2011/12/31

ギーゼキングのドビュッシー  器楽曲


クリックすると元のサイズで表示します
EMI 7243 5 67262 2 2 CD 2000


ワルター・ギーゼキングと言えば、SPレコードの時代から録音も多くブルーノ・ワルターと組んで録音した皇帝協奏曲は、現在でも知られたものだが、そのレコードを聴いても解る通りに浪漫的なブルーノ・ワルターと演奏スタイルの点でズレを生じており、当時新鋭の新即物主義の演奏家である事も明白なので、同曲で在れば、再録のカラヤンとのレコードの方が良かった位だが、独奏で聴こうとなるとモーツァルトとかドビュッシー等は、聴いていて本当に心地が良い!あまり心地が良いので、ながら族的にBGMとして掛けるのは、巨匠には申し訳ないのだが、絶好の演奏が多い!此処で取り上げるCDは、ドビュッシーの前奏曲第1集と2集なのだが、録音も1953〜1955年と古いので圭角の取れた丸い音質で巨匠本来の鋭敏なタッチが弱く聴こえるのは残念だが、BGM感覚で聴き始めても思わず「ハッ!」とする瞬間が、この演奏に在る。これは私の私見だが、ドビュッシーの演奏には、ある種の鋭敏さが無いと曲の持つ感覚的な美しさが活かされない様に思われる。ガラスの玉が飛び散った色彩感は、それでこそ活かされる。つまり透明感も必要で矛盾するようだが、氷のような冷たさの在る色彩が欲しくなる。それでもこのCDは、巨匠の粒立ちの良い音色が解るのだが、アナログ盤でも聴き返してみる必要が在りそうである。オリジナルは、確か10吋盤3枚で発売されていた筈である。

人気ブログランキングへ
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ