2011/2/21

ブラットナ―フォン  録音史


先にマグネトフォンについて触れているので、順序は逆に成るが、磁気録音方式の沿革に触れてみよう!磁性体を帯磁させることで音声信号を記録する磁気録音方式自体は、1888年に米国のオバリン・スミスが最初に着想しているのだが、システムとして実用化したのは、デンマークのヴォルデマール・ポールセン(1869年-1942年)と言う発明家が、1898年に完成させた鉄線を利用した磁気録音式ワイヤーレコーダー「テレグラフォン(Telegraphon)」が最初である。テレグラフォンは、後のワイヤーレコーダーの祖で在る。性能は当初、人間の声が、聴き取れる程度の実用水準であったが、1924年には、ドイツのクルトスティーレ博士(1873年〜1957年)によって多少の改善がされている。しかしながらオフィス用の口述録音機の粋は脱してはいなかった。しかし映画プロデューサーで在り、演出家でも在ったルイ・ブラットナー(1881年〜1935年)がドイツの開発者と共にワイヤーレコーダーの開発会社を設立しており、其等の装置は映画産業にも応用する事も想定していた。 最初の装置は、1930年9月に完成している。最初に関心を持ったのは、英国のBBC放送であった。そこでラジオ放送を目的に試験をした処、ようやく音楽再生にも可能性を見出したそうである。




そこで翌年1月には、製造元であるBlattnerphone社と5年間の賃貸契約の交渉を終えてラジオ・メディアで放送に使用された。尚、新開発の録音機は鋼線から6ミリ幅の鋼帯に改良されており、鋼帯速度は、5ft/secと言う早いものであった。鋼帯が巻かれているリールも巨大で直径1メートルは在ろうかと思われるものだが、収録時間は、20分であった。だが1932年9月には、鋼帯の幅が、3ミリに改善されており、収録時間も32分に延びている。それで肝心の特性だが、4Kz迄が限界だったが以来の物よりは遥かに技術上の見通しは明るかった。尚、鋼帯にした事で編集が可能に成った利点もある。接合方法は、調べてみたらハンダを使用したとの事である。




そして其の後も改良が進められて1934年には、其れなりの効果は得られた様だ!最初は走行系から手が付けられた。と言うのも以来のものは、扱いに対して余りにも危険と思われる要素も否定出来ないからである。其の結果、より走行が滑らかになり、駆動音も静かに成ったと言う事である。勿論、周波数特性も改善されて1935年には、6KHz、SN比も35dbと飛躍的な発展を遂げている。




このマルコニ―社が開発したブラットナ―フォンだが、ドイツの放送局でも使われた形跡が在る。それも1936年のバイロイト音楽祭の演目の収録に使用された様だ!此では、1936年のバイロイト音楽祭で上演された「ロ―エングリン」のレコードを紹介しよう!フルトヴェングラーが指揮した歴史的上演と言われているものである。 これもオリジナルの鋼帯の存在は不明である。このレコードのマスターは、鋼帯からディスクに転写されて保存されたものである。たぶんオリジナルの鋼帯は、戦災で消失しているか、米国か露西亜が研究用に持ち去った可能性も否定出来ないが、ドイツは、自国開発のマグネトフォンの性能が途中から飛躍的に改善されて以来の鋼帯録音機の必要性も無くなったので、残っている可能性も薄いと見た方が懸命かも知れない!

クリックすると元のサイズで表示します
The Wilhelm Furtwangler Society Japan LP 1985


さて演奏だが、最初にHMVが録音した第1幕前奏曲が収録されているが、その感想は、後から述べる事として第3幕の抜粋から聴いてみよう! 私は当初、伊.チェトラから発売されていた「ワーグナー・ドキュメント」なるレコードを聴いていたが、復刻の状態が万全では無いながらも感激してしまった事を思い出す。此処では、日本フルトヴェングラー協会のレコードを紹介するが、復刻は見事で申し分無い!第3幕の前奏曲が鳴り出した途端に演奏に引き込まれる程の素晴らしい緊張度だが、音色は明るく辺りを掃う様な神聖な威厳も感じる。巨匠の指揮振りも絶好調で物凄い推進力である。続く婚礼の合唱も暖かく雰囲気に呑まれてしまう!こんな古い録音からも弦楽器の繊細な音の絡みが聴かれる奇跡的な状態の良さに只々感心してしまった。勿論、不安定な処も無い訳では無いが、此処まで演奏が伝われば言う事も無い位である。フランツ・フェルカーのローエングリンの英雄的な高貴な声とエルザのマリア・ミュラーの心の篭った名唱に当時最高の名コンビを音で実感する喜びは、充分に文面で表現出来ない程に素晴らしい!合唱も見事でハイリッヒ王万歳!と歌う精神の高揚状態は、熱狂すらを超えて物凄い事に成っている。是は当時の祝祭的な雰囲気が其のまま反映されたかの様である。ハイリッヒ王は、ヨーゼフ・フォン・マノワルダだが、独特の威厳が在る。 見事と言えば、聖杯の歌を歌うフェルカーは、やっぱり見事だ!私は是からローエングリンを聴いたので、自身では王道と言ってしまっても良い位である。ローエングリンの告別も名唱だ!心の動きが聞き取れる程だ!ドラマティックな終幕の熱狂振りも凄まじく、聴き終った時には、他の物音も耳に入らない位の圧倒的な感動を覚える。

クリックすると元のサイズで表示します


収録は勿論、バイロイト祝祭歌劇場、1936年7月19日の実況録音である。同年は、ベルリン・オリンピックの年で、まるでオリンピックを包む様に音楽祭は開催された!改めてブラットナーフォンの性能を振り返ったが、それからの転写ではあるものの思った程聴き辛くは無く、充分実用に耐えていた事を知った!衰退の理由は、操作性の問題だった事が推察される。さて順序は逆に成ったが、第1幕の前奏曲である。是は1947年8月30日にルツェエルン音楽祭のオーケストラと使いレコード用の収録をした様だが、近年迄、発売された形跡か無いので、御蔵入りしていた音源の様に思われる。音質は、針音が在るものの音の粒立ちも良く、とても聴きやすい!SPレコードそのままの音質と言っても過言では無い!演奏も繊細の極意であり、神経が透けて見えるほどの美しい弦の音に魅了される。音色も神聖で素晴らしい!クライマックスも凄い迫力だが、最後迄、デリカシーの極意である。

人気ブログランキングへ


2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ