2015/2/5

ヨッフムの魔弾の射手  指揮者


クリックすると元のサイズで表示します
Grammophon Japan MG 9354/5 2LP 1970


ウエーバーの歌劇「魔弾の射手」である。この曲は、序曲ばかりが有名で全曲となると意外と聴く機会がない。だが昔から日本の音楽ファンにも親しまれた歌劇でもある。だから名盤と言われている盤も数多くあるのだが、自身の見識では、地味なオペラとの印象が強く食指が進まなかった。それで結局定盤として、オイゲン・ヨッフムの指揮したこのレコードを購入したのだが、それは発売当初からの評価が高く、まづはこれからみたいな印象があったからである。先に配役なりを紹介しておくが、領主オット・カールが、エバーハルト・ヴェヒター(Br)、森林官クーノが、アルプレヒト・ペーター(B)、アガーテが、イルムガルト・ゼーフリート(S)、エンヒェンが、リタ・シュトライヒ(S)、そして二人の狩人が、クルト・ベーメ(Bs)、リヒャルト・ホルム(T)、隠者は、ヴァルター・クレッペル、俗福な農夫キリアンがパウル・キューン(Bs)で、花嫁の付き添いの少女が、マルゴ・ラミネとギゼラ・オルートである。それに腹黒い狩人であるザミエルが、エルンスト・ギンスベルクが語りで参加している。楽団は、バイエルン放送交響楽団&合唱団(合唱指揮、クルト・プレステル)である。尚、収録は、1960年との事だ。そこで初めてこのレコードを聴いた時の印象としては、「嗚呼、これがスタンダードな演奏なんだ!」と納得する程の安定感がある。なので何処となく暖かみのある演奏に安心して針を降ろすと結局最後まで聴いてしまうのだが、序曲もヨッフムが師と崇めたフルトヴェングラーと同様のテンポ設定ながら彫りは浅く、妙な重々しさがないので聴きやすいからだろう。巨匠は終生、フルトヴェングラーの影が付き纏ったアコーギクが特徴だった。アレグロは常にアッチェレランドが掛かっているかのような推進力を感じるが、気持ちの上だけなので壮絶にはならずに何処か軽い。当初は「録音のせいかな?」とも思ったが何度聴いても同じ印象なので、この頃の巨匠の音楽の造りがそうなのだろう。思えばコンセルトヘボウとのベートーヴェンもそんな印象だった。「勝利だ。勝利だ。」で始まる合唱の何と溌剌とした事かと感心するが、此処に当時の巨匠の若さがある。パウル・キューンの農夫キリアンの一声が如何にもドイツのバスだが、明朗で好感が持てる。リヒャルト・ホルムとアルプレヒト・ペーターの掛け合いから始まり、クルト・ベーメが加わる三重唱も此処までと言って良い位に見事なアンサンブルを感じさせるが、そこに合唱が入るとこれこそドイツの森が浮かぶ風土的なものを感じる。ワルツも過度にならずに豪快だ。その後のホルムのアリアも破綻がなく素晴らしい。後半の巨匠の伴奏は絶妙だ。演奏も此処まで来ると結構乗って来ている。伴奏もベーメ演じるカスパールの感情と同調し膨れ上がる。第二幕は、リタ・シュトライヒのエンヒェンとイルムガルト・ゼーフリートのアガーテの掛け合いから二重唱となるのだが、「この高揚する気持ちは何だろう?」と思う程の幸福感は良いものだ。此処ではリタ・シュトライヒのリリックで可憐なソプラノがやはり光る。そして例の「アガーテのアリア」だが、ゼーフリートの安定感が半端ではない。さてホルムが加わる三重唱だが、この頃のドイツ系の歌手は見事にドイツ語を音楽に乗せる。この頃のバイロイトが素晴らしかったのも、そんな歌手が多数を占めていたからだが、近年は残念な事になった。民族性とは得てしてそう言うものなのだろう。場面転換の音楽は充分な緊迫感があるが、過度になり過ぎないので聴きやすい。だが終始部は、とても熱っぽくで圧巻だ。その辺が巨匠のバランス感覚か?さて第三幕のカヴァティーナなのだが、此処に来て、やや細身のゼーフリートの歌唱に物足りなさを感じる。ロマンツェはシュトライヒだが、此方の方が余裕がある。第四幕の「すみれ色の絹で」から始まる民謡は微笑ましい。狩人の合唱も明朗で快活である。この合唱を聴いて正にドイツ精神の結晶とするのは言い過ぎだろうか?それにしてもドイツ的な素朴さと、対立要因としての邪悪さのコントラストが素晴らしいレコードだ。聴いていて感じたのだが、バイエルン地方特有の、ある種の脳天さとか明るさが支配している演奏だ。それが巨匠の音楽性に融和して独特の世界を創り上げているので、見事な相乗効果を上げた。そこが魅力だと言っても過言ではないだろう。そのうち対極のフルトヴェングラー盤でも聴きたいものだ。

人気ブログランキングへ


2011.04.23 より補足

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ