2014/9/10

アンナ・ラッセルのパロディー精神?  LPレコード


クリックすると元のサイズで表示します
Columbia USA ML 4733 LP 1956


アンナ・ラッセルと言う人が居た。然も2006年10月18日には他界しているので勿論故人だが、生前は、カナダのコメディアンとしても知られており、音楽にもかなり精通していた事から、マニアも唸る良い仕事をしていた。此処で紹介するレコードは正にそれだが、タイトルには「アンナ・ラッセル歌う。再び?」とされているものである。これは彼女の持ちネタで実際、ステージでも十八番なのだが、収録年も全盛期の1956年と言う事もあり、キレのある痛快な芸を披露している。尚このネタは晩年まで続けたもので、そのリサイタルの模様はビデオにも収録されているので実際に観て楽しむ事が出来る。聴いていて達者だなと感心するのは、ワーグナーの「ニーベルングの指環」を僅か22分で好き勝手にやったものが見事で、各場面すら浮かぶ程だ。そこでは彼女のニーベルングの指環に対する痛烈なダメ出しが面白く、英語の発声も明瞭な事から、とても理解がしやすい。こんな分析なら面白い。それと裏面には、「ギルバート・サリヴァンの歌劇を貴方自身の為に書いたのならば?」と、これも人を食ったネタで楽しませてくれる。肩の力を抜きたいと思った時には有効な一枚である。CDでも発売されているようなので。興味のある人は如何?

人気ブログランキングへ 

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ