2016/3/14

バックハウスのベートーヴェン Part.3  器楽曲


クリックすると元のサイズで表示します
King-Londn(Decca) MZ 5003 LP 1969



鍵盤の獅子王ことウィルヘルム・バックハウスが弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタである。尚、巨匠のレコードを御持ちの方は、御存知かも知れないが、英.Deccaには、ベートーヴェンのピアノ・ソナタの全集が、モノーラルとステレオ録音双方に在る。此処では、旧全集であるモノーラル盤を紹介する。どちらが良いかは、個人の好みかも知れないが、私は、旧全集の方を好む。何故かと言えば、後年のものと比べて巨匠が嘗て技巧派として腕を鳴らした面影を知るには、とても最適なレコードだからだ。しかし巨匠はこの頃から上手いのに下手そうに弾く。なのでこれから紹介するものも、そんな傾向の演奏だ。さて最初は第7番だ。第1楽章は、Prestoでソナタ形式だが、とても快適だ。それで此処で聴けるバックハウスは、嘗ては技巧派で評価があったピアニストだったのを彷彿とさせる演奏をしている。然も堂々としており、骨格が骨太なので、これこそベートーヴェンだと感心する。そして自由自在だ。それに駆け抜ける推進力さえ感じる。第2楽章、即ち Largo e mestoで三部形式だが、ベートーヴェン自身が「心の憂鬱を表し、そのあらゆる陰影や相を描く」と言ったとされる主題は悲しいが、巨匠は必要以上の悲劇性は表現せずに淡々と弾いている。ゆっくりと内面を見つめる表情が印象的だ。第3楽章は、Menuetto,Allegroだが、その主部は四声体的に書かれている。そんな構成の楽章なので、とても立体感がある。その主題の描き方だが、聴けばその通りみたいな演奏をしており、余計な解説をせずとも音楽の方から語り掛けてくる。終楽章はRondo,Allegroである。此処でも淡々と弾き込んでいるのは変わりない。だが主題の描き分けも適切なので、聴いているだけでも楽曲が理解出来る。此処でも作品そのものの姿を素直に表している。そして淡々と曲は閉められる。次は第9番である。第1楽章は、Allegroである。演奏はとても明確で、あるがままなのが良い。途中鮮やかで目が覚める。そしてテンポの速い個所は結構早い。そんな処に良い意味で巨匠の若い気持ちが出ている。第2楽章は、Allegrettoである。これも巨匠ならではの作為のない演奏だが、何もやっていないような演奏にも関わらず説得力がある。そこが巨匠の音楽性なのかと改めて思う。第3楽章は、Rondo, Allegro comodoである。目まぐるしく交差する主題が面白く表現されている。音色は地味だが聴くべき点は多い。コーダのトッカータ部分も見事だ。そして次は「悲愴」で知られる8番だ。この表題は珍しく作曲家自身が付けている。第1楽章は、Grave - Allegro di molto e con brioで、ソナタ形式だが「悲愴」と言う表題に捉われない演奏は寧ろ評価すべきだろう。だから深鬱な序奏部分も殊更強調をする事なく進む。それから駆け上がるのだが、その辺の鮮やかさに巨匠のヴィルトゥオーゾ的な一面を聴く事が出来る。それが聴けるのは、このモノラル盤の全集だけなのだ。後年のステレオ録音による再録には、それが消えている。しかしながらそれは奏者には仕方がない事だろう。ゼルキンやホロヴィッツの晩年もそうだった。ルーヴィンシュタインもそうだ。此処で変に細工をしない巨匠の音楽性が遺憾なく発揮されているのは第2楽章だろう。これは、Adagio cantabileで小ロンド形式だが、楽曲の味わいが滲み出ている。深さに於いてはこの楽章は再録の方が勝るとは言え、この演奏も捨てがたい。第3楽章は、Rondo; Allegroである。この演奏も何の作為もないので素直に耳に届く。小生はこれでも充分だ。最後は10番である。第1楽章は、Allegroでソナタ形式、対話をするような第1主題に特色があるがほのぼのとする。此処に温かみを感じるのだが、巨匠の演奏は、数々の艱難辛苦を共にした夫婦が昔話をする趣がある。そんな演奏である。第2楽章は、Andante主題と3つの変奏を伴うが、とても素朴な表現ながら聴き手に語り掛ける。そこが良い。第3楽章は、Scherzo,Allegro assaiでロンド形式なのだが、地味な鮮やかさが素敵だ。表現は変だが本当にそうなのだからどうしようもない。聴き終わった後からじわじわと感動した演奏だった。

人気ブログランキングへ 

0

2015/7/8

アルゲリッチのショパン  器楽曲


クリックすると元のサイズで表示します
Polydor Japan MG 2491 LP

マルタ・アルゲリッチと言えば、現在では大分県別府市とは特につながりが深く、1994年に別府ビーコンプラザ・フィルハーモニアホール名誉音楽監督に就任したり、1996年より別府アルゲリッチ音楽祭(1998年第1回開催)の総監督を務め、2007年には別府アルゲリッチ音楽祭の主催団体であるアルゲリッチ芸術振興財団(Argerich Arts Foundation)の総裁に就任している程の親日家のピアニストだが、妙にサバサバした性格の為か色々とあるが好感のあるピアニストだ。そんな事もあって日本では見る機会もその演奏を聴く機会の多い人だが、1998年以降は別府アルゲリッチ音楽祭の為、毎年来日しているのだから当たり前だろう?彼女はアルゼンチン、ブエノスアイレス出身だが、若き日は、独特のエキゾチックな魅力があり、このジャケットを見ても惹かれるものがある。さて彼女の来日は1969年だが、残念ながら当時に夫婦関係にあった指揮者であるシャルル・デュトアとその時に演奏会があったのだが、夫婦喧嘩の上に帰国してしまい、それを悪いと思ったのか、翌年の1970年にようやく日本の聴衆に実力を披露する事になった。なのでいい御歳になっても御転婆の印象が強いが1941年生まれなので、やはりもうそれなりなのである。敢えて歳は書かない。さて此処で紹介するレコードはショパンの「ピアノ・ソナタ第2番 変ロ長調op.35 」、即ちあの「葬送行進曲」が第3楽章にあるものだが、此処は1965年のショパン国際ピアノコンクールで優勝し、最優秀マズルカ演奏者に贈られるポーランド放送局賞(マズルカ賞)も受賞した彼女ならではの面目を潰さない演奏が聴ける。第1楽章の叙情的な躍動感と言おうか沸々と登り詰める主題には「はっ」とするものがあるが、とても技巧的なのに情熱が迸る真摯に作品に向き合う姿勢には感動するものがあり、誠に息を吐かせない緊迫感が素敵だ。よく金縛りに会うなんて表現があるが、それがこの楽章の演奏にあるなんて感想は言い過ぎか?スケルツォも、その流れだが目の前で炸裂する花火のような音は目に見える程だ。だが弱音部も見通しが良いので譜面の裏にあるものも表現されているかのようだ。さて例の葬送行進曲は敢えて淡々と弾いているのか、ひしひしとその主題が迫って来る。強い表現ではないが、それで充分だ。それにしても彼女はまるで息をするようにショパンを弾く。プレストは羅列する音型の中から彼女の技巧を聞くべき演奏だが、これ程に正確に主題を弾き分けながらも人間的で瑞々しいのは、やはりこの人ならではだろうか?次はB面の「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズop.22」だが、まるで夢の中で、この曲を聴いている心地のする演奏で音が風に吹かれて音楽が漂う感じがなんとも良い。それは揺らぎながら時に迫り、通り過ぎて行く。午後のまどろみの中で聴くには最高の演奏だ。あまりにも気持ちが良過ぎて寝てしまいそうだ。だがポロネーズの部分は目の前で美少女がバレエでも踊っているような趣きもあり、なんだか余計な感想も述べるべきでもないかも?と思わせる。だがセンチメンタルな面も心の揺らぎを感じるような処もあり、一筋縄ではない。もちろん作品の持つ美観も充分表現されている。続く「スケルツォ第2番変ロ長調op.31」は、冒頭から衝動的だが、交差する感情は寧ろ抑制されており、そのバランス感覚を聴くべき演奏。これも技巧を技巧として聴かせずにサラリと弾いているのが見事だ。尚この録音は、1974年にドイツはミュンヘンのスタジオで行なわれたとの事だ。

人気ブログランキングへ 

0

2014/1/31

ディアベリのワルツによる33の変奏曲  器楽曲


クリックすると元のサイズで表示します
King-Londn Decca MX 9004 1978 LP


ベートーヴェンが書いたピアノ曲に「ディアベリのワルツによる33の変奏曲」と言う曲が在るのは知られている。そんな書き出しも今更だが、この曲は難曲としても有名であり、あまり積極的に取り上げるピアニストも居ないが、元はと言えば、作曲家で、出版業者をしていたアントニオ・ディアベリの企画物である。もちろん主題はディアベリが書いた。つまりその企画はディアベリが経営している出版社での販売を目論んだものだった。だが参加した作曲家も多彩で、カール・チェルニーやフランツ・シューベルトや、当時11歳だったフランツ・リストも居たと言うのだから驚きだ。因みにディアベリは、その主題で50人程の作曲家に競作させている。当時の「ディアベリ商会」の繁盛振りが伺える。さて主題は大した事もないものだが、単純なものなので、どう料理するかが課題となるだろう。そして難解な曲に有り勝ちなのは、演奏によっては物凄く難しく聞こえたり簡単に聞こえたりする事である。私見だが以前にショパンのピアノ協奏曲第1番を聴いて、とても難しい曲に聞こえた事が在った。特にあの曲は冒頭を大袈裟にやられると聴いている方も大変になる。だがそんな曲でも流麗に弾く人で最初に聴くと印象も違うものだ。大体それで曲に対する固定概念なんてものが決まる。だから「ディアベリ変奏曲」とて、そんな感じなのだ。此処では、ウィルヘルム・バックハウスのレコードを紹介しよう。収録年は、1955年らしい。「途方もない難曲」とされてる曲だが、確かにディアベリが書いた主題から33変奏まで発展させているのだから解らないでもない。それも装飾変奏ではなく、ベートーヴェン御得意の性格変奏なので演奏家の表現力に掛かる割合が大きい。それで構成も考えなければならないので、やはり難曲なのだと言うのが聴き始めると解る。だからピアニストは、如何に表現するかが問題となり、技量も兎も角、曲に対するアナリーゼが、どの辺まで在るのかが露骨に出てしまう。これは厄介な曲だ。それも大作だ。さてバックハウスだが、若き日には技巧派で知られたピアニストだったとの事だが、残念な事に録音で確認出来る時代のものは古く、充分に技巧が聞き取れない。しかし全く肩にも力が入らない演奏を聴いていると難しい曲でも簡単に弾いているのは解る。だからかも知れないが、後年は上手いのに下手そうに弾くようにしか聞こえないのだ。此処では敢えて「聞く」と「聴く」を分けて使っているが、その辺は察して頂きたい。だからこの変奏曲も一見すると何でもない演奏に聴こえる。それも淡々とだ。そんな演奏姿勢は、第1変奏から微笑ましく、もう少し変奏事に表情も付けても良いのにと思うが、気がついたら第21変奏まで聴いてしまい、レコードの裏面を聴く事になる。そこがバックハウスの凄い処なのかも知れない。第22変奏は、モーツァルトの歌劇「ドン・ジョヴァンニ」から「夜も昼も苦労して」を借用してるが、これはベートーヴェンならではの嫌味だろう。つまり「此処まで苦労して、この主題を料理しているのだ。」と?私はこの引用箇所を聞いていると「ベートーヴェンもやるじゃん!」と感心してしまうのだが、音楽なんて楽しんで聴かないと何にも面白味がない。だが此処も淡々と弾いてしまう。ブレないのは流石だ。だからと言って、決して楽想の描き分けが疎かになっている訳でもない。このレコードに対しての世評は知らないが、確実に曲の在るべき姿は表していると思う。

人気ブログランキングへ 

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ