反ナチスとしてナチスに追われた巨匠が、何故、テレフンケンで数多くのレコーディングをしているかと言う事である。その理由は、調べてみる必要が在りそうだが、此処では、妙な詮索はせずに素直に演奏の感想を述べよう!A面にシューベルトの当時は、8番と言われた未完成交響曲、B面は、ベートーヴェンの2番の交響曲である。順番通りシューベルトから聴いてみる。楽団は、ベルリンフィルである。巨匠の演奏様式は、ウィーン風との風評も在るが、実際には、ベルクの「ヴォツェック」やミヨーの「クリストファー・コロンブス」等の現代音楽の紹介にも力を入れており、ストラヴィンスキーもレパートリーにしていた。つまり当時の新即物主義の洗礼も受けており、演奏様式については、一筋縄では無い!敢えてウィーン風と言うのは、趣向が巨匠のセンスに合っていたと言うだけかも知れない!このシューベルトもその部類である。さて演奏だが、序奏部分は、それなりの重さを感じるものの軽やかな足取りで小気味良く進む。そう言った点で、かなり現代的なセンスの演奏である事が解かる。だが速いテンポの中でも各主題の描き分けが出来ており、聴く者を飽きさせる事も無い!テンポも聴かせ処は緩めているので単調に成らないのも良い!終始部もアッサリ終わる。その代わり第2楽章は、テンポをじっくり落とし優美に歌っているのが巨匠らしい!アクセントの付け方も洒落ている。変に感傷的に成らないのも良い!壷もしっかり抑えた演奏だ!明確だが柔らかい演奏だ!そして名残惜しく曲は幕を閉じる。次は、ベートーヴェンである。作品としては、ハイリゲンシュタットの遺書を書いた様な時期の曲だが、曲自体は、春の喜びと言うか青春への賛歌の様な印象の在る交響曲である。2番は、元々そんな印象の曲だが、これも巨匠の音楽性と相まって見事な調和を聴かせる。楽団は、ベルギー国立管弦団との表記がある。序奏からセンスの良さを感じる演奏だ!何と言っても弦が良く歌う!巨匠としては、SP盤の時代に関わらず2回目の録音だが、再録に踏み込んだのは、其れなりの意志が在ったのだろうと思われる程、旋律が雄弁に歌われる。此処でもリズム感の良さが充分発揮されており、聴いていても心が弾む!そして第2楽章は、これがウィーンフィルだったら?とif文でものを考えてしまう程、優美である。優しいハーモニーに満ち溢れた演奏と言えば、解かってもらえるだろうか?木管共々良く歌うので、難しい事を言わずとも充分感動的である。ホルンの生かし方も気が効いている。感情の高まりと共に音楽が豊かに成るのも良い!第3楽章は、作曲当時は、終楽章と並び、前衛音楽でも在った訳だが、そんな特色よりもユーモアを感じる。これも各動機との交差が見事で、此処でもリズム感の良さがものを言ってるのが解かる。そして終楽章は、小気味良くサラリと進む。もう少し追い込みが凄ければ更に効果的とも思えるが、それでも終始部の畳込むリズムは巨匠らしい!最後に復刻の音質だが、悪くは無いものの高音域にもう少し明瞭さが在ればと惜しまれる。追記するが、シューベルトも再録である。

人気ブログランキングへ
クリックどうぞ!
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ