2014/8/7

R・シュトラウス自作自演集 Part.2(DGG編)  クラシック


クリックすると元のサイズで表示します
Polydor Japan POCG-2915/7 3CD 1993


指揮者としても高名なR・シュトラウスの独.DGGのものを纏めたCDだ。なかなか良く出来た復刻なので聴いていても何の支障がないのは嬉しい。曲は「ドン・キホーテ」と「町人貴族」組曲である。早速「ドン・キホーテ」から聴いてみよう。収録年は、1933年、楽団は、ベルリン国立管弦楽団である。尚、この曲には独奏楽器の部分もあるので奏者の紹介もしておこう。チェロは、エンリーコ・マイナルディ、ヴィオラは、カール・ライツ、ヴァイオリンは、ゲオルグ・クニーシュテットである。構成は、オーケストラが「ドン・キホーテ」にとっては敵で、チェロがドン・キホーテ自身を表している。従者サンチョ・パンサは、ヴィオラである。なので演奏で注目すべきは、その描写である。お話の内容は、ドン・キホーテ自身の妄想劇だが、冒頭は、ラ・マンチャの村に住む男が騎士道の本を読んで妄想にふけり、自分が騎士ドン・キホーテであると思い込み、ドン・キホーテは従者サンチョ・パンサを引き連れて冒険に出ると言う御馴染みの話だ。その妄想が夢のように上機嫌になって行くさまは。やはり作曲家の自作自演と言うべきか淡々としなからでも昔話のように主題が語ってくるので、別にト書きを読みながら聴かなくても充分に理解が出来るのが良い。チェロとヴィオラの掛け合いは話をしているようだ。そして例の風車との戦いだが、これは元々巨人に向かって戦うとされているのだが、ドラゴンと戦うとも解釈されていて、どちらが本当かと思うのだが、表現はサラリとしている。大軍と戦うさまも品が良い。だが表情が過多とならない演奏も良いものだ。寧ろ処々に主人公の孤独が感じられるのだが如何なものだろう。その点では静かな演奏なのかも知れないが、確かにこの演奏では曲が持つ情緒の方が良く表現されている。それで主人公の妄想壁も他愛のない夢への想いなのだと聴いていると納得する。正に「男の浪漫」と言うべきか?評論としては、とてもズレたもので申し訳ないが、それだけに終曲の主人公の終焉が、「シラノ・ド・ベルジュラック」の死の場面と重なり、心に残るものがあった。次は。モリエールで御馴染みの「町人貴族」組曲である。此方は、1930年の収録で、この時代をベルリン・シュターツカペレの全盛期とする論調もあるが、私も賛成だ。楽団はこの前振り通り、ベルリン・シュターツカペレである。因みにR・ショトラウスが書いた、この曲はホーフマンスタールが改作した芝居の為の劇音楽である。尚、モリエールの戯曲は、リュリが作曲した曲で上演をされているのだが、此処では第二幕の前奏曲に転用されている。編曲は、勿論。R・ショトラウスだ。第一幕の序曲もR・シュトラウスならではの流儀なのか、とても品が良い。だから自身のメヌエットもこの作曲家らしい美学が感じられる。聴いていると「ばらの騎士」と類似した主題も聴かれるが、曲自体の規模は小さいので微笑ましい。だから「フェンシングの教師」とされる曲も実に毅然としながら優雅だ。つまり全曲が、こんな感じで演奏をされているのだが、聴いているとその芝居との上演も観たくなる。余談だが、1955年の「俳優座」の公演で「ジョルダン」を演じたアクの強い東野英治郎さんの舞台写真を見てもそう思う。現在の「俳優座」も中谷一郎さんがお亡くなりになってからは、どうも影が薄い。残念だ。

人気ブログランキングへ 

0

2014/7/2

月に憑かれたピエロ  クラシック


クリックすると元のサイズで表示します
CBS-SONY 20AC 1887 LP 1984


これは、シェーンベルクの自作自演盤だが、感受性の強い歌曲なので、此処ぞと言う演奏には中々巡り合う事がなく、結局このレコードを紹介するが、収録年は古く、1940年9月24日に米国コロムビアで録音されたものである。正式楽曲名は『アルベール・ジローの「月に憑かれたピエロ」から三度の7つの詩』(ドイツ語: Dreimal sieben Gedichte aus Albert Girauds <> )なのだが、構成は、アルベール・ジロー(英語版)のフランス語詩をオットー・エーリヒ・ハルトレーベン(英語版)がドイツ語訳したものから21点を選び出し、7点づつ3部に分け曲付けしたものである。ソプラノの独唱者は、詩の雰囲気を補うために、シュプレッヒゲザング(ドイツ語版)様式(語るように歌う=抑揚のようなメロディーが伴う、歌うような話し方)によって詩を歌うので表現も難しい。歌手は、エリカ・シュティドリー=ワーグナーである。最初にこの演奏を聴いた時は、歌手があまりにも表情過多で煩わしい感じもしたが、その表現の艶かしさにアルベール・ジローの詩の裏側にある現実社会への揶揄を感じとれたようにも思える。アーノルド・シェーンベルクが指揮する室内楽伴奏も要所を締めている。メンバーは、ヴァイオリンとビオラは、ルドルフ・コリッシュ、チェロは、シュテファン・アウバー、ピアノは、エドゥアルト・シュトイアーマンで、フルートとピッコロが、レナード・ボッセラで、クラリネットとバス・クラリネットとカルマン・ブロッホが担当している。聴けば聴く程に色々な発見が出来るレコードだ。針音もあるが、マイクも近いせいか、とても鮮明で、聴き始めると音質の事はあまり気にならなくなる。当たり前だが、自作自演のレコードは、楽曲の特色が鮮明に浮かび上がる。

人気ブログランキングへ 

0

2013/11/10

R・シュトラウス自作自演集(ウィーン・フィル編) Part.2  クラシック


クリックすると元のサイズで表示します
Tokuma Japan-Deutsche Schllplatten ET-2000/13 5LP


独.シャルプラッテン社原盤のレコードである。以前はバラ売りもされていたが、セットでまとめたものが後から発売されたので、この機会と思い購入した。此処では「ツァラトゥストラはかく語りき」を取り上げよう。これは巨匠が生誕80周年を祝った1944年に録音されたものをレコード化したものである。作曲家、R・シュトラウスは生前指揮者としても高名だった。然も巨匠は当時の表現主義であるノイエ・ザッハリヒカイト、即ち新即物主義の影響を受けている。これは偶然だが自作指揮の録音が残っている作曲家に浪漫主義的な演奏をする人も意外と居ない。そんな作曲家の言い分としては「全てはスコアに書いてある。」と言うのが常套句でもあるのだ。これもそんな演奏だ。だから楽曲の構成事に感想を述べるのが解り易いだろう。楽団は勿論ウィーンフィルである。Einleitung(導入部)はパイプオルガンのC音から始まる保持音の上に、トランペットによって “自然の動機” が奏される非常に有名なものだが、キューブリック監督の映画「2001年宇宙の旅」でも知られており、それだけでイメージが膨らむ人も居るだろう。とても淡々としており、これに慣れると他の演奏が煩く感じられる程だ。従って色彩感は地味である。Von den Hinterweltlern(世界の背後を説く者について)は前途の映画のイメージが在るので「自然」を象徴する導入部は、とても原始的な印象がするが、低弦のピッツィカートに上行分散和音を基本とした “憧憬の動機”もとても意味深い。だが見事なのは、20以上の声部に分かれた弦楽を中心に陶酔的なコラールが奏される部分だろう。私は此処にキリスト教徒の深い信仰心を感じるのだが如何なものだろう。Von der großen sehnsucht(大いなる憧れについて)の低弦の激しい動機は重厚だが拮抗しながら高まって行く様が素晴らしい。Von den Freuden und Leidenschaften(喜びと情熱について)の2つの動機の激しいうねりも凄いが、Das Grablied(墓場の歌)は、やはり楽団がウィーンフィルと言う事もあり、弦楽パートの各首席奏者の独奏は憂いを含んだ音色で素敵としか言いようがない。Von der Wissenschaft(学問について)は、曲想の為も在るが神妙で哲学的な演奏だ。Der Genesende(病より癒え行く者)は冒頭のフーガが嵐のように吹き荒れる。それがとてもエネルギッシュだ。“自然の動機” の総奏は圧倒的である。ゲネラルパウゼの後は、この作曲家ならではの色彩感が味わえる。Das Tanzlied(舞踏の歌)もウィーンフィルの演奏なればこそ優美で、戦時中は多くの優秀なユダヤ人奏者が居ない為にアンサンブルの質が落ちたと言われているのが嘘のようだ。つまり定説なんぞは全く宛にならないのである。クライマックスも壮麗で聴いていると胸が高鳴る。こんな豊麗なオーケストラの音もそう聴けるものではない。Nachtwandlerlied(夜の流離い人の歌)の鐘の音は真夜中を告げるものだが、その後の動機が優しく語りかけるのを聴いていると音楽で人生哲学を表現出来る技量に感心する。自作実演は面白くないと言う音楽ファンも居るだろうが、R・シュトラウスが残した録音はストラヴィンスキーの自作指揮のレコードと共に重要なものだと思う。正に指揮者としても一流だった。

人気ブログランキングへ 

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ