2014/8/13

米ソ冷戦時代の複協奏曲  協奏曲


クリックすると元のサイズで表示します
Sinsekai Victor-Japan SMK-7640 LP


ダヴィッド・オイストラフとムスチラフ・ロストロポーヴッチがタッグを組んだレコードだが、これは巷では名盤だ。だがこの録音が行われた時代は、米ソ冷戦の真っ只中だったので大いに話題になった。それは指揮をしているのが、ジョージ・セルで楽団がクリープランド管弦楽団だからだが、1969年にあっては快挙だったのは政治的な意味合いも含めて当然だと思う。だから解説もそのような観点から触れているのだが、その辺の緊張感も演奏にもある筈だ。それで改めて聴いてみるが、録音に至った経緯もそんな背景なので、正直あまり聴かないレコードだ。しかしながらブラームスがヨアヒムとの仲違い解消の為に書かれた「和解の協奏曲」を選ぶとは心憎い。現在のロシアと米国の関係が、まるで過去に逆戻りでもしているので余計にそう思う。それはともかく聴いてみよう。なので冒頭も如何にも意思的かとも思いきやセルの指揮は意外とリラックスしている。それもあるのかロストロポーヴッチも余裕を持った表現でそれ程重い訳でもない。オイストラフも歌がある。だが曲の特性から暗くなるのは仕方ない。演奏は良く流れてとても見通しが良い。そんな感じなので独奏者同士のバランスも良い。これは「火花散る」とか「互いの鎬を削る」何て言葉とは全く縁のない演奏だ。なので聴き手ものんびり聴いていられる。しかしじわじわと聴いている内に感動さえするのは三者の曲の捉え方が的確で構成面の確かさが如何に優れたものかを知るからなのだが、それこそ流石大家の演奏なのだろう。重厚な歌には圧倒される。そんな第一楽章だった。それに沸々と湧き上がる情熱も勿論ある。アンダンテは、元々牧歌的なので音楽を楽しんで演奏しているのが伝わる程だが、オイストラフも歌に満ちており、それに掛け合うようにロストロポーヴッチもチェロで語り掛ける。それが素晴らしい。余計な講釈を並べる必要もない演奏だ。終楽章も基本は同じだ。此処ではセルが独奏者を煽るのが面白い。当時の冷戦が嘘のような平和な演奏だ。このレコードは、この曲の定番にしても良い位に余計なものがない。録音状態はガサツだが、好きな演奏だ。とても能天気な感想だが、気楽に聴くには、こんな演奏も良い。

人気ブログランキングへ 

0

2013/9/19

エドウィン・フイッシャーの皇帝  協奏曲


クリックすると元のサイズで表示します
Toshiba-EMI TOCE-12108 CD


ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番である。所謂「皇帝」だが、残念ながら私はこの曲に対して良い聴き手ではない。今までレコードの紹介すら稀なのも、それが理由である。私の皇帝協奏曲に対する印象としては、変に大仰で尊大な上に派手な曲なので、幾らピアノがエレガントに弾かれようとも違和感が先立つのである。だから聴いていても「どうも我慢ならん!」と言う事となる。然も演奏によっては悪趣味にも感じられる。その手の曲には、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番が在るが、その曲も同様の理由で苦手である。いや寧ろ嫌いだと言っても良い。だから演奏者の感覚が余程洗練されていないと「ギラギラテカテカのゴージャスてんこ盛り」みたいな演奏になってしまう。私はそれにうんざりしている。一般的な見識としては外観だけで見せるものは中身が空っぽで内容が無い印象だが、精神性が薄いとも解釈する人も居るだろう。さてこれから紹介するCDは、エドウィン・フイッシャーのピアノにフルトヴェングラーが指揮をしてフィルハーモニア管弦楽団で伴奏したものである。収録は、1951年である。私はアナログ盤では購入せずにCDなのだが、音の状態はリマスタリングも上々で鑑賞には何の支障もない。しかしながらこの時代の巨匠の録音は何かと原盤に問題が在るようだ。マスターはテープ収録である。しかし初盤は78回転盤のようだ。つまり変換期の録音である。此処でフォーマットについて説明した処で演奏には何等関係はないので終りにするが、第1楽章冒頭の鮮やかさとエレガントな表情は、意外と品が良く、フイッシャーのピアノも小気味良い。巨匠の指揮も然程重厚でもないので聴きやすいが、テンポも速めなのでピアニストに合わせたのかな?なんて感じがする。そして表情も繊細だが、高貴な趣きが如何にも「皇帝」らしい。色彩感も品が良い。必要以上に重たくならないのも楽団の特質なのかも知れない。何だか聴きながらそう思った。第2楽章は巨匠の暖かく包みこまれるようなサポートに深い精神性を喩えた演奏と言ったところだが、フィッシャーは天上に向かって音楽を奏でている。そんな高潔で純真な態度が印象的だ。終楽章もその延長だが、とても無理のない表現で聴きやすい。フィッシャーのペースもそのままだ。この曲が好きな人ならまだ筆も進むのだろうが、私は此処までである。アナログ盤で聴き直せば印象も変わるかな?

人気ブログランキングへ 

0

2011/11/28

オリジナル盤に問題のあるクライスラー  協奏曲


クリックすると元のサイズで表示します
Toshiba-EMI TOCE-7821 CD 1992


クライスラーが、電気録音初期に録音したベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲である。これは、1926年に収録されたものだが、伴奏指揮は、レオ・ブレッヒ、楽団は、ベルリン国立歌劇場管弦楽団である。これは、古くからレコードを聴いている方には、よくお解りかと思うが、オリジナル盤のピッチが、バラバラで、商品製造の際の技術陣の体制にも大いに疑問を持たれるものである。このCDの復刻には、市販のレコードが使用されている様で針音も在るが、音質は、とても素直で聴きやすい!オリジナルは、英HMVである。国内盤は、確か日本ビクターで発売されていた筈だ!SPレコードと言うと78回転との認識が一般的だが、工業精度が不安定な時代は、とても不安定だった。オリジナル盤や国内初期盤を御持ちの方は、充分体験されていると思うが、聴いていると「???」と言う状態になる。其れは、参考に其のSPレコードの回転数を記するとレコード自体は、6枚組11面に収録されている。第1楽章は、6面を有するが、1面から4面までが、76回転、5面が、77回転なのに6面が、75回転である。第2楽章は、7面からだが、7面から8面が、76回転、そして終楽章が、9面から始まるが、其の9面が、76回転なのに10面が、77回転で最終面が、76回転に成ってしまう!そんな状態のレコードなので、オリジナル盤を御持ちの方は、余程、神経質な人なら兎も角、一般的には、諦めて聴いているのが現状だろう!だからこのCDは、そんな体験をされている方には朗報である。ピッチは万全に修正されている。此処から演奏について述べるが、カデンツァは、クライスラー自身のものである。誇張無く素っ気無いほど自然に始まる序奏は、リズムが適正で、すんなり耳に入ってくる。其れからヴァイオリンが入ってくるが、甘い音色を聴いているだけで先行きを期待されるが、何の停滞感も無いサラサラとした歌いまわしには独特の味も在り、これこそクライスラーだと思う!ブレッヒの伴奏も決して力んでいないのに聴いていて不足感を感じない!沸々と湧き上がるような情熱も充分感じられる。双方の掛け合いの間も良くて思わず聴き入ってしまった。カデンツァも見事だ!第2楽章も双方の意思の疎通も万全なのか素朴な伴奏と共に情感豊かなヴァイオリンの音が素敵である。この箇所をある批評家が、「天使が、舞い降りるようだ!」と評していたが、聴き直してみたら本当に其の通りで「じーん」と来てしまった。終楽章も優しく穏やかな演奏で音に愛が篭っている。現在の録音と比べてダイナミクスの点で不足を感じる箇所も無い訳でも無いのだが、演奏スタイルが、其れを望んで無いようだ!私は、是でも充分である。カップリングは、ブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番である。此方の収録は、少々古く、1924年から翌年とされている。年代的に喇叭吹込みだが、然程、古さが気に成らない!何故なら演奏が迫真的で息つく暇も無い程だからである。此方の伴奏は、ユージン・グーセンス指揮のロイヤル・アルバートホール管弦楽団である。第1楽章は、正しく入魂の演奏で、此方の方が迫力が在る位だ!だから伴奏者共々集中力の強い演奏で周りの全てのものを巻き込むかの様である。聴いているとこの頃が、クライスラーにとっては全盛期だったのかなとも思ってしまうが、事実正解かも知れない!其れと言うのも、こんなに熱中したクライスラーを聴ける録音も無いからだが、兎に角、演奏に熱いスピリットを感じる事が出来る。第2楽章も決して弱々しさを感じない堂々たるものである。力強く面々と弾き切っている。そして其れだけでは無く、勿論歌に満ちている。終楽章も快演で聴いていても気持ちが良い位に情熱を爆発させている。聴き終わって、もう少し録音技術の発展が早ければと残念な思いがした。

人気ブログランキングへ
 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ